ケレブリンボール

概要

カテゴリー人名
スペルCelebrimbor*1
異訳ケレブリムボール
その他の呼び名エレギオンの領主 (Lord of Eregion)
種族エルフノルドール
性別
生没年不明~†第二紀1697年
クルフィン(父)

解説

名はシンダール語で「銀の手(Hand of Silver)」の意。エレギオンの領主で、グワイス=イ=ミーアダインの筆頭職人。一つの指輪を除く力の指輪の制作者。中でも三つの指輪は、ケレブリンボールただ一人の手により作られた。

彼はフェアノールの五男クルフィンの息子であり、フェアノール王家に連なる最後の者であった。しかし誓言に縛られてシルマリルを執拗に求める父親を見限り、クルフィンがナルゴスロンドを追放された後もその地に留まった。こうして彼は第一紀宝玉戦争を生き延びる。

第二紀となっても彼は中つ国に留まり、ノルドールの残党が築いたエレギオンの領主となる。彼は職人集団グワイス=イ=ミーアダインの一員として、上古の記憶を保ち、荒廃した中つ国を癒やすという大望を抱いて多くの仕事をなした。またカザド=ドゥーム(モリア)ドワーフと友好関係を築き、両種族を富ましめた。モリア西門の扉は彼がドワーフのナルヴィと共に作ったものであり、イシルディンで描かれたその意匠はケレブリンボールの手によるものである。

だがケレブリンボール達は技術と知識を求めるあまり、正体を隠して接近してきたサウロンの言葉に耳を傾けてしまう。
彼らはサウロンの助力を得て力の指輪を制作し、ケレブリンボールはサウロンが去った後、全ての指輪の中で最も美しい三つの指輪を独力で作り上げた。やがてサウロンがオロドルイン一つの指輪を作り上げると、ケレブリンボールは指輪を嵌めたサウロンが力の指輪を支配する詩を口にするのを遠くから耳にし、その正体と目論見に気づく。そこで彼は三つの指輪を賢者たちの手に預けることで分散して隠し、サウロンに抵抗した。

第二紀1697年にエレギオンが攻め落とされた時、ケレブリンボールはミーアダインの館の大扉の前でサウロンに立ち向かったが、取り押さえられて捕虜となる。彼は拷問にかけられたが、三つの指輪の所在だけは決して明かそうとせず、殺された。
サウロンはオークの矢に貫かれたケレブリンボールの死体を吊り下げて旗印代わりとし、エリアドールを蹂躙したという。

異説

終わらざりし物語』によるとケレブリンボールは、ガラドリエルアラゴルン二世に贈った緑の石の製作者でもあるという説がある。
そこではケレブリンボールはクルフィンの息子ではなくゴンドリンの宝石細工師とされており、イドリルが息子のエアレンディルに与えたオリジナルの緑の石の製作者エネアジルの友人であり、ガラドリエルに思いを寄せていたとされる。
これはフェアノールの末裔とされている『指輪物語』および『シルマリルの物語』の記述とは矛盾する。

ゲーム『シャドウ・オブ・モルドール』『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

中つ国に魂を縛られ、モルドールをさ迷う幽鬼として登場する。

ゲーム内では、主人公タリオンに憑依することで高い飛躍力や、瞬間移動、分身、人体破壊など、常人を遥かに超えた驚異的な身体能力を発揮させている。アズカルの弓矢や短剣等、幽鬼の力に由来する武器も所持している。また、幽界に入ることで敵の行動や隠された仕掛けなどを探る隠密行動が可能になる。それらの他にも、オークを洗脳し操るという本作最大の特徴とも言える能力の多くも、ケレブリンボールの幽鬼としての特性となっている。

シャドウ・オブ・モルドール

黒門ウルク=ハイの襲撃を受け、死にかけていたタリオンの前に憑依して彼を蘇らせ、共に冥王の手先と戦う(タリオンはケレブリンボールの霊が憑依しているためゲーム内でも死ねず、何度でも蘇るという設定)。サウロンへの復讐心以外の記憶を失っており、妻子を殺されたタリオンへの復讐に手を貸すことで自らの復讐も果たそうとする。
モルドールの各所にはケレブリンボールに縁のある遺物が眠っており、それらを拾い集める事で、失われた記憶と共にケレブリンボールがいかなる最期を遂げたのかが明らかにされていく。

甦った記憶によれば、エレギオンで敗れた後、捕虜となって妻子と共にモルドールへ連れて行かれ、一つの指輪に文字を刻む仕上げの作業を強要された。サウロンの隙を突いて指輪を奪い逃走した後、指輪の力を使い明王(みょうおう)(Bright Lord)と呼ばれる存在になってサウロンに対抗した。真の指輪の王を名乗り、洗脳によってオークの軍団を掌握してモルドールの地をも浄化しようとするが、一騎討ちでサウロンを追い詰めた直後に指輪がサウロンの手に戻り敗北。妻子が処刑されるのを見せられた上で自らも殺された。

以上の経緯は、死体がエリアドールを席巻した軍の旗印代わりにされたという原作の記述と異なっているが、拷問を受けて殺された具体的な場所までは書かれていないため、ある程度は辻褄が合うような設定となっている。

シャドウ・オブ・ウォー

サウロンに対抗してサンマス・ナウアで新たな力の指輪を作り上げる。だが、その直後に人間の女の姿で現れたシェロブによって指輪を奪われてしまう。蜘蛛と取引した二人は、不本意ながらもミナス・イシルを守ることでサウロンを妨害する。タリオンはこの頃から、シェロブの示した未来を変えようと、頻繁に彼女と接触するようになる。それが不確かな幻視でしかないと知るケレブリンボールはシェロブの言いなりになるタリオンに対して徐々に不満を募らせていく。また、ケレブリンボール自身の性格も徐々に変貌し、他者を利用し切り捨てようとする非情さや、自らの目的を阻む存在を蔑み、強引に押し通そうとする不遜な言動が目立つようになる。

二人はその後も、モルドール各地の要所を攻め落とし明王の軍団を作り上げていくが、サウロンを倒すことに執着するケレブリンボールと、ゴンドールや同胞の人間たちを救いたいと願うタリオンの関係には次第に綻びが生じ、両者の対立はバラド=ドゥーアでの戦いで決定的となる。ケレブリンボールはナズグル化したイシルドゥアを配下にしようとしたが、タリオンはその意思に背いてイシルドゥアの魂を解放してしまう。これに怒り失望したケレブリンボールは共に行動していたエルタリエルに指輪を渡し、瀕死のタリオンを捨てて去った。この時点でのケレブリンボールの目的は、自らが明王として冥王にとって代わり、中つ国から悪を一掃するという遠大な野望へと発展していた。

新たな寄り代に乗り換えたケレブリンボールはバラド・ドゥーアの門前でサウロンと対峙し、因縁に終止符を打とうと戦った。一時はサウロンを追い詰め、跪かせるまでに至ったが、洗脳の意志をはね除けたサウロンはかつて自分がそうされたようにエルタリエルの指を切り落とし、指輪を弾き飛ばした。エルタリエルから引き剥がされたケレブリンボールの魂は、そのままサウロンに取り込まれてしまった。そしてサウロンとケレブリンボールはバラド・ドゥーアの頂上の炎の眼と化し、その姿で終わりなき戦いを続けることとなった。

エンディングでは、フロドによって指輪が葬られた時、消滅する間際のサウロンの目から青い光が分離して飛び去っており、ケレブリンボールが脱出したらしい事が示唆されている。その後の行方は知られていないが、塔の崩壊を間近で目撃していたエルタリエルは、自らが引き継いでいた明王の指輪を返還するため(そして、おそらく西方に連れ帰るため)、彼を探し出そうと決意している。

画像

幽鬼化したケレブリンボール生前のケレブリンボール回想でのケレブリンボール

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ケレブリンボールって検索するとサジェストにクズが出てくるの草 -- 2020-06-19 (金) 14:18:34
  • シャドウオブモルドールのラストじゃ、タリオンから引き剥がされかけるも力を合わせてラスボスを倒し、その後に「これ以上は無理だ」なんて弱音吐いて成仏しかかってたのに。 -- 2020-10-05 (月) 23:01:18
  • ゲームの設定最近まで知らなかったから、ド外道になっていると知ってビックリしたし、同情した。確かに設定的にも出自的にも話膨らませ易いけどさぁ...。これもマンドスの呪いの残滓なのか。 -- 2020-11-10 (火) 21:39:41
  • 3章まできたけど、こいつクズやわw。冥王はうーんそういう役割的悪だからこいつよりマシ感 -- 2020-11-11 (水) 17:15:38
  • ある意味ではタリオンがモルドールを抑え続けたのと同様に、サウロンを炎の目の中に抑え続けたとも言えるのでは? -- 2020-11-17 (火) 19:33:16
  • プレイヤーからしたら気持ちはわかるんだが、ゲームの描写から彼がクズとか人格破綻者とか言われるのはなんか納得いかねー。
    むしろ自らの業で自らを滅ぼした悲劇の人、サウロンの野望の犠牲者ってイメージなんだがな。
    LotR映画でファラミアやデネソールが無能ヘタレに描かれていたからって、彼らをクズとか批判するのはお門違いじゃない?
    なんかそれと同じ、釈然としないところを感じなくもない。 -- 2021-06-15 (火) 07:58:43
    • いやまぁサウロンがサウロンだと知らんだけで サウロンの目的である中つ国に秩序をもたらすっていう目的には正体関係なく賛成してたってオチでしょ 本質的にはファシストだよ

独善的な部分は実にフェアノール一族らしい -- 2021-06-15 (火) 14:35:44

  • 秩序じゃなくて復興だよ
    指輪は怒りの戦いで崩壊した中つ国をもう一度繁栄させるために作られた
    そんな贖罪モードのノルドール達のことをサウロンはひどく笑止に思っていたことだろう -- 2021-06-15 (火) 23:39:59
  • 「あの」フェアノールの孫だからみたいな判断はおかしくない?(気持ちはわからなくはないが)
    少なくとも、
    ①ケレブリンボールは自ら一人で三つの指輪を作った
    ②「三つの指輪を作った者は、力や支配や隠し貯めた富といったものは願わず、すべてのものを汚れから守るために、理解すること、作ること、癒すことの力を望んだ」というエルロンド卿の発言
    ③中つ国修復へのノルドール達の願い
    からも、サウロンが目指す支配や秩序にケレブリンボールが踊らされたとは考えづらいんですよね。 -- 2021-06-16 (水) 00:00:34
  • ゲームでの彼の設定や人となりを語るのは気持ちわかるけど、ゲームの設定から彼自身や彼の人となりを話すのは無理があるよな。
    シェロブはナズグルすら退けうる強力な魔術使いなのに、なんでサムごときに敗れたんだって話になる。 -- 2021-06-16 (水) 07:44:42
  • ケレブリンボールはサウロンと大して変わらないよ。結局、予言からサウロンが支配しようが、ケレブリンボールが支配しようが、中ツ国は破滅するって言われてたんだからさ。 -- 2021-07-04 (日) 18:19:46
    • そうなの?そんな情報初耳だわ。知らなかった. -- 2021-07-04 (日) 21:39:38
    • トールキン御大が例示した
      ガンダルフが指輪手にした時の顛末と一緒やね

結局 独善も悪と変わらんのだよ
モルゴス追放後のサウロンも独善拗らせた存在だし -- 2021-07-05 (月) 02:25:02

  • >予言からサウロンが支配しようが、ケレブリンボールが支配しようが、中ツ国は破滅するって言われてたんだからさ
    原作にそんな描写あった?ゲーム設定での話?
    ケレブリンボールが独善的でないとは言わないけど、“あの”クルフィンの息子なのに外道の父を見放したり、ドワーフとも真の友好を築くとか、どちらかというと割かし話の分かるタイプだと思うんだけど。 -- 2021-07-05 (月) 07:55:37
    • ゲーム設定の話だけど一時期 サウロンから指輪を強奪して明王(bright load)として振る舞ってた時期があるのでひとつの指輪に影響された部分もあるとみて良い

力の指輪をどういう効力があるのか知った上で
恵みの王(正体隠してるサウロン)が鎚手王ヘルムに渡すのを横目で観てたりもするけど(本人曰く秩序の為だった) -- 2021-07-05 (月) 14:26:36

  • 上でも書いてるけど、ゲーム設定でケレブリンボールの人格をアレコレ特にマイナス面に評価するのは否定はしないし別におかしな事じゃないんだが、なんかモヤっとするな。 -- 2021-07-05 (月) 14:58:25
  • ケレブリンボールみたく事後創作で深く掘り下げられるけど設定が徹底してアレなのと、ファラミアやトム=ボンバディルみたく黙殺されるか扱いも雑なのはどっちが幸せなんだろうな…。
    映画のファラミアなんて完全にボロミアの劣化版だもんなァ。 -- 2021-07-11 (日) 11:15:31
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileCelebrimbor.jpg 1188件 [詳細] file20171110013647_1.jpg 1022件 [詳細] file20171110000422_1.jpg 1277件 [詳細]
Last-modified: