スマウグの()らし()

概要

カテゴリー地名
スペルDesolation of Smaug
その他の呼び名竜の荒らし場(Desolation of the Dragon)

解説

はなれ山の周囲に広がる荒廃した一帯のこと。山の下の王国谷間の国を滅ぼしたスマウグが、ねぐらの近辺を荒らし回ることによって形成された。

まわりの土地は、荒れすさんだ、さむざむとしたながめになってきました。けれどもトーリンの話では、むかしここは、緑うるわしい土地だったというのです。草もほとんどはえていず、まもなく、わずかなやぶも立木もなくなり、だいぶ前にやられたと思われる、さけて黒ずんだ木株ばかりとなりました。一同は、竜の荒し場とよぶところにさしかかっていました。おりから、秋も深まりきったころでした。*1

五軍の合戦の後は、再建された山の下の王国谷間の国の働きによって再び豊かな地に戻ったという。

映画『ホビット』における設定

第二部の原題に使われている。邦題では話題性を考慮して「竜に奪われた王国」に変更された。(詳細はホビット(映画)#Dosを参照)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 『ホビット』では「荒し場」ですが、指輪物語およびUTでは「荒らし場」ですので、こちらで記事名を作成しました。送り仮名まで異訳と見なすのは憚られたので、概要の異訳には挙げていません。 -- 2015-06-13 (土) 18:17:16
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: