ゴンドールの王冠(おうかん)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルCrown of Gondor
その他の呼び名翼ある王冠(Winged Crown)、銀の王冠(Silver Crown)、白い冠(White Crown)、エレンディルの王冠(Crown of Elendil)

解説

ゴンドールの王位を示す銀の王冠。アルノールの王位を示すアンヌーミナスの王笏に対応する。

それは城塞の近衛の衛士たちの兜に似た形をしていましたが、ただそれよりもっと高く、全体が白で、両側の翼は海鳥の翼に似せて、真珠と銀で作られていました。というのは、これが、大海を渡って来た王たちの紋章であったからです。そして飾り輪には金剛石の七つの石がはめられていました。そしてその頂には、炎のように光を発する宝石が一つはめられていました。*1

元々の王冠は、イシルドゥア最後の同盟ダゴルラドの戦いで着用したヌーメノールの兜だった*2といわれる。
16代目の王アタナタール・アルカリンの治世に、先代の王冠に由来する形状の、宝石をちりばめた兜に取り換えられた。

最後の王エアルヌアは行方不明になる前、王冠をラス・ディネンの墓所に眠る父エアルニル二世の膝上に置いて行った。以来、王冠はそのままラス・ディネンに安置されていた。
エレスサール王の戴冠式において、王冠は執政ファラミアによって持ち出され、指輪所持者フロド・バギンズが運び、ガンダルフの手によって新王の頭に被せられた。

The Letters of J.R.R.Tolkien』での情報

Letter#211(1958年)によると、ゴンドールの王冠は「エジプトの王冠のようにとても高く、翼が真っ直ぐではなく斜めに付いていた」*3とある。
またこの手紙にはトールキンが描いた王冠のスケッチが添えられている。

トールキンが描いた王冠のスケッチ(Letter#211より)

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作中の記述やトールキンのスケッチとは異なり兜の形状ではなく、飾り環状となっている。大きめの翼の飾りが正面と真後ろに、小さめの翼の飾りが左右に付く。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるゴンドールの王冠

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるゴンドールの王冠

コメント

コメントはありません。 Comments/ゴンドールの王冠

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot01086.jpg 427件 [詳細] filevlcsnap-00005.jpg 315件 [詳細] filegondorcrown.png 353件 [詳細]
Last-modified: