ナン=タスレン

概要

カテゴリー地名
スペルNan-tathren
その他の呼び名柳の国(Land of Willows)、タサリナン(Tasarinan)、ナン=タサリオン(Nan-tasarion)

解説

シンダール語で「柳の谷(Willow-vale)」の意だが、『シルマリルの物語』『終わらざりし物語』では柳の国と訳される。『指輪物語』中の木の鬚の歌では、クウェンヤタサリナン或いはナン=タサリオンと呼ばれる。
ベレリアンドの南西部、ナログ川がシリオン川に注ぎ込む地。シリオンの河口の北に位置する。名の通りの木が生え、様々な花で溢れる草原があった。だが住み着く者はほとんどいなかった。

ここでナログはシリオンと合流し、流れはゆるやかになり、生い茂る草地の間を広々と静かに流れていきます。きらめく川の岸辺には花菖蒲が花咲く森のように茂り、草地は一面花で覆われ、あるいは宝石、あるいは鈴、あるいは赤や金にゆらめく炎、あるいは緑の天空にちりばめられた色とりどりの星々のようです。しかし中でも一番見事なのはナン=タスレンの柳です。風にそよいで薄緑や銀色に揺れ、無数の葉がさやぐさまは不思議な音楽のようです。*1

ニアナイス・アルノイディアド以降はオークがこの地まで侵入してくるようになった。
ヴォロンウェゴンドリンからバラールキーアダンのもとへと遣わされる旅の途中でこの地の美しさに魅せられ、しばらくの間留まった。ゴンドリンの陥落から逃れたトゥオル率いるゴンドリンドリムの残党も、この地まで落ち延びてしばし休息を取ってから南にあるシリオンの河口へ向かった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • キーアダンがヴァラールになってますー -- nn 2020-05-17 (日) 01:02:03
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: