ドル=ローミン

概要

カテゴリー地名
スペルDor-lómin

解説

ヒスルムの南西の地域。ミスリム山脈を挟んで東側はミスリム。西側はエレド・ローミンを挟んでネヴラスト。南はエレド・ウェスリンが連なり、アモン・ダルシアを越えて、グリスイ川をその水源から下る険しい山道だけが、ベレリアンドへ通じる唯一の道だった。

この地はフィンゴルフィンの息子フィンゴンの所領だったが、フィンゴルフィンに仕えたハドルに与えられ、ハドル家の領地となった。この地でハドル家はエダインの中でも最も強大な家系として栄える。ダゴール・ブラゴルラハの後にはベオルの族の生き残りが逃れてきた。
だがニアナイス・アルノイディアドの敗戦の結果、ドル=ローミンはモルゴスが差し向けた東夷に支配されるようになり、ハドルの族は迫害を受け、奴隷とされた。

コメント

コメントはありません。 Comments/ドル=ローミン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: