ニムロデル

概要

カテゴリー地名
スペルNimrodel

解説

「ニムロデルだ!」と、レゴラスがいいました。「この流れのことを、シルヴァン・エルフたちが昔たくさんの歌に作りましたよ。われら北の国の者たちは今でもそれを歌って、滝にかかる虹のこと、泡立つ水に漂う金色の花々のことを思い浮かべるのです。今はすべてが暗く、ニムロデルの橋もこわれてしまった。わたしはこの流れに足をひたそう。この水は疲れを(いや)すといわれてるのだから。」*1

霧ふり山脈から流れ出て、ケレブラント(銀筋川)に合流するロスローリエンの傍の川。この名は、かつてこの川の滝の近くに住んでいたエルフの乙女ニムロデルに由来する。橋は壊れているが、ニムロデルはロスローリエンの西の境の一部になっており、川を渡って侵入する者を防ぐための射手用のフレトが作られている。
流れる水の調べが美しく、それに混じって本当に歌声が聞こえると錯覚されるほどだった。これはニムロデルの声と呼ばれ、春になると川の滝のそばに彼女の声のこだまが戻り、風が南から吹く時はアムロスの声が大海から渡ってくると言われている。

指輪の仲間モリアを抜け出た後ロスローリエンに向かうため、ニムロデルの浅い場所を歩いて渡り、休息を取ったのちハルディアガラズリムと遭遇。その日の夜を川近くのフレトで過ごした。

「やさしいニムロデルよ、さようなら!」と、レゴラスが叫びました。振り返ったフロドは灰色の樹身の間に、白く泡立つ水がきらきらと光っているのを見つけました。「さようなら。」と、かれもいいました。数限りない音の調べを絶えず混ぜ合わせながら無限に変化する音楽を響かせて流れるこれほど美しい水の音をふたたび耳にする機会は二度とないようにかれには思われました。*2

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるニムロデルと、壊れた橋

コメント

コメントはありません。 Comments/ニムロデル(地名)

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot_2019-07-19_210316_0.jpg 477件 [詳細]
Last-modified: