ニムロデル

概要

カテゴリー人名
スペルNimrodel
種族エルフシルヴァン・エルフ
性別
生没年~†第三紀1981年?
配偶者なし
なし

解説

名はシンダール語で「白い洞窟の貴婦人(lady of the white cave)」、「白い岩屋の貴婦人(Lady of the White Grotto)」*1の意。
ロスローリエンシルヴァン・エルフの女性で、アムロスの恋人。

モリアバルログが現れてドワーフが追い散らされた後、ロスローリエンも危険になったと思われたため、ニムロデルは恋人のアムロスと共にアマンへ去る約束をした。だが、ニムロデル一行はエゼルロンドの港へ向かう途中、白の山脈で道に迷い、散り散りになってしまった。ニムロデル自身は行方不明になり、アムロスたちの待つ船に現われることはなかった(ニムロデルの連れの一人ミスレルラスイムラゾールに助けられたという)。
その後ニムロデルの住んでいた土地の川は、彼女の名にちなんでニムロデルと名付けられた。またゴンドールではニムロデルの歌物語が歌い継がれた。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

リンヒアに逃げ遅れた避難民の少女Ronielを捜索するクエストで、消息を絶った後のニムロデルの行方について僅かながら触れられている。

Ronielを保護していたギルラインの川の乙女Roamingstarによれば、ニムロデルはレベンニンまでさ迷い出で川の畔に辿り着いた後、Roamingstarの歌によって眠りに落ちたという。やがてニムロデルは目覚めたものの、その頃には既にアムロスは命を絶っていたという。

そこまで語った所でRonielが目を覚ましたため、Roamingstarは姿を隠し、その後ニムロデルがどうなったか触れられなかった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 名前は「白いエルフ」の意味かな?後半のスペルが違うか。 -- 2010-03-23 (火) 02:22:29
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: