トゥーリン一世

概要

カテゴリー人名
スペルTúrin I
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(2165)~2278年(享年113)
フーリン一世(父)
兄弟2人の年長の兄弟
配偶者妻2人
複数の娘、ハドル(息子)

解説

ゴンドール統治権を持つ執政
第5代
フーリン一世
2204~2244
第6代
トゥーリン一世
第三紀2244~2278年(34年間)
第7代
ハドル
2278~2395

ゴンドールの統治権を持つ6代目の執政

The Peoples of Middle-earth』によると、フーリン一世の第三子。ゴンドールの貴人としては珍しく、二度結婚して複数の子を儲けた。だが息子は末子のハドルのみだった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • よりによって父子で人類史上最悪の超不幸勇者父子の名をもらわなくても……病弱だったのかな?(健康長寿祈願に敢えて縁起悪い名前を付けたとか) -- 2014-06-25 (水) 00:04:07
    • 尊敬というのは偉業に対して抱かれるものであって、その人物の末路は必ずしも気にされなかったりしますからね。義経、信長、龍馬などは尊敬されあやかられることも少なくないと思われますが、いずれも横死です。 -- 2014-06-25 (水) 01:53:26
  • よくトーリン、バルドと間違えてしまう -- 2014-06-26 (木) 15:13:14
  • フィンウェのように先妻と後妻だったのか、一夫二妻の重婚だったのかは不明。 -- 2017-05-03 (水) 01:59:08
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: