トゥルカス

概要

カテゴリー人名
スペルTulkas
その他の呼び名アスタルド(Astaldo)
強き力のトゥルカス(Tulkas the Strong)
ヴァラールの随一の戦士(Champion of the Valar)
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
配偶者ネッサ

解説

ヴァラールの中で最も力と武勇に優れるヴァラクウェンヤで「剛勇なる者(the Valiant)」の意のアスタルドの異名を持つ。妃はネッサ

外見は金色の髪と鬚に、血色の良い肌。両の手のみを武器とし、地上を走るもの全てを追い越す疲れ知らずの俊足を持ち、角力や力比べを好む。
大胆な性格で、スポーツであれ戦いであれ、いつも笑っている。一方、物事には無頓着で、かれは過去にも未来にもほとんど頓着することなく、助言者としては全く役に立たないが、辛苦に耐える友であるとある*1。だが容易に怒らぬ代わりに、容易に忘れることもなかったともあり*2、仇敵メルコールには深い憎しみを持ち続けた。

しかし、この戦いのさなかに、大いなる力と大胆さを併せ持った精霊が、遥かな天上で、この小王国に戦いがあることを聞き、ヴァラールを助けに来た。そしてアルダは、かれの哄笑に満たされた。こうして強き力のトゥルカスは来たのである。*3

ヴァラールの闘士

トゥルカスが来たのはアルダの黎明期、ヴァラールメルコールとの間ではじめて戦いが行われていた時であり、ヴァラールとしては最後にアルダへやってきた。トゥルカスの参戦でメルコールは退散し、ヴァラールはアルダの建造を成し遂げることができた。

アルダの春を祝う宴がアルマレンで開かれると、トゥルカスはその席上でネッサを娶った。メルコールは仇敵を恨み恐れていたため、トゥルカスが眠り込んだ隙を突いて二つの灯火を破壊した。トゥルカスはメルコールを追跡したが、アルダの混乱のため追い詰めることはできず、ヴァラールはアマンに撤退することを余儀なくされた。

その後行われた力の戦いでは、ウトゥムノの深奥に追い詰められたメルコールと組み打ち、遂に彼を打ち負かす。
メルコールが一度マンウェに許されてからは自制心をもってマンウェの判断に従っていたが、彼の反逆が明らかになると、捕らえるために審判の輪の会議から真っ先に退席している。しかし行方をくらましたメルコールを捕らえることはできなかった。
後にメルコールが二つの木を損ない、シルマリルを奪ってヴァリノールから逃亡した時も、トゥルカスはオロメと共に彼を追跡したが、メルコールはウンゴリアントの助力を得ていたためやはり捕らえることができなかった。

このようにアルダでも最大の武勇の持ち主であるが、その性情が闊達である余り助言者としては役に立たない。ヴァラールが、シルマリルを受け渡すようフェアノールに求めた一幕にもそれがあらわれている。

やがて、トゥルカスが叫んだ。「おい、ノルド! 応か否か、口を()け! だが、誰にヤヴァンナの願いが拒めよう。そもそもシルマリルの光は、ヤヴァンナの作品から出たものではなかったのか」
しかし、作り手アウレが言った。「短気を起こされるな! われらがかれに求めているものは、あなたにはお分かりにならぬほど大きな犠牲なのですぞ。今しばらく、沈黙の時をかれにかし給え」*4

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 私が来た\(^^)/ -- 2020-04-17 (金) 12:55:57
    • フェアノール「帰れ!」モルゴス「そうだぞ、空気読め!!」 -- 2020-06-05 (金) 09:49:06
  • 最強のメルコールがトゥルカスに勝てないのって弱体化以前にメルコールの最強は魔力最強で 近接に持ち込まれると技量で圧倒されちゃうんだと思う -- 2020-04-18 (土) 18:18:26
  • ヴァラールを助けに来た。そしてアルダは、かれの哄笑に満たされた。こうして強き力のトゥルカスは来たのである。*3オールマイトかな? -- 2020-04-21 (火) 18:49:13
  • あなたにはお分かりにならぬほど大きな犠牲なのですぞ←さらっと酷いこと言われてるな -- 2020-04-23 (木) 20:08:15
    • これほんと初見時に吹いた。その前の「おいノルド!」発言からの流れが最高すぎる。まさかシルマリルの物語で普通に笑えるシーンがあるなんてなぁ。 -- 2020-06-05 (金) 06:09:52
  • モルゴスが中つ国に逃亡した時 こいつとオロメを送り込めばモルゴス潰せると思うんだけどなんでしなかったんだっけ? ヴァリノール隠しのせい? -- 2020-07-12 (日) 04:44:04
    • 中つ国の大地や動物達を愛したオロメはともかく、トゥルカスはその力ゆえに、悪意なく打倒モルゴスの正義のために中つ国を破壊しかねないからでしょうねー。おそらくヴァラ自らは手を下してない怒りの戦いであれですから、トゥルカスが本気でモルゴスとその一味を潰そうとしたら青の山脈どころか霧ふり山脈あたりまで何も残らない更地になるのでは...。 -- 2020-07-12 (日) 13:02:24
      • 結局中つ国に及ぼす影響から直接破壊は避けたってこと? 最終的にベレリアンド沈めてるのにな -- 2020-07-12 (日) 22:01:28
      • トゥルカスはアイヌア髄一の剛力を誇るわりに、彼自身によるのが明白な破壊の記述はあまり見られないんですよね。剛力のみならず技量もずば抜けているはずですし、他のヴァラの忠告も聞き入れますから、むしろ周囲への被害は押さえ、敵のみを的確に無力化していくタイプかもしれません。力の戦いや怒りの戦いによる広範囲の被害は、メルコールら堕落したアイヌアと、オッセのような自制に欠けるマイアールのぶつかり合いによるものが大きいのかも。 -- 2020-12-29 (火) 20:16:00
  • 直接破壊✖︎直接戦闘◯ -- 2020-07-12 (日) 22:01:52
  • 脳筋!ファンタジーだとか言ってもね、結局はフィジカルがモノを言うんですよね。大好き。 -- 2020-12-28 (月) 20:12:20
  • 善良な範馬勇次郎。 -- 2020-12-28 (月) 20:29:24
  • この人、途中からアルダに加わった。アラタールどころか外なる神、もとい蕃神で破壊神ということだよな。脳筋説もあるが、そもそも精神構造が他者とは隔たっていそうな気がする。 -- 2020-12-28 (月) 21:48:13
    • 蕃神なのは他のアイヌアも虚空からアルダに来たので同様ですし、無秩序に破壊や殺生を行うわけでもないので破壊神とも言えません。性格こそ他のヴァラールとはやや異質さを感じますが、それでもヴァラに選ばれ、アルマレンやアマンで皆と友好的に在り続けてるわけですから精神構造が隔たっているほどでもないかと。 -- 2020-12-29 (火) 08:59:38
  • 「筋肉だ。筋肉は全てを解決する。筋肉は決して裏切らない」 -- 2020-12-29 (火) 00:06:09
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: