サルン・ゲビア

概要

カテゴリー地名
スペルSarn Gebir
その他の呼び名(たぎ)り瀬(Rapids)

解説

シンダール語で「石の大くぎ(Stone-spikes)」の意。大河アンドゥインの湍り瀬で、アルゴナスより手前にある。
1マイルほどの長さに過ぎないが、ここでは流れが急激になり、また鋭く切り立ったいくつもの岩がまるで歯のように水面から突き出しているため、船で通り抜けるのはほとんど不可能な危険な領域となっている。

「おそらくエルフの船は水に沈みはしないだろう。」と、かれはいいました。「しかしそうだとしても、サルン・ゲビアを生きて通り抜けられることにはならぬ。今まで一人として通りぬけた者がいないのだから。」*1

指輪の仲間はアンドゥインを下っていた折、小船の進度を誤って危うくこの湍り瀬に突入しそうになった。更に東岸からモルドールオークの射撃を受けた。そのうえ恐るべき獣も飛来したが、レゴラスがこれを射落としたために難を逃れた。一行は西岸の小さな入り江に上陸して夜が明けるのを待ち、サルン・ゲビアを迂回する古い運搬路で荷物と小船を運び、船の旅を再開した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ゴクリは丸太にへばりついたままここを通過したのだろうか? -- エグゼクター
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: