トーリン一世

概要

カテゴリー人名
スペルThorin I
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年第三紀2035~2289年(享年254)
スライン一世(父)
グローイン(息子)

解説

長鬚族の王
先代
スライン一世
1981~2190
トーリン一世
第三紀2190~2289年(99年間)
次代
グローイン
2289~2385

ドゥリン一族の王。
第三紀2210年にトーリンは父スライン一世が築いたはなれ山の王国から、灰色山脈へ移住した。当時の灰色山脈はあまり開発が進んでおらず、ドゥリンの一族の多くが集っていたからである。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • トーリンが移住した後のエレボールは放置されたのでしょうか、それとも親族の誰かに統治させたのでしょうか? -- 2013-04-09 (火) 12:05:27
    • 五代下の子孫にあたるスロールはエレボールの出身になってますし、誰かが統治していたのでしょう -- 2013-04-09 (火) 15:50:15
    • 海外Wiki情報で正確なソースはないのですが、トーリン一世が移住した後はcolony(植民地、居住地)となっていたようです。 -- 2020-10-24 (土) 14:00:15
  • せっかく父親が築いた山の下の王国を放棄した動機を想像すると、エレボールではミスリルが見つからず孤立峰で開発の余地が薄くこれ以上探しても見つかる可能性がなさそうだったので、民が多く当時まだまだ未開発だった灰色山脈でミスリルを探したかったのではないかと。第三紀2063年から警戒的平和が始まって平和な時期でエオセオドの国が近所にあったりと移動や開発、様々な商売もしやすかったと思います。 -- 2020-10-24 (土) 14:05:51
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: