ドワーフ

概要

カテゴリー種族
スペルDwarf(単) / Dwarves(複)*1
その他の呼び名カザード(Khazâd)
ナウグリム(Naugrim)
ノゴスリム(Nogothrim)
ゴンヒアリム(Gonnhirrim)
アウレの子ら(Children of Aulë)

解説

ヴァラアウレが独断で創造した七人の父祖を起源とする種族。イルーヴァタールに召し上げられて改めて中つ国の住人として認められ、世に送り出されたため、「イルーヴァタールの養い子」とも呼ばれる。
ドワーフは自らのことを、クズドゥル(ドワーフ語)カザードと呼ぶ。シンダール語では「発育を阻まれた者たち(Stunted People)」の意であるナウグリムノゴスリム、「石の名工たち(Masters of Stone)」の意であるゴンヒアリムなどと呼ばれる。

工芸の技術に優れ、特に石の扱いにかけては並ぶものがない名工である。精神的にも肉体的にも頑強・頑固で、優れた戦士でもある。エルフ人間とは古くから交流があるが、財宝をめぐって諍いに発展することも少なくない。しかし基本的には礼儀正しく信義を重んじる種族である。

しかし第三紀にはまだ、かれらの種族が昔から保持していた性格と力が、すでにいくらか弱められていたとはいえ、多少なりとも瞥見されたのである。かれらは上古の代のナウグリムの子孫であり、心臓には、鍛冶神アウレの古の火がなお燃えており、長い間エルフ族にいだいてきた恨みの燠火がくすぼっていたのである。そしてかれらの手には、何人もこれを凌駕することのできない石工の技が変わらず生き続けていたのである。*2

特徴

外見

エルフ人間より背は低く、平均身長120cm~150cm程度で非常にがっしりとしている。肌は比較的色白で、髪の色は赤、黒、焦げ茶など。男女共に鬚を伸ばしており*3、編み込んでいることも多い。ドワーフ以外の種族には、外見や声からドワーフの男女を判別することは非常に困難である*4

能力

メルコールの支配する中つ国の暗黒の時代を生き抜くようにとアウレが考えて作ったため、肉体的にも精神的にも非常に頑強で、耐久力も持久力も非常に高い。
恩も仇も簡単に忘れることがなく、他人をなかなか信用しようとしないが、本質的には誠実である。
寿命は250歳前後で、長ければ300歳を越える者もいる。身体は3、40年程で大人と言えるまでに成長するが、社会的に成人と見なされるにはさらに倍近い年月を要する。婚姻の適齢期も同様で、夫婦となった男女の多くは90~110歳の間に第一子をもうける。その後も若く壮健な時期が長く続き、死期を向かえる直前の数年間に老化が加速する。地下の洞窟など暗闇でも目が利き、方角を見失うことがなく、またそれに倦むこともない。

文明・文化

採掘と工芸の技術に非常に長け、多くの見事な武具や美しい装飾品を作り出し、時にはその品に魔法の力を込めることもある。その技術のなかにはエルフを凌駕するものもあり、特に石の扱いにかけては並ぶものがない。ミスリルはドワーフ達がモリアで見つけ出し、その扱いに熟達した金属である。また、火起こしの名手でもあるようである。
ドワーフの女性は全ドワーフの1/3以下と言われ、表に出ることは滅多にない。ドワーフは結婚を一生に一度しかしないが、男性は仕事に没頭するあまり結婚を望まない者がとても多く、女性の方も結婚する意志が全くなかったり、意中の相手以外と添い遂げるよりは独身を貫くことが多い。そのためドワーフの婚姻率は低く、男性の中で結婚する者は1/3以下である。
死者を石で築いた墓の中に葬る習慣を持ち、死体を放置したり、土葬や火葬にすることを好まない(ただし例外もある。火葬にされたドワーフを参照のこと)。ドワーフの信仰では、死んだドワーフはアウレによって彼らのためのマンドスの館に運ばれるという。また七人の父祖たちはそれぞれの一族のもとに戻り、同じ名を帯びるとも伝えている(その例が不死のドゥリン)。
秘密主義者であり、自分達について他の種族に語ることはめったにない。

住居

坑道と仕事場を兼ねる、地下や山岳をくり貫いて造った住居に住むことを好む。それは「洞穴」などというものではなく、その内部は非常に雄大で都市の様相を呈することがあり、また大変美しい装飾が凝らされる。よく知られたものに霧ふり山脈カザド=ドゥーム(モリア)青の山脈ノグロドベレグオストエレボール山の下の王国などがある。
ドワーフの住居の扉は閉まっていると目に見えず、秘密を知らなければドワーフ自身ですら発見することも開けることもできない。モリア西門(モリアの壁)の扉はイシルディンで紋様が施されており普段は岩壁にしか見えず、外側から開くには合言葉を唱える必要があった。エレボールの秘密の通路も普段は岩壁にしか見えず、特定の日の特定のタイミングでのみ鍵穴が出現するという厳重な仕掛けになっていた。

歴史

アルダエルフ人間が誕生するのを待ちきれなかったアウレによって、ドワーフの七人の父祖たちが作り出された。だが、ヴァラールの権能を超えたその行為はイルーヴァタールに直ちに見咎められ、アウレは許しを請いながらドワーフ達を槌で打ち殺そうとする。アウレの恭順と、ドワーフ達が恐れて身をすくませる様子に哀れさを見たイルーヴァタールは、ドワーフが既に命を得ていることを告げてアウレを赦し、アルダの住人とすべくドワーフを召し上げた。ただしアルダに最初に生まれるのはエルフであると定められていたため、エルフが誕生するまでドワーフの父祖達は眠りにつかせられた。
ドワーフがいつ眠りから目覚めたのかははっきりしないが、クイヴィエーネンにてエルフが誕生した後、星々の時代ベレリアンドでエルフとドワーフが遭遇していることが、エルフの歴史に記録されている。また『The Peoples of Middle-earth』によると、ドワーフのうち長鬚族の父祖(不死のドゥリン)はグンダバド火の鬚族広腰族の父祖がエレド・ルインで目覚めたという。他の四つの氏族の父祖がどこで目覚めたかは西方の人間エルフには知られておらず、中つ国のはるか東方であるという。
ドゥリンの一族は、霧ふり山脈カザド=ドゥーム(モリア)を築き、そこが最大の拠点となった。エレド・ルインにはノグロドベレグオストが築かれ、そこのドワーフはベレリアンドシンダール・エルフの王シンゴルと友好関係を結び、シンゴルの王宮メネグロスの建造に手を貸すなど活発に交流した。
第一紀には中つ国に帰還してきたノルドールとも非常に親密な友好関係を結び、カランシアとは交易関係を結んだほか、フィンロドと親密な関係を築いて彼の王宮ナルゴスロンドの建造にも手を貸した。また、ニアナイス・アルノイディアドではマイズロス同盟軍(マイズロスの連合)としてモルゴスの軍勢と戦い、ドワーフ王アザガールの部隊がグラウルングを撃退するなど、優れた戦士として名を挙げた。
このようにエルフと友好関係を構築していたドワーフだが、シルマリルを巡ってシンゴルと諍いを起こした末に彼を殺害してしまったことからドリアスとの戦争に発展し、これが原因となって以後シンダールとの関係は非常に険悪なものとなった。一方でノルドールとの友情は維持し続けた。
ベレリアンドの崩壊後、エレド・ルインのドワーフは大部分がカザド=ドゥームに移住する。第二紀にカザド=ドゥームはエリアドールのノルドールの国であるエレギオンと交易関係を結んで非常に栄えた。しかしサウロンとの戦争でエレギオンが荒廃すると、カザド=ドゥームの門を閉ざして抵抗し、最後の同盟ドゥリンの一族はサウロンを敵として戦った。一方、七つの指輪を受け取ったドワーフ達はその力によって莫大な富を築き上げるものの、やがて指輪に込められたサウロンの悪意のために富を失って不幸な末路をたどることとなった。
第三紀には、他の妖精的種族と同様に次第に衰退していった。ドゥリン六世の代にドゥリンの一族はミスリルを求めすぎてバルログを呼び覚ましてしまい、カザド=ドゥームは荒廃してモリアと呼ばれるようになった。モリアを逃れたスライン一世らのドワーフはエレボールに移住して山の下の王国を築き、北方人くろがね連山のドワーフ達と交易を結んで栄えた。さらにスライン一世の子のトーリン一世灰色山脈にも居住地を立てて富を築いたものの、やがてダイン一世の代に冷血竜に襲われ、その子スロールはエレボールに戻った。しかしエレボールも2770年にスマウグに襲撃されて滅亡し、スロールとその息子スライン、孫のトーリンらは褐色人の国などに逃れて放浪の生活を余儀なくされる。
その上スロールは2790年に無謀にもモリア帰還を果たそうとしてオークアゾグに殺されて侮辱される。ドゥリン一族の王に加えられたこの侮辱に全ドワーフは激怒し、霧ふり山脈のオークとの間で6年に及ぶ、熾烈なドワーフとオークの戦争が起こった。アザヌルビザールの合戦鉄の足のダインがアゾグを討ち取り、ドワーフは合戦に勝利したものの、モリア奪還は果たせず、ドワーフの連合軍も解散した。さらに青の山脈に一旦落ち着いたスライン二世は、2841年にエレボールに戻ろうとして死人占い師の罠にはまり、ドル・グルドゥアの地下牢で非業の死を遂げる。だがその間際にスラインは地下牢を訪れた灰色のガンダルフスロールの地図と鍵を手渡していた。
スマウグへの復讐と、エレボールへの帰還を切望していたトーリン・オーケンシールドは、2941年にブリー村でガンダルフと出会い、彼の助力によってエレボールへの遠征が計画され実行に移される。この遠征とそれによって引き起こされた五軍の合戦の末に、エレボール山の下の王国ダイン二世によって再興された。(『ホビットの冒険』)
指輪戦争では、ギムリ指輪の仲間として活躍した他、山の下の王国も東夷の攻撃を受け、谷間の国の合戦が行われた(『指輪物語』)。

氏族

すべてのドワーフは、アウレによって直接生み出された七人の父祖を先祖としていると彼らは信じている。七人の父祖の最長老は不死のドゥリンであり、彼を祖とする一族は長鬚族ドゥリンの一族)と呼ばれる。『The Peoples of Middle-earth』では他の一族に、Firebeards(火の鬚族)Broadbeams(広腰族)Ironfists(鉄拳族)Stiffbeards(堅鬚族)Blacklocks(黒巻毛族)Stonefoots(石足族)の名が出ている。七人の父祖は四つの場所で目覚めたが、そのうち西方の人間エルフに知られているのはグンダバド長鬚族)とエレド・ルイン火の鬚族広腰族)だけである。
シルマリルの物語』や『終わらざりし物語』では、小ドワーフと呼ばれる者たちも描かれているが、滅亡している。

言語

ドワーフ自身の言語(クズドゥル)を持っているが、その言語はドワーフの秘密として他の種族にはほとんど明かそうとしない。ドワーフ個人の「内向き」の名前、つまりクズドゥルによる真の名は決して他の種族に明かそうとはせず、墓にすら刻まれなかった。
ドワーフは言語の習得にも秀で、他の種族と話をするときは、その種族の言葉を使った。記録に残る個人名もほとんどが他種族の言語によって付けられた「外向き」の名前であり、作中に登場する主なドワーフたちの名は、谷間の国など北方の人間が用いていた言葉の名前である。
文字は特にキアスを好み、種族の秘密であるクズドゥルもキアスで記す。また特定の条件下でのみ目に見えるようになる月光文字を考案した。

偏見

オークを強く憎んでいる、ただ『ホビットの冒険』によると、邪悪なドワーフはゴブリンと同盟を組むものもいたとある。他の種族にはあまり関心を持とうとはせず、ドリアス滅亡の経緯(シルマリルナウグラミーアを巡る争い)でシンダールエルフと確執がある。しかし他の種族とよく交易を行い、ノルドールのエルフとは、共に工人としての共通点もあり比較的親しい(特にエレギオンのノルドールと友好的だった)。東方で目覚めた人間ともはやくから関係を結び、工芸の面で彼らの師となったが、やはり財宝を巡って争うこともあった。
生命あるものよりも工芸の品を好む傾向にあったという。

登場するドワーフの一覧

長鬚族の王については長鬚族の項も参照。

スペル邦訳名人物説明
Balinバーリン13人のドワーフの一人。後に一党を率いてモリアへ入植する
Bifurビフール13人のドワーフの一人
Bofurボフール13人のドワーフの一人
Bomburボンブール13人のドワーフの一人
Borinボーリンダイン一世の弟。灰色山脈からはなれ山へ戻った
Dáin Iダイン一世灰色山脈冷血竜に殺された長鬚族の王
Dáin IIダイン二世鉄の足ナインの息子。くろがね連山のドワーフの領主で、後にはなれ山の長鬚族の王
Dísディーストーリン二世の妹。記録に登場する唯一の女性
Doriドーリ13人のドワーフの一人
Durinドゥリン不死のドゥリン。長鬚族の父祖
Durin IIIドゥリン三世七つの指輪の一つを手にした長鬚族の王
Durin VIドゥリン六世モリアバルログに殺された長鬚族の王
Durin VIIドゥリン七世記録に残る最後の長鬚族の王
Dwalinドワーリン13人のドワーフの一人
Farinファリンボーリンの息子
Fíliフィーリ13人のドワーフの一人。トーリン二世の甥
Flóiフロイバーリンの一党の一人
Frárフラールバーリンの一党の一人
Frerinフレリントーリン二世の弟
Frórフロールダイン一世の次男
Fundinフンディンバーリンドワーリンの父
Gimliギムリ指輪の仲間の一人。13人のドワーフグローインの息子
Glóinグローイン長鬚族の王
グローイン13人のドワーフの一人。ギムリの父
Gróinグローイン13人グローインの父
Grórグロールダイン一世の三男。灰色山脈からくろがね連山へ移住する
Kíliキーリ13人のドワーフの一人。トーリン二世の甥
Lóniローニバーリンの一党の一人
Náinナイングロールの息子。アゾグに殺された
Náin Iナイン一世ドゥリン六世の息子。父と同じくバルログに殺された長鬚族の王
Náin IIナイン二世長鬚族の王
Náliナーリバーリンの一党の一人
Nárナルスロールの従者
Narviナルヴィかつてのモリアの名工
Noriノーリ13人のドワーフの一人
Óinオイン長鬚族の王
オイン13人のドワーフの一人。後にバーリンの一党の一人としてモリアへ入植する
Oriオーリ13人のドワーフの一人。後にバーリンの一党の一人としてモリアへ入植する
Thorin Iトーリン一世スライン一世の息子で長鬚族の王。はなれ山から灰色山脈へ移住した
Thorin IIトーリン二世オーケンシールドスライン二世の息子で長鬚族の王。13人のドワーフの筆頭
Thorin IIIトーリン三世石の兜。ダイン二世の息子で長鬚族の王
Thráin Iスライン一世モリアからはなれ山へ移住し、アーケン石を発見した長鬚族の王
Thráin IIスライン二世スロールの息子で長鬚族の王。死人占い師に捕えられ、獄死した
Thrórスロールダイン一世の長男で長鬚族の王。スマウグによってはなれ山を追われ、アゾグに殺された
Azaghâlアザガール第一紀ベレグオストの王。ドワーフ語の名前
Telcharテルハール第一紀のノグロドの名工。恐らくシンダール語の名前
Gamil Zirakガミル・ジラクテルハールの師。ドワーフ語の名前
Mîmミーム小ドワーフ。ドワーフ語の名前
Ibunイブンミームの息子。ドワーフ語の名前
Khîmキームミームの息子。ドワーフ語の名前

作中に登場する名前の多くが、『古エッダ(Wikipedia:古エッダ)』の「巫女の予言(Wikipedia:巫女の予言)」に登場するドワーフの名前の一覧から取られている*5。設定ではトールキン西境の赤表紙本を「翻訳」する際に、登場するドワーフたちの「外向き」の名前には北方の人間の言葉に属する谷間の国の言葉が使われているので、北欧風の名前をあてたことになっている。
ホビット ゆきてかえりし物語』での邦訳名に関しては小説『The Hobbit』の訳語対応表を参照のこと。

映画『ホビット』における設定

トーリンに付き従ったドワーフは全部で12人いるが、原作『ホビットの冒険』では、キャラクターが細かく描写されているのはその一部のみで、多くは行間にしか存在をうかがえなかった。映画ではそうした存在感の薄いドワーフにもスポットを当て、性格、年齢、社会的身分、職業、旅に参加した背景などの細かな設定を付随させて、物語の密度を高めている(エクステンデッド・エディションではさらに個性を際立たせる演出が行われている)。
ビルボがエレボールの繁栄と滅亡を語る冒頭のシーンには、女性、子どものドワーフが多数登場した。女性ドワーフは、外見は一目で女性と分かる者から、男と変わらない量の髭を持つ者まで様々で、服装を含めて男性よりも個人差が大きくなっている。全体的に口髭・顎鬚が薄く、頰髯が長く伸びた者が多い。

Iron Crown Enterprisesによる設定

ソースブック『Lords of Middle Earth Vol 3』を中心に長鬚族以外の6氏族について詳細に設定されている。一方で、これらのソースブックは『The Peoples of Middle-earth』が刊行され(1996年)、トールキンが定めた六氏族の名前が明らかにされるよりも以前(1989年)に刊行されたものであるため、トールキンの草稿に記されている設定とは多少の差異が存在する。

それによれば、6氏族の父祖の名はそれぞれバヴォール(Bávor)、ドワーリン(Dwálin)、スラール(Thrár)、セロール(Thelór)、ドルイン(Drúin)、バルイン(Barin)という。彼らがどのようにして目覚めたのかは具体的には記されておらず、ドゥリンとの関係もはっきりとしないが、いずれも霧ふり山脈を起点として自らの民を率い、中つ国の各地へと移住していった。バヴォール(Bávor)の一族は南方へと向かい、黄の山脈に定住してバルジマブール(Baruzimabul)という都市を築いた。ドワーリンの一族とスラールの一族は共にエレド・ルインに住み、それぞれノグロドベレグオストを築いた。セロールの一族は当初グンダバドに住んだが、後にドゥリンの一族と対立したため東に向かい、中つ国の中央にある山脈エレド・ハムラルにナマガルズ(Namagaluz)を築いた。ドルインの一族はリューンを横断し、オロカルニの山間に外界から隔絶された盆地を見つけ王国ルーリーク(Ruuriik)を創建。後に中つ国の北方に進出していたバルインの一族がこれに合流し、ルーリークの北側にバルインの一族が、南側にドルインの一族が住むようになった。

『HoME』の記述に従うならば、このうち青の山脈に住んだドワーリンの一族とスラールの一族が火の鬚族と広腰族に該当すると考えられる。

また、これらの氏族以外にも、ドワーフ人間のハーフとされるウムリという種族が登場する。

The Lord of the Rings RolePlaying Game』における設定

ソースブック『Dwarves of Middle-Earth』にドゥリンの一族以外の氏族の名前と詳細な情報が記されている。このシリーズは映画の世界観をTRPG化したものであり、世界観を共有しているため、このシリーズにおけるドワーフの設定を映画版の設定として捉えることもできる。

ドゥリンの一族以外の氏族はそれぞれウーリの一族(火の鬚族)、リンナルの一族(広腰族)、シンドリの一族(鉄拳族)、スーリンの一族(堅鬚族)、ヴァールの一族(黒巻毛族)、ヴィグディスの一族(石足族)と呼ばれている。このシリーズは『HoME』に関するライセンスを得ていないため、HoMEに記載されている氏族名は直接は登場していない。しかし、ウーリの一族は鬚が赤く、ヴァールの一族は鬚や髪が黒く縮れている等、各々の氏族の身体的特徴や性格などにそれらの名前が反映されており、どの氏族がトールキンの記載した氏族に該当するのかが分かるようになっている。

ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

敏捷性などにペナルティがつくが、耐久力や斧による攻撃などにボーナスを得ることができる。
NPCに、ドルハンドという氏族が登場する。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 女性が滅多に表に出ないというのは、元の数が少ない分丁重に扱われてるって事だろうか -- 2018-04-10 (火) 19:41:03
    • その割りには婚姻率が低いのも、男女で職業が違うわけでも無さそうなのも不思議 -- 2018-04-11 (水) 23:52:03
    • 髭が生えてるせいで見分けが付かないという説あり -- 2019-09-08 (日) 08:11:09
      • 髭どころか声で見分けが付かないとか嫌すぎるんだよなぁ 傍から見るとホモじゃん -- 2019-12-02 (月) 22:36:55
    • エルフは不死故にアルダでの生活に精神的に疲弊してアマンに去ったようだけど ドワーフは単に少子高齢化で滅びたんかもねこんな極端な男女比と婚姻感 ドワーフの女を人間やエルフ寄りにしといたら人間当たりとはつがって血を残す事は出来たんだろうか?やはり製作者違うから無理なのかな -- 2019-12-02 (月) 19:55:55
  • ドワーフにとっては宴の席で派手に騒がないのはむしろ非礼なのかもしれない。 -- 2019-04-15 (月) 12:27:33
  • ドワーフは一体誰と何を交易していたのだろう? ドワーフ同士で鉄鉱石や完成品をやりとりするだけで経済が回るもんだろうか。人間やホビットと交易して穀物などを手に入れてる様子もないが。 -- 2019-08-17 (土) 16:00:37
    • モリアでは柊郷と、エレボールでは谷間の国と親密な関係でしたから少なくともノルドールと人間とは交易を行っていたのでしょうか。第三紀末期はモリアが荒廃し山の下の王国もスマウグに占拠されていましたから政治体制、軍制、宗教経済諸々の社会の成り立ちがよく分からないところが気になりますね、想像するのは楽しいですが -- 2019-08-17 (土) 23:43:03
  • 指輪の時代にまともに旅をしてたのってドワーフくらいだから、この時代一番の情報通な気がする。 -- 2019-08-17 (土) 16:02:42
  • 鉄鉱石の精錬とか鍛冶には当然大量の木を使うはずだが、どこから調達していたのだろう。カザド=ドゥーム近くの柊郷もロリアンもとくに丸裸になってないみたいだし、エントとも敵対してないし。ヌメノールではきちんと森林管理してた記述があったけど。 -- 2019-09-07 (土) 07:26:19
  • イル様的には実は要らない子だったと知った時の衝撃 よくエルフと双璧みたいに扱われてんのに -- 2019-09-08 (日) 08:09:30
  • ドワーフ以外の種族には、外見や声からドワーフの男女を判別することは非常に困難である←ホモには人気でそうか? 半ドワーフいないのは製作者が違うせいもあるのかな エルフと人間はイルだけどドワーフはアウレ -- 2019-12-02 (月) 19:35:38
  • メルコールの支配する中つ国の暗黒の時代を生き抜くようにとアウレが考えて作ったため、肉体的にも精神的にも非常に頑強で、耐久力も持久力も非常に高い←初めから戦闘民族として作ってたのか -- 2019-12-02 (月) 19:48:03
  • イル様もモルゴス想定して人間ももっと強く造っといてくれよと思ったけど 人間自体はもう作ってたのかな? それともなんだかんだ我が子に甘いというかメルコールの事をどこかで信じてたのかも? -- 2019-12-02 (月) 20:20:36
  • ドワーフはどうやって食料を生産していたのでしょうね。 -- 2020-01-19 (日) 01:41:28
お名前:
Last-modified: