スランドゥイル

概要

カテゴリー人名
スペルThranduil
異訳スランデュイル
その他の呼び名エルフ王(Elvenking)
種族エルフシンダール
性別
生没年不明
オロフェア(父)
レゴラス(息子)

解説

闇の森にある森エルフ王国の王。レゴラスの父。『ホビットの冒険』中では名前は出てこないが、13人のドワーフを牢に閉じこめたエルフ王とはこの人物である。
森エルフの中でも無類の酒好き。財宝にも目がなく、特に銀と白い宝石を好む。

終わらざりし物語』によるとスランドゥイルの王国の民はシルヴァン・エルフだが、彼自身はシンダール・エルフであり、彼の宮殿の様式はドリアスメネグロスに由来するものであるという。ただしスランドゥイル自身がドリアスに住んだことがあるかどうかははっきりしない。父の名はオロフェア

自然石を刻み残した柱のたくさん立っている大広間に、エルフ王が、ほりものをほどこした木のいすにすわっていました。その頭には、木の実と赤い木の葉でできた冠がのっています。秋がもう来ていたのです(王は春になると、森の花々であんだ冠をかぶります)。手には、ほりものをしたカシの杖をもっています。*1

終わらざりし物語』におけるスランドゥイルについての記述

彼の父オロフェアドリアス滅亡後に緑森大森林(後の闇の森)に落ち延び、アンドゥイン以東一帯のシルヴァン・エルフの王として認められるようになった。
最後の同盟の戦いにはオロフェアと共に森エルフの大軍を率いて参戦し、オロフェアの戦死後は元の3分の1にまで減少した自軍を引き連れて森へと帰還。父の跡を継いで森エルフを統治するようになった。

スランドゥイルはこの戦いで目にしたモルドールの恐怖を忘れることができず、その後も南の方角を望むたびにサウロンの再度の勃興を予感して慄いていたという。

ホビットの冒険』におけるスランドゥイル

宴会の人々のつづく列のまっさきにはボンブールが夢の話でのべたのとそっくりのかっこうで、森の王が、黄金色の髪の上に木の葉の冠をかぶって、すわっていました。エルフたちは、手から手へと、ごちそうをもった鉢をわたし、焚火をこえていったり来たりしています。たてごとをかなでる者もあって、多くの者がそれにあわせて歌をうたっています。みなかがやくような髪に、花をさしていますし、緑の宝石や白く光る石を、えりもとやバンドにきらめかせています。顔にも歌にも、うきうきする楽しさがあふれています。歌声は高く、澄んできよらかです。*2

ビルボ・バギンズ13人のドワーフは、闇の森の空地でエルフ達を引き連れて狩りの宴会をしているスランドゥイルの姿を目撃し、食べ物を求めて(その度に幻のように消えうせてしまうにもかかわらず)三度も宴会の輪に乱入した。これにエルフ達は怒り、スランドゥイルは13人のドワーフを宮殿まで連行して尋問することになる。
ドワーフ達は財宝の分け前を要求されることを恐れて旅の目的を明かそうとしなかったため、怪しんだスランドゥイルは真相がわかるまで彼らを別々の地下牢に閉じ込めた。ところが魔法の指輪の力でエルフの目を逃れていたビルボが宮殿に潜入しており、ドワーフ達は彼の手引きによって脱出してしまう。
彼らが湖の町に現れたとの報告を配下の筏乗りのエルフから受けたことで、スランドゥイルは彼らの目的がスマウグに奪われたはなれ山の財宝の奪回であると勘付く。

スランドゥイルにはトーリンとその仲間達がスマウグを倒せるとは思えず、せいぜい押し込み強盗か何かを目論んでいるのだろうと見抜いていた。そのため事態を静観、スマウグがバルドによって討たれたとの報せが広まると、てっきりトーリン達も死んだものと思い込み、はなれ山の財宝を回収するために自ら軍勢を率いて出立した。
その途上で湖の町がスマウグによって壊滅させられたと聞くと、湖の町の人間の窮状に同情してかれらを救援。これによって町の人間は冬を越し、町を復興させる目処を立てることができた。

その後あらためてバルドと行動を共にしはなれ山へ向かったが、彼らにとっては予想外なことにトーリン達は生きており、山の表門に障壁を築いて籠城の準備を進めていることが判明する。
トーリンは自分たちを閉じ込めたエルフの軍勢に態度を硬化させ、スマウグによって損害を受けた湖の町の復興や、スマウグを討ち取った功績という名目で分け前を要求するバルド、スランドゥイルとの交渉を拒絶。そのためスランドゥイルらは止むなく山の表門を包囲して、兵糧攻めにすることにより譲歩を引き出そうとした。

スランドゥイルは財宝のために戦を起こすことは望んでおらず、先制攻撃をしかけようとするバルドを黄金をめぐって戦いをはじめるのは、できるだけひかえたい。 … 仲なおりにもちこめる道が何かあろうではないか。いざとなれば、不幸にして一気にせめるとしても、数において敵ではない。*3と諌めている。
だがトーリンを救援にやってきたダイン率いるくろがね連山のドワーフ軍が包囲を強行突破しようとしたことでなし崩し的に戦闘に突入。さらにそこにゴブリンアクマイヌの軍勢が到達したことで事態は急変し、バルド、スランドゥイル、ダインの三者は一時休戦して共同戦線を張り、五軍の合戦へと展開していった。
合戦ではスランドゥイルの軍勢はからすが丘に布陣し、トーリンの一行から追放されたビルボ・バギンズも彼と行動を共にしていた。

合戦の終結後、バルドから友好の証としてギリオンのエメラルドを贈られた。またビルボからは、彼がスランドゥイルの宮殿に潜んでいたときに盗み食いを働いていたことを告白され、その償いとして銀と真珠の首飾りを贈られた。これに対し、スランドゥイルはビルボをエルフの友と呼んで敬意を表した。

指輪物語』におけるスランドゥイル

スランドゥイルはガンダルフに協力し、アラゴルン二世が捕らえたゴクリの身柄を闇の森の王国で預かっていた。しかし第三紀3018年(大いなる年)の6月20日、サウロンが命じたオークの攻撃によってゴクリを逃がしてしまい、その申し開きを兼ねて息子のレゴラス裂け谷へ派遣した。

指輪戦争ではドル・グルドゥアの軍勢と闇の森樹下の合戦を戦い、森は火災によってひどく破壊されたものの、最後には勝利を収めた。
エルフの新年の当日*4に、スランドゥイルはケレボルン闇の森の真ん中で会見を行い、二人は闇の森をエリン・ラスガレンすなわち「緑葉の森」と改名し、スランドゥイルは闇の森山脈より北の森を自国領とした。

スランドゥイルとその民の森エルフたちは、第四紀に入ってからもエリン・ラスガレンで落ち着いて暮らしていたようである。

ランキン・バス版アニメ『The Hobbit』における設定

エルロンド達とは異なり、一般的なエルフには見えない緑色の肌と毛髪をしたヒューマノイドとなっている。

映画『ホビット』における設定

俳優リー・ペイス
日本語吹き替え森田順平

馬の代わりに、ギガンテウスオオツノジカと思われる鹿に乗り*5、戦う時は長刀の二刀流も使いこなす。永遠に続く命に倦み疲れていることを伺わせる、厭世的な発言が多い。映画設定における定命の種族との価値観の違いや溝を体現した人物。
スマウグ襲来前のエレボールを訪れ、スロールに謁見していた。だがスマウグが襲ってきたとき、スマウグによって森エルフ達が害される事を危惧し、闇の森の王国の軍勢をスマウグと戦わせずにエレボールのドワーフを見捨てた。これがトーリンの、エルフに対する不信の大きな理由となり、後々まで大きな禍根を残す。
またトーリンとの会話時、過去にと戦ったことがある旨の発言をしているが、いつ、どんな龍と戦ったかは不明。

原作とは異なり、(かつてスロールと会ったときなどに、トーリンとも顔を合わせているためもあり)トーリンの旅の目的に直ちに気がついている。
トーリンの一行を捕らえたとき、エレボールの財宝の中にあるラスガレンの白い宝石を自分に渡すことを条件として、スランドゥイルはトーリン達に協力することを申し出るが、かつて自分たちを見捨てたスランドゥイルを信用しないトーリンはこの申し出を拒否。その結果トーリン達はスランドゥイルによって、牢に入れられる形となっている。

シンダールである息子レゴラスの后にシルヴァン・エルフタウリエルはふさわしくないと考え血統を気にする、エレボールのドワーフの財宝のなかにあった、本来自分たち一族伝来の品と主張するラスガレンの白い宝石を欲する、自国領の安全のことだけを考えるなど、シンゴルを連想させるキャラクター付けが行われている*6
特に『決戦のゆくえ』では、同族の損害だけを恐れて五軍の合戦からの撤退を考えたほどの極端な孤立主義者として描かれているが、その理由はかつてグンダバドにおけるアングマールとの戦いで、妻を失ったことが原因であることが示唆されている。
また、闇の森に戻らず旅に出ることにしたレゴラスに対し、北方のドゥーネダインの族長であるストライダーと呼ばれる者を探すように助言している*7

画像

『ホビット』におけるスランドゥイル 『ホビット』におけるスランドゥイル

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるスランドゥイル 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるスランドゥイル 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いでのスランドゥイル 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いでのスランドゥイル

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このお方かっこよすぎるんだが -- 2021-04-07 (水) 10:03:51
  • 原作版森のエルフ王「誰だお前は」
    映画版スランドゥイル「誰だお前は」
    二人が仮に出会っても同一人物とは絶対に気づかない+認めないだろうなぁ。 -- 2021-04-07 (水) 11:20:51
    • アルウェン「わかる」
      ファラミア「わかる」 -- 2021-04-08 (木) 23:23:46
  • 魅力ありすぎw -- 2021-04-08 (木) 05:29:39
  • オルクリストを回収しないで最後にはトーリンの墓所に置いてるしカッコよすぎるんだよぉ! -- 2021-05-07 (金) 10:13:59
  • 五軍の合戦の時ってアラゴルンまだ子供だし裂け谷で養育されてると思ってたが、もう探さないと行けないレベルで野伏してたのか?映画用設定? -- 2021-05-20 (木) 23:52:25
    • 10歳だからねぇ...まだアラゴルン。
      もしかしたら親父のアラソルンもそう言われていたのかも?と極めて好意的な解釈。 -- 2021-05-20 (木) 23:59:39
    • 映画はLotRのほうでビルボの誕生日会からフロドの旅立ちまでの17年間を省略している一方でアラゴルンの年齢は同じ(アルウェンに語ってる)、はなれ山への旅から誕生日会までの経過時間も同じだったはずなので、五軍の合戦当時のアラゴルンは10歳ではなく27歳と解釈できるのでは? -- 2021-05-21 (金) 00:31:44
      • なーるほど!あんたクールだぜ! -- 2021-05-21 (金) 06:34:21
      • 「脚本の人そこまで考えてないと思うよ」が頭に浮かんだわ -- 2021-05-21 (金) 20:52:34
  • 第三紀出戻りエルフたちの大半が帰って行って心やすらかだったろう -- 2021-06-28 (月) 02:21:00
    • 以前とは違った意味で酒が捗りそうだなスランドゥイル
      我が世の春が来た状態になってそう -- 2021-06-28 (月) 12:13:38
  • 最初映画からそのビジュアルでハマって、原作を読むとまた別の魅力があって、もう映画と原作は別の作品だよ!! -- 2021-08-12 (木) 23:05:54
  • 最後の同盟に参加した結果、元の3分の1にまで減少した自軍ってさらりと書かれてるけどさ。
    軍事的には3割から5割の人的被害の時点で『全滅』や『壊滅』とされて書類上でも戦闘力を喪失したと取り扱われると聞いた。
    どんだけ死んだんだよ森エルフ。かわいそう。
    大軍と明言されてるけど、ギル=ガラド軍やヌメノール残党軍に比べたらめちゃくちゃ軽装備だったんだろうなあ。 -- 2021-09-14 (火) 22:14:20
    • エルフは死んでも死ぬ訳じゃないから平気で捨て身の戦法取りそう -- 2021-09-15 (水) 22:40:06
      • 本当の意味で死なないとはいえ現世に戻れるのは上のエルフでも限られたエリートだし、肉体的苦痛は人と同じなんだからそれはないのでは。
        下にある様に本来なら遮蔽物や隠れる場所に困らない少人数戦闘に長けた集団が、平面で堂々と会戦を(しかも比較的軽装備で)行った結果の悲劇に思えます。 -- 2021-09-16 (木) 12:58:09
    • 森の中は遮蔽物に困らないし、むしろ重い装備はかさばるからね。これを教訓に映画で描かれたような重厚な甲冑を纏うようになったんだろうね。映画のは木皮と樹脂でできてるらしいけど。 -- 2021-09-15 (水) 23:52:43
      • 退く時は甲冑を脱ぎ捨てて猛烈な速さで去っていくのかも -- 2021-10-26 (火) 19:04:37
    • 「3割から5割の人的被害で全滅、壊滅」というのは後方部隊が要因の半分を占める近代軍制の戦略単位(連隊、師団等)において組織的戦闘が行えなくなるとされる数値であり、後方要員がはるかに少ない部隊(中世期の軍隊や戦術単位の小部隊)には適用されません。そのような部隊は、兵員にして半数~7割の損害を受けても最低限の指揮官が健在であれば組織を維持できますので、戦闘を継続しえます。 -- 2021-10-26 (火) 20:05:29
      • それ例えば実際の戦史だとどんな事例があるん?
        むしろ国民軍が誕生するまでの中世の軍隊なんて、数%の損害でも雲散霧消するイメージしかないけど。
        古代ローマみたいな愛国心と優れた装備と厳格明確な指揮体系が存在する軍隊なんて近代になるまで極めてレアだし。
        「完全包囲されて逃げ場がないから最後まで戦うしかなかった」事例以外でそんな話はまずあり得ないと思うよ。 -- 2021-12-14 (火) 17:38:56
      • まるで牟田口理論だなw
        しかも肝心の森のエルフ軍は終わらざりし物語の中ではっきりと『大軍』と明言されてるから、
        →後方要員がはるかに少ない部隊(中世期の軍隊や戦術単位の小部隊)には適用されません。そのような部隊は、兵員にして半数~7割の損害を受けても最低限の指揮官が健在であれば組織を維持できますので、戦闘を継続しえます
        という話とは全く噛みあわなくない? -- 2021-12-14 (火) 20:04:27
  • 彼は結局アマンには行かなかったのかな。
    素敵なワイン余生を送れているといいんだが。 -- 2021-09-17 (金) 19:16:02
  • 上位のエルフは眉毛も上位と理解した -- 2021-12-14 (火) 16:13:21
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot_2020-01-03_215809_0.jpg 292件 [詳細] fileScreenShot00627.jpg 1073件 [詳細] filevlcsnap-00004.jpg 1627件 [詳細] fileScreenShot00767.jpg 1303件 [詳細] filevlcsnap-00001.jpg 1482件 [詳細] fileScreenShot00657.jpg 1265件 [詳細]
Last-modified: