ゲリオン

概要

カテゴリー地名
スペルGelion

解説

東ベレリアンドを流れる大河。全長はシリオンのおよそ二倍にもおよび、途中には滝も早瀬も無いかわりに終始流れが急であった。
レリア山から流れる大ゲリオンと、ヒムリング山から流れる小ゲリオンが一つとなってサルゲリオンの西を南下し、合流点より四十リーグ(約193km)下るとエレド・ルインから西へ流れ出るオッシリアンドの川々(アスカールサロスレゴリンブリルソールドゥイルウェンアドゥラント)が合流する。アスカール川の北を平行して通っているドワーフ道が、サルン・アスラドでゲリオン川を渡っている。ゲリオンはタウア=イム=ドゥイナスの東をさらに南下して最後は大海に流れ込むが、あまりに長大なため河口まではベレリアンドの地図に記載されていない。

コメント

コメントはありません。 Comments/ゲリオン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: