グンダバド

概要

カテゴリー地名
スペルGundabad
異訳グンダバード、グンダバッド
その他の呼び名グンダバド山(Mount Gundabad)

解説

霧ふり山脈灰色山脈がぶつかるところにある山。

第三紀2793年から始まったドワーフとオークの戦争では、ドワーフの連合軍はこの地のオークの拠点を真っ先に攻撃して奪取した。
2941年の五軍の合戦の際、ゴブリンワーグの連合軍がエレボールに進軍する前にいったん集結したのもこの地だった。

The Peoples of Middle-earth』によると、ドワーフの七人の父祖の長老である不死のドゥリン長鬚族の祖)が目覚めたのがこの場所であったため全ドワーフに崇拝されており、しばしばグンダバドでドワーフ各氏族の大集会が開かれていた。グンダバドという名も元々はクズドゥルに由来するものであるという。
だが第二紀からサウロンの手先のオークによって占拠されたため、ドワーフの大きな怒りを買うことになった。

映画『ホビット』における設定

アゾグボルグはグンダバドの出身となっており、『決戦のゆくえ』では、エスガロスで戦ったボルグらがグンダバド出身ということに気がついたレゴラスが、タウリエルと共にグンダバドの要塞を偵察するところが描かれている。
グンダバドから出撃してエレボールへと向かった軍勢の中には、ゴブリン町出身のゴブリンと思われるものもいた。

グンダバドの軍勢は五軍の合戦に参加。この軍勢がエレボールの目前までたどり着いたときは、ドル・グルドゥアの軍勢を率いていたアゾグ、ボルグは死んでいたが、トーリンフィーリキーリも倒れ、湖の町の人間闇の森エルフくろがね連山ドワーフの軍勢はかなりの戦力を失っていて危険な状態だった。しかしグンダバドの軍勢は、大鷲ビヨルンによって蹴散らされた。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

スロールアゾグに殺されたことを発端にして始まったGreat Orc Warによってドワーフが奪回したがその後またすぐオーク達に奪われたという設定。
サウロンの敗北後、長鬚族、Zhélruka(ゼルルカ族)、Stout-axe(堅斧族)の三氏族連合軍Gabil'akkâが、グンダバド確保のために軍を進め、アゾグの孫にあたるGorgar the Ruthlessらが指揮するホブゴブリンオークなどの軍勢と戦うという展開になっている。
また、ここで開かれていたドワーフ各氏族の大集会はDwarrowmootという名になっており、グンダバドがオークに奪われて数千年開かれていなかったが、The Sixth War of the Dwarves and Orcs(第六次ドワーフ・オーク戦争)でグンダバドが奪回された時に1回開かれた。だがその後またグンダバドがオークに奪われたため途絶え、サウロンの敗北後グンダバドの奪還の戦いにおいて、ドワーフ連合軍Gabil'akkâにより開催された。

グンダバド内部はUpdate 31 Fate of Gundabadにて実装され、プレイヤーが入れるようになった。
モリアと同等規模の大規模かつ複雑な構造をしており、不死のドゥリンが目覚めたとされる地底湖なども存在している。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、グンダバドの外観と門 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、グンダバド内部 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、グンダバド内部 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、グンダバド内部 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、グンダバド内部 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、不死のドゥリンが目覚めたと言われるグンダバド内部の地底湖

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 『決戦のゆくえ』でまさか観光案内されるとは思わなかった。しかもほぼミナス・モルグル -- 2014-12-20 (土) 01:00:46
    • 中つ国パンフレットだよねえw 既視感があると思ったらそれかモルグル。 -- 2014-12-21 (日) 20:08:11
    • あれだけじゃあね…門の中もどういう街並み?か、見せて欲しかった。 -- 2015-03-17 (火) 10:01:38
  • 神聖な土地とは言っても物欲の強いドワーフの事だから、何も取れなければ、祭祀を行う以外は基本、放置していたのだろう。 それをオークに付け込まれて奪われたとか? -- 2014-12-22 (月) 10:12:41
    • ケレド=ザラムの一件からもわかるように、ドワーフは神聖なものを大事にする性分ですよ。アウレの民であるかれらの物欲は虚栄や贅沢心からのものではなく、あくまで美しく優れたものに対する愛情に根ざしたものです。グンダバドが奪われたのは第二紀、サウロンが中つ国を席巻していた時代のことですから、単純にモリアを死守するので手一杯だったのではないかと。 -- 2014-12-22 (月) 12:50:12
      • ドワーフはアウレの工芸品への称賛は惜しまないけどヤヴァンナの創造物への愛は抱かないから、土地には執着してもその土地に生きるものには執着しないかも -- 2014-12-22 (月) 17:51:21
    • オークと違ってドワーフの総数が少なかったのでは -- 2014-12-22 (月) 20:59:47
  • 個人的にはクズドュルよりも暗黒語に聞こえるように思えます。 -- 2015-02-13 (金) 11:49:48
  • クズドゥル由来という設定とはいえ、五世紀ごろのブルグンド族の王グンドバド(Gundobad)と名前が酷似してますね。ゲルマン的な響きを狙ったのかもしれませんが。 -- 2015-04-02 (木) 14:58:05
  • もしバーリンのモリア再興が実現していれば、今度はグンダバドを取り戻そうという声が上がっていたかもしれない -- 2019-04-01 (月) 18:48:14
  • アゾグはトーリンに腕を切り落とされてから、モリアに逃げたけど、モリアにはバルログが居るはず。彼らの関係性が気になるよね -- 2019-08-24 (土) 02:48:31
  • アゾグはオークなのに、Lotrのオークと比べて体が大きいし、日光にも強い。同じオークでも種族が違うのかな?何故だろう -- 2019-08-24 (土) 02:51:57
    • そりゃホビットの冒険ではウルク=ハイ(直射日光も平気)のことをオーク と、 オーク(地下暮らし)の事をゴブリンと呼んでるだけ -- 2020-05-16 (土) 17:44:25
  • あと原作のアゾク、ボルグやその親衛隊だけがウルク=ハイ(ホブゴブリン)だったのを映画では映えを優先してネクロマンサー=サウロン配下のウルク=ハイだらけにしたから首領の設定を盛る必要があった -- 2020-05-16 (土) 17:48:59
  • 第四紀になってから、グンダバドはどうなったのでしょうか? -- 2021-11-21 (日) 19:52:10
  • 映画では要塞が登場していたけど原作にはグンダバドに建造物らしきものの存在は書かれていたのだろうか -- 2021-11-21 (日) 20:59:21
    • グンダバドの構造に関する記述はHoME含めてほとんどなかったはずです -- 2021-11-22 (月) 15:18:46
    • オークの拠点だったので何らかの建造物はあったと考えるのが自然ですが、どのようなものだったかは全く手がかりがないですね -- 2021-11-23 (火) 16:53:05
    • 元々はドワーフの聖地とはいえ、モリアみたいな大城砦や建造物がある大集落とは限りませんもんね。神殿やら祭壇があるだけの地かもしれませんし。 -- 2021-11-24 (水) 11:59:39
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot_2021-11-20_144004_0.jpg 24件 [詳細] fileScreenShot_2021-11-20_005219_0.jpg 24件 [詳細] fileScreenShot_2021-11-19_220529_0.jpg 50件 [詳細] fileScreenShot_2021-11-16_212619_0.jpg 50件 [詳細] fileScreenShot_2021-11-16_212557_0.jpg 57件 [詳細] fileScreenShot_2021-06-19_230517_0.jpg 55件 [詳細]
Last-modified: