ドルラス

概要

カテゴリー人名
スペルDorlas
種族人間エダイン
性別
生没年第一紀
配偶者妻(名前は不明)

解説

ブレシルハレスの族の一人。トゥーリンフィンドゥイラスが殺され、ハウズ=エン=エルレスに葬られたことを告げた人物で、それを聞いて悲しみのあまり気を失ったトゥーリンをブランディアの許に連れてきた。
その後トゥーリンに対し、戦いの場に出ることを要求。戦えないブランディアを嘲り、自分はトゥーリン、フンソールと共にグラウルング退治に出発する。しかしドルラスは途中で怖じ気付いて一人引き返し、森に隠れているところを、後からやってきたブランディアに見つかり、彼に殺された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 描写を見るにヘタレではなかったのですが崖のぼりできずに晩節を汚す羽目に。 高所恐怖症だったのでしょうか。 -- 2015-06-24 (水) 09:20:13
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: