ドゥアサング

概要

カテゴリー地名
スペルDurthang*1

解説

エフェル・ドゥーアスの北端、ウドゥンを形成する支脈が分かれ出ている角にある古城。
元々はキリス・ウンゴルの塔と同じく、ゴンドールモルドールを監視する為に建てた砦の一つだったが、やがてモルドールに奪われ、指輪戦争の頃には他の砦と同じくオークの砦と化していた。
フロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーはドゥアサングからウドゥンへ向かうオークの部隊に巻き込まれ、アイゼン口まで行進する羽目になった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「それも今ではたくさんのオークの砦の一つになっていた」という記述からすると、歯の塔やキリス・ウンゴルの塔と同じで、これも元はゴンドールによる監視のための砦だったと思われます。 -- 2014-06-20 (金) 14:58:37
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: