ニンダルヴ

概要

カテゴリー地名
スペルNindalf
その他の呼び名白鳥沢、滝沢(Wetwang)

解説

ラウロスの大瀑布のあと、アンドゥインが流れ落ちてできている広い沼沢地。ここで西から流れてきたエント川が合流する。

Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、ニンダルヴ(Nindalf)とはシンダール語でwetの意味のnînと、flat fieldの意味のtalfの合成語。Wetwangはニンダルヴの共通語訳の表記であり、wetとflat fieldの要素からなる語として訳すよう指示している。

Wetwangは『指輪物語』の旧版では「滝沢」、新版では「白鳥沢」と訳された。新版の『追補編』の固有名詞便覧ではNinは「混った」、alfは「白鳥」の意と誤って解説されている。*1

コメント

コメントはありません。 Comments/ニンダルヴ

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: