ゲロンティウス・トゥック

概要

カテゴリー人名
スペルGerontius Took
その他の呼び名トゥック翁、トゥックじいさま、トゥック老人(Old Took)
老ゲロンティウス(Old Gerontius)
種族ホビット
性別
生没年庄暦1190年(第三紀2790年)~1320年(2920年)(享年130)
フォルティンブラス・トゥック一世(父)
配偶者丸面家のアダマンタ
アイゼングリム三世ヒルディガードアイスムブラス四世ヒルディグリムアイゼムボルドヒルディフォンズアイゼムバードヒルディブランドベラドンナドナミラミラベラアイゼンガー

解説

ホビット庄セイン
第25代
フォルティンブラス・トゥック一世
1201~1248
2801~2848
第26代
ゲロンティウス・トゥック(トゥック翁)
庄暦1248~1320年(72年間)
第三紀2848~2920年
第27代
アイゼングリム・トゥック三世
1320~1330
2920~2930

裕福で長命だったためトゥック翁として有名なトゥック家の大人物。同家輩出の第14代セイン。多数の子孫を残し、ビルボ・バギンズフロド・バギンズメリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックフレデガー・ボルジャーフォルコ・ボフィンの祖先にあたる。

ガンダルフとも親しかった。ゲロンティウスが死去すると、ガンダルフはしばらくホビット庄を訪れなくなった(その間にガンダルフはドル・グルドゥアへの潜入などの活動を行っていた)。

ビルボに抜かれるまではホビット長寿記録保持者(130歳)、サムワイズ・ギャムジーに抜かれるまでは子沢山記録保持者(12人)であった。
ビルボの母方の祖父。ビルボよりちょうど100歳の年長。

映画『ホビット』における設定

『思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション』での、幼少期のビルボが出てくる花火のシーンに登場。美術監督のダン・ヘナが扮している。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • バンドブラス・トゥック(牛うなり)が亡くなったときには16歳で、ビルボが30歳になるまで生きていた。ビルボは牛うなりの逸話等、一族の昔話をこの人から随分聞いて育ったことだろう。 -- カイト
お名前:
Last-modified: