トールキン指輪物語伝説 指輪をめぐる神話ファンタジー

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルTolkien's Ring

解説

ヴァイキング神話、ギリシア神話、ニーベルンゲンの指輪、殷の王の逸話、古今東西の神話、伝承と『指輪物語』の関係を探りつつ、物語世界を読み解いた本。アラン・リーの挿画が美しい。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おもしろい試みだが「指輪物語」の解説を期待しているとちょっと肩透かしをくらう。とは言え本格的な文学研究書としては秀逸 -- watata
  • 指輪物語の本というよりは世界各国の伝承・神話の本。そういうのが好きな人にはお勧め。
  • 「日本の有名なサムライ、宮本武蔵は、自分の発見した真理を5つの「リング」で示した・・」とかある。五輪の書にそういう読み方があったとは -- ほんまかいな 2010-12-10 (金) 00:12:57
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: