ナルドル

概要

カテゴリー地名
スペルNardol

解説

シンダール語で「火の頂上(Fire-hilltop)」の意。エレド・ニムライスの北麓沿いに設けられたゴンドールの烽火山の一つ。エレラスの東で、アイレナッハの西にあたる。

終わらざりし物語』によると、元々はドルーアダンの森の一部だったが、かつて石車谷にやって来た石工や石切工たちが森の木を切り倒した為、むき出しとなった。また当時ナルドルには石切工たちの警護も兼ねて人員が配置された。
燃料の備蓄が豊富で、必要とあれば大きな烽火を焚くことができた。この烽火は西に120マイルほど離れたハリフィリアン(西端の烽火山)からも視界の良い夜なら確認できた。

コメント

コメントはありません。 Comments/ナルドル

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: