トゥーリン二世

概要

カテゴリー人名
スペルTúrin II
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(2815)~2914年(享年99)
ソロンディア(父)
トゥアゴン(息子)

解説

ゴンドール統治権を持つ執政
第22代
ソロンディア
2872~2882
第23代
トゥーリン二世
第三紀2882~2914年(32年間)
第24代
トゥアゴン
2914~2953

ゴンドールの統治権を持つ23代目の執政

彼の統治時代に、ゴンドールサウロンによる攻撃を受けた。まずサウロンの密使に扇動されたハラドリムハロンドールを占領し、ポロス川沿いで戦闘が多発した。第三紀2885年にはハラドリムの大軍がポロス川を渡ってイシリアンへ侵攻したが、これはローハンの王フォルクウィネが派遣したロヒアリムの援軍の助けを得て、ポロスの渡しで撃退できた。
だが2901年にイシリアンはモルドールウルクの襲撃を受け、残っていた住民もほとんどがアンドゥインの西側へ移住を余儀なくされた。この際、彼はイシリアンの各所に兵士たちの為の隠れ家を作らせた(その中で最後まで残ったのがヘンネス・アンヌーンである)。
また彼はアノリアンへの攻撃を警戒して、カイア・アンドロスの防備を強化した。

コメント

コメントはありません。 Comments/トゥーリン二世

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: