ニムロス

概要

カテゴリー植物
スペルNimloth
その他の呼び名白の木(White Tree)、美しきニムロス(Nimloth the Fair)

解説

シンダール語で「白い花(White Blossom)」の意。テルペリオンの別名の一つであるクウェンヤのニンクウェローテ(Ninquelótë)をシンダール語化したもの。
ヌーメノールの白の木で、トル・エレッセアエルフヌーメノール人に与えたケレボルンの実生が育ったもの。アルメネロスの王宮の庭に植えられており、夕方になると花を開き、夜に芳香を放った。

この木はタル=パランティアによって、ヌーメノール王家の運命と結びつけられていると予言された。
だが後にヌーメノールで権勢を得たサウロンアル=ファラゾーンにニムロスを伐り倒すよう執拗に促し、最初は躊躇したアル=ファラゾーンも結局は要求に屈した。伐られたニムロスはサウロンの大寺院の祭壇に最初に火を点じる薪にされ、燃えるニムロスから立ち昇る煙は雲となってヌーメノールの空に七日間留まった後、ゆっくりと西へ去った。

この凶事が起こる前にイシルドゥアは危険を冒してニムロスの実を救い出しており、この実から芽吹いた実生はヌーメノールの没落を逃れて中つ国に運ばれ、ゴンドール白の木となった。

コメント

コメントはありません。 Comments/ニムロス(植物)

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: