トゥオル

概要

カテゴリー人名
スペルTuor
種族人間エダイン
性別
生没年第一紀(472)~
フオル(父)、リーアン(母)、アンナイル(養父)
兄弟なし
配偶者イドリル
エアレンディル(息子)

解説

フオルリーアンの息子。エダインであるドル=ローミンハドル家の出身で、エルロンドエルロスの祖父にあたる。金髪でエダインの中では最も背が高かった。
ゴンドリンでは、ドランボルレグという大斧を武器に使っていた。

灰色エルフたちの養い子として

フオルニアナイス・アルノイディアドで死んだ後の年の冬にミスリムで生まれる。トゥオルの母リーアンは、トゥオルの養育をアンナイルと彼の仲間の灰色エルフに委ねると、ハウズ=エン=ヌデンギンに赴き、そこに身を横たえて死んだ。
トゥオルの養父となったアンナイルは、東夷オークの襲撃を避けてミスリム湖の西の山中からアンドロスの洞窟に移り住み、トゥオルはそこで育てられた。やがて彼は灰色エルフの弓や斧を扱えるまでにたくましく背の高い美丈夫に成長し、伝承の知識と技を身につけた。
だが十六歳の時、アンナイルたちと共にシリオンの港へと避難する途中で東夷とオークの襲撃を受け、トゥオルは東夷のロルガンの奴隷にされた。

奴隷として生きた日々と、孤独な戦いの日々

トゥオルはロルガンの元で三年間奴隷としての暮らしに耐え、三年目の終わりに脱出に成功して、無人になっていたアンドロスの洞窟に戻った。トゥオルはその後の四年間を無法者として孤独に戦い、東夷オークに甚大な損害を与え、数々の勲をあげた。

ウルモの使者となる

トゥオルが孤独な無法者の暮らしを始めて四年経った頃、ウルモが彼の心に父祖の地を去ろうという気を起こさせた。トゥオルはアンドロスの洞窟を去り、ドル=ローミンを横切って西へ向かい、かつてアンナイルが話していたアンノン=イン=ゲリズを発見する。ここでトゥオルはキーアダンの使者としてナルゴスロンドへ向かう途中のゲルミアアルミナスに出会い、ゴンドリンのことを聞く。トゥオルはキリス・ニンニアハを通ってネヴラストに入り、大海を初めて目の当たりにして魅了され、そのままネヴラストに独りで住まった。
秋になると今度は七羽の白鳥たちに導かれてヴィンヤマールの無人の宮殿に到達し、かつてトゥアゴンウルモの指示で残しておいた剣と兜、鎖帷子、そして白鳥の翼の紋章のついた青い盾という一揃いの武具を発見する。これを自身の宿命の証しと受けとったトゥオルは、発見した武具を身につけてヴィンヤマールの海岸に出た時、西方からの嵐と共に出現した水の王ウルモ自身から彼の使者としてゴンドリンへ行くよう指示を受け、マントを与えられた。
その翌朝トゥオルはウルモの予告通り、ウルモの力で船の難破からただ一人救われてヴィンヤマールの海岸に打ち上げられていたヴォロンウェを発見する。トゥオルはヴォロンウェに導かれて、ゴンドリンを目指して旅立った。
二人はこの年の過酷な冬に悩まされながらエレド・ウェスリンに沿って東へ向かった。その途中でグラウルングに汚された後のエイセル・イヴリンに通りかかったとき、トゥオルは従兄であるトゥーリンと、互いにそれと気づかぬまますれ違った。

ゴンドリンのトゥオル

ゴンドリンに到達したトゥオルは、身につけていた武具からエクセリオンよりウルモの使者と認められ、ゴンドリンを放棄するべきであるというウルモの警告をトゥアゴンに伝えた(トゥアゴンは結局その警告を受け入れなかった)。ゴンドリンに魅了されたトゥオルはそのまま留まり、トゥアゴンから寵愛を受けた。トゥオルがゴンドリンに住んで七年後には、かねてより両想いの仲であったイドリルとの婚姻がトゥアゴンに認められ、盛大な祝宴が開かれた。その翌年の春、トゥオルとイドリルの間には息子のエアレンディルが生まれた。

エアレンディルが七歳になった年、イドリルの従弟であるマイグリンの裏切りによってゴンドリンの場所を突き止めたモルゴスの軍勢が、ゴンドリンを急襲した。トゥオルは数々の偉大なる勲をあげ、妻子を襲ったマイグリンを城壁から投げ落として倒したが、トゥアゴンは戦死し、ゴンドリンの陥落を防ぐことはできなかった。トゥオルらはゴンドリンの生存者を率い、イドリルの用意した秘密の抜け道を通り脱出。その後一行は過酷な旅を果たし、一時ナン=タスレンで休息し、ゴンドリンの戦死者を悼む宴を催した後、ついにシリオンの港に辿り着き、そこでドリアスの遺民と共に住んだ。

シリオンの港から大海へ

やがて忍び寄る老いを感じ始めた頃、海への憧れを強くしたトゥオルは、イドリルと共にエアルラーメに乗って西方へ船出した。後世の歌によると、彼のみが死すべき人間の中で特例としてノルドールに加えられることで人間の運命から切り離されたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • シルマリルの表紙の絵は、ウルモに会っているトゥオルですか? -- 2013-11-07 (木) 23:55:21
  • 一度シルマリル読んでみたいです。 -- 2013-12-25 (水) 18:22:45
  • トゥオルは、幸せ者だと思う。一部苦労人のような記述あるけど。 -- 2014-02-15 (土) 23:29:50
    • 不幸に告ぐ不幸、呪いに告ぐ呪いで超不幸の従弟に比べれば・・・ -- 2014-02-16 (日) 12:55:26
      • ゴンドリン陥落 トゥアゴン死 etc -- 2017-10-25 (水) 13:47:47
      • ⬆トゥオルのせいじゃないだろ。 -- 2017-10-25 (水) 14:25:02
      • マイグリンの裏切りはトゥオルへの嫉妬のせいでもあるから、遠因にはなってるかも。まあ、ウルモの警告に従わなかったトゥアゴンが悪いわけだが。 -- 2017-10-26 (木) 10:44:59
      • トゥオルには嫉妬されるいわれなんか無いでしょう。いい迷惑ですよ。 -- 2017-10-26 (木) 16:16:50
      • トゥーリンも嫉妬されるいわれなんか無いな -- 2017-10-26 (木) 21:00:45
  • 金髪なのよね -- 2016-12-20 (火) 01:22:45
  • 王家出身なのに武運虚しく奴隷になる。脱走と苦難の旅の果てに高貴な種族出身の嫁さんと相思相愛で結ばれ、彼女との息子は救世主として生まれる。ドラクエ5の主人公を彷彿とさせる波乱の人生だわ。どちらもラストはハッピーエンドなところも安心できる。 -- 2020-06-09 (火) 18:14:43
    • 同感です。 -- 2021-09-17 (金) 16:33:53
  • 息子とは再会できなかった可能性の方が高いよね? -- 2020-10-19 (月) 23:47:08
    • 息子はもはや概念じみた存在になってますからねぇ...再会以前に。  -- 2020-10-20 (火) 13:07:46
      • って言うか、息子は星になったし・・。 -- 2021-10-20 (水) 23:25:08
  • どうあがいてもCV:三宅健太 -- 2021-03-11 (木) 22:50:13
  • 行動や思想の振れ幅はフェアノール並みにエキセントリックなのに、その根底には他者や海への強く深い愛がある。
    だからこその幸せかつ波瀾万丈の人生を送ったのだろうと思わせるお方。 -- 2021-09-17 (金) 19:08:27
  • 西方に行った後、エルフになって、イドリルと一緒に幸せに暮らしているといいね。 -- 2021-10-20 (水) 23:27:16
  • トゥオルってエルロンドや孫たちの出生は見届けてからアマンに旅立ったんだっけ?
    そこんとこいまいちわからんのよね。 -- 2021-10-21 (木) 19:24:36
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: