トールキンのアーサー王最後の物語〈注釈版〉

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルThe Fall of Arthur

解説

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンによる、アーサー王伝説(Wikipedia:アーサー王物語)を題材にした未完の物語を、クリストファー・トールキンがこの物語の執筆過程、『シルマリルの物語』との関連性などの注釈をつけ、編集した書籍。
トールキンがアーサー王を題材に話を書いていたことは『J.R.R.トールキン 或る伝記』の記述にあり、他のアーサー王伝説関連の物語に比べてグィネヴィア(アーサーの妻、王妃)が妖艶などと触れられていたが、英語版が2013年5月に単独でこの本の形となり出版された。日本語版は2019年2月に原書房から出版。

目次

外部リンク

コメント

コメントはありません。 Comments/トールキンのアーサー王最後の物語〈注釈版〉?

お名前:
Last-modified: