サウロンの道路

概要

カテゴリー地名
スペルSauron's Road

解説

バラド=ドゥーア滅びの山サンマス・ナウアを繋ぐ道。

バラド=ドゥーアの西門を出発して峡谷に架かる鉄の橋を渡り、ゴルゴロスに入って煙を出す二つの割れ目の間を一リーグ進み、滅びの山の東の山腹に通じる長い坂の土手道を登る。そこから山の斜面を時計回りに回りながら登り、東側に戻ってくると古い岩山の切り通しを通る所で一度大きく西へ曲がり、しばらく進むと東向きに戻り、山の円錐形の上層部の表面に刻まれた切り通しを進んで、東に面したサンマス・ナウアに至る。
山道部分は砕石や灰で舗装されているが、滅びの山の火山活動によって時折破壊されたり塞がれたりするため、大勢のオークによって絶えず補修されるようになっていた。

フロドサムは山の北側の斜面を登っていてこの道に入り、以降は道を辿って登ったが、西に曲がる切り通しでゴクリに襲われた。

コメント

コメントはありません。 Comments/サウロンの道路?

お名前:
Last-modified: