ドゥリンの紋章

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルthe emblem(s) of Durin

解説

モリアの西門に描かれていた、長鬚族の父祖ドゥリンの紋章。『指輪物語』本文の描写では「七つ星を伴った冠を上にして、鉄床(かなとこ)(つち)」とされる。

指輪物語』原著第二版の索引では「冠と鉄床の上にある、光線八条の七つの星」で、七つの星北斗七星を表す*1と説明されている。

画像

モリア西門の扉。上部にドゥリンの紋章である鉄床と鎚と星がある

コメント

コメントはありません。 Comments/ドゥリンの紋章

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: