タル=テルペリエン

概要

カテゴリー人名
スペルTar-Telperien*1
種族人間ヌーメノール人
性別
生没年第二紀1320~1731年(享年411)
タル=スーリオン(父)
兄弟イシルモ(弟)
配偶者なし
なし

解説

ヌーメノールの王
第9代
タル=スーリオン
1394~1556
第10代
タル=テルペリエン
第二紀1556~1731年(175年間)
第11代
タル=ミナスティア
1731~1869

ヌーメノール8代目の王で、2人目の女王*2
長生きだったが生涯結婚しなかった。第二紀1731年に死去し、王位は弟イシルモの息子であるミナスティアが継いだ。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 単にお飾り目的で王位に就けたんじゃないの? 実際、この人は、政治に関心なかったし。 イシルモが影でヌーメノールを動かす。 王として表で活動するよりも何かと動きやすいからね。 両者の思惑が一致したからこそ、このような体制が生まれたのだろう。 -- 桃太郎 2010-06-02 (水) 05:15:07
    • かえって気楽でよかったんじゃない。 面倒くさい事は弟に任せて、好き勝手、気ままな人生を送ることができたんだし。 うらやましい限りである。 -- 2011-12-12 (月) 10:17:06
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: