グラウルング

概要

カテゴリー人名
スペルGlaurung
その他の呼び名龍の始祖、龍の祖(father of dragons)
金色龍グラウルング(Glaurung the golden)
巨大なる長虫、大龍(Great Worm)
モルゴスの長虫(Worm of Morgoth)
種族
性別
生没年?~†第一紀(499)
多数

解説

モルゴスによって生み出され、第一紀エルフ人間に対して猛威を振るったで、龍の祖と言われる。
翼は持たず空は飛ばないが、口からは炎を吐き、邪言と邪眼による強力な呪縛の力を持っていた。外見は長大かつとぐろを巻くほどしなやかであり、全身が硬い黄金色の鱗に被われているが、下腹は柔らかい蛇腹であり、宿命的な弱点となっていた。

竜とともに恐怖がやってきた。竜は進み始めたが、その針路は真上ではなくわずかに北にそれたので、下で見ている者たちには星々をさえぎる頭の巨大な影が見えた。大きく割けた(あぎと)には、七つの炎の舌があった。その時、竜は前方に熱い息を噴き、たちまち峡谷は一面赤い光に包まれ、岩々の間に黒い影がひるがえった。木々は竜の前にひからびて燃えあがり、石は川に落下した。*1

グラウルング最初の襲撃

アングバンドの包囲の時代に突如アングバンドより現れてアルド=ガレンを襲い、エルフ達を仰天させた。
だがその時グラウルングはまだ成長しきっておらず、体をよろう鱗が完全ではなかったため、フィンゴンの率いる騎馬の弓兵によって矢を射掛けられ、傷ついたグラウルングはアングバンドに逃げ戻った。モルゴスはグラウルングがあまりにも早くにその存在を露わにしたことに機嫌を損じたという。
この時姿を現したグラウルングの脅威を模してテルハールが鍛えたのが、後にトゥーリンが身に帯びることになる龍の兜である。

ダゴール・ブラゴルラハとニアナイス・アルノイディアドでの来襲

完全に成長しきったグラウルングはダゴール・ブラゴルラハで再び現れ、モルゴスの放った火の川の先頭を切って出撃し、その後にバルログ達やオークの大軍が続いた。
グラウルングはその猛威によってロスランからマグロールの山間を突破し、小ゲリオン大ゲリオンに挟まれたマグロールの領地を破壊しつくした。

ニアナイス・アルノイディアドでは多数の眷属と共に出撃、マイズロスフィンゴンの軍勢の間に突入して多大な被害を与えたが、ベレグオストドワーフに取り囲まれて斧で攻撃された上、ベレグオストの王アザガールの今際の短剣を弱点である腹に受け、傷付いて逃げ帰った。

ナルゴスロンド寇掠とトゥーリンとの因縁の戦い

そして不意にかれは口を利いた。かれの中の悪霊が物を言ったのである。「これはこれは、フーリンの息子よ、よう来たな!」*2

グラウルングはナルゴスロンドへの攻撃で再び現れる。
オークの軍勢と共に進軍してきたグラウルングはエイセル・イヴリンを汚し、タラス・ディアネンを焼き、トゥムハラドの合戦でナルゴスロンドのエルフ達を敗走させた。ナルゴスロンドの寇掠ではフィンドゥイラスを救出するために駆けつけたトゥーリンを邪眼の力で金縛りにし、フィンドゥイラスら女達が捕虜として連れ去られていくのを目前で見せつけた上で、彼の母モルウェンと妹ニエノールが危険だと思い込ませる呪縛をかけた。そのためトゥーリンは、母と妹を助けようとドル=ローミンに向かってしまい、フィンドゥイラスはテイグリンの渡り瀬でオークに殺されてしまった。
その後グラウルングはオーク達を追い払うと、ナログ川に架かる橋を落とし、財宝を最低の値打ちの品物に至るまで全て集め、ナルゴスロンドの一番奥の広間に積み上げて寝床とし、そこに棲みついた。

ナルゴスロンド滅亡の報せを聞き、トゥーリンを捜しに来たモルウェンとニエノール、彼女らを護衛してきたマブルングドリアスの一行がナルゴスロンドにやって来ると、グラウルングはそれを察知してナログ川に身を横たえて毒の水蒸気を発生させ、ドリアスの護衛達を追い払う。さらに蒸気から逃れたニエノールをアモン・エシアの山頂で待ち受けると、再び邪眼を用いて彼女に心の闇と忘却の呪いを掛けた。このためニエノールは完全に記憶を失い、ついには互いにそれと知らず実兄であるトゥーリンの妻となってしまう。

やがて3年後、ブレシル襲撃に送り出されたオーク達が、その地に腰を落ち着けていたトゥーリンに撃退されたのを知ったグラウルングは、さらに悪意の謀を巡らせる。ナルゴスロンドから出てきたグラウルングはテイグリン川の西岸近くに横たわり、ブレシルの人間たちに非常な恐怖を与えた。だがカベド=エン=アラスを越えようとした時、その崖下に潜んでいたトゥーリンにグアサングで弱点の腹を刺され致命傷を負う。グラウルングの傷口から吹き出た毒の血はトゥーリンの手を焼き、邪眼はトゥーリンを気絶させた。
その直後、身重のニーニエル(ニエノール)がトゥーリンを捜しにやって来ると、グラウルングは最後の悪意をもって彼女がフーリンの娘ニエノールであり、夫であるトゥーリンは彼女の実兄であることを告げて死んだ。

「これはこれはニエノール、フーリンの娘御。終わる前にまた出会うたな。喜んでもらおう、そなた、ついに兄者を見つけられたぞ。さあ、兄者のことを教えてやろう。暗闇の刺殺者、敵に対しては欺瞞者、友に対しては信義なき者、身内には禍、これがフーリンの息子トゥーリンじゃ! だが、かれの犯した最悪なる行為は、そなたがわが身の裡に感じようぞ」*3

忘却の呪いが解けて記憶が甦ったニエノールは絶望に囚われ、カベド=エン=アラスの崖からテイグリン川の流れに身を投げた。その後にマブルングから事の真相を知ったトゥーリンもグアサングの刃に身を投げて自害した。
グラウルングの死骸はマブルングらドリアスエルフブレシルの人間たちによって灰になるまで焼かれ、骨は塵になるまで砕かれた。

画像

トールキン作画のナルゴスロンドから出てくるグロールンド(グラウルング)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • グラウルングとアングマールの魔王が対決したらどっちが勝つのかね?魔王は強化ver -- 2021-09-20 (月) 20:48:58
    • そりゃグラウルングでしょう。
      魔王つかナズグルの最大の武器は「恐怖」ですからそれが通じない単純にフィジカルがお化けの物理モンスターには苦戦するし打つ手がないのでは。
      しかもグラウルング自身が魔術使えますしね。 -- 2021-09-22 (水) 07:57:46
    • 魔王有利寄りの千日手になると思われる。グラウルングは魔王の不死を突破する攻撃がないから滅ぼすことができないし、魔王はグラウルングの物量をどうにかするには時間がかかる。モルグルの刃による呪い攻撃がどれだけグラウルングに効果的か、グラウルングの魔術が魔王の不死を突破できるかが勝敗のカギになる。魔王の近くにサウロンがいれば、映画ホビットのドル・グルドゥアみたいなリスポーン前提のゾンビアタックができるから、魔王がだいぶ有利になる。 -- lotroスキー 2021-09-23 (木) 03:46:10
      • グラウルング「お前の言ってる理屈が通るなら俺もモルゴス陛下を近くに呼ぶがそれでもよいのか?」 -- 2021-09-23 (木) 05:17:11
      • 「モルゴス地下の穴から出たくないってよ」 -- 2021-09-23 (木) 10:09:58
      • 単に「人間の男の手では死なない」と予言されただけの魔王が、果たして龍の前でどこまでその不死を保つことができるか。グラウルングも十分魔力を持っているので普通の攻撃でも魔王に効果がありそう。 -- 2021-09-27 (月) 23:37:50
      • 魔王有利の見方ってちょっと「うーん」かな。
        魔王はガンダルフに勝てそうな自信があったり、グロンドの後に城門を破壊したりと霊的なものや物質への干渉力や攻撃力はありそうだが、竜の炎に耐えれるとは思えんのだよね。
        グラウルングも魔術使いだしさ。
        それにサウロンのリスボーン支援込みってタイマンと言えるのか。 -- 2021-09-28 (火) 07:52:10
      • サウロンいなくてもなんとかなる
        フェルビーストに乗ればいいんだよ
        空高く飛んでれば流石のグラウルングも手が出せない
        でも魔王もグラウルング倒しきれるかは不明
        つまりお互い引き分け -- 2021-09-28 (火) 16:06:13
      • グ「降りてこい、卑怯者!」
        魔「はっはっはっは」
        グ「さては貴様俺様が怖いのだな?そうだろう!」
        魔「はっはっはっは」
        煽り合戦になる模様。 -- 2021-09-28 (火) 17:15:25
      • こうして考えると空飛べるウルローキってホントにモルゴス会心の作なんだなあ
        アイヌアも空は自在には飛べないし -- 2021-09-28 (火) 18:24:34
      • グラウルングはどう考えても創造物としては大成功の部類だと思うんだが、それに飽きたらないのがモルゴスの面白いとこだよね。
        やっぱソロンドールから受けた傷や屈辱や衝撃を忘れられず、それがヒントになったのかな。 -- 2021-09-29 (水) 09:47:05
  • 教授の挿し絵のサイズ感をそのまま捉えれば、全長100メートル以上は多分あるよね。 -- 2021-09-22 (水) 22:50:35
    • 教授の挿絵は童話チックだからあれをそのまま受け取るのはちょっと… -- 2021-09-28 (火) 17:40:13
  • ほんとにズレてて申し訳ないんだがグラウルングがまだちいさいときにモルゴスが子犬と戯れるように遊んでる想像が、魔王vs グラウルングの論争を見ているうちに浮かんだ。 -- 2021-09-28 (火) 17:01:30
    • カルハロス「あの…🐺」 -- 2021-09-29 (水) 11:56:19
  • フェルビーストはレゴラスの弓やエオウィンの一撃でワンターンキルされる程度の存在だからなぁ…。
    下手したら炎で、それが届かなくてもグラウルングの目眩しの魔術とか喰らって墜落しそう。 -- 2021-09-28 (火) 17:52:39
    • >グラウルングの目眩しの魔術
      目を見なければ問題ない・・・ってか前向いて飛んでりゃいい -- 2021-09-28 (火) 18:16:38
      • 目くらましならば声を使っても発動できそうな気もする。それにグラウルングってば龍の体に悪の精霊がやどってるような描写がなかったっけ?「彼の中の悪霊が物を言ったのである」なのでエルフ同様霊体相手でもダメージ与えられそうな気がする。 -- 2021-09-28 (火) 18:41:45
      • グラウルングの魔術は視線を媒介にしてるものが多いですよ。事実『終わらざりし物語』でもグラウルングと視線を交えるまでトゥーリンは魔法にかかりませんでしたし。グラウルングに煽られて面頬上げて目を見ちゃうけど。 -- 2021-09-28 (火) 18:49:27
      • フェルビーストにその知能を期待するのは無理では。
        グラウルングが服従や蠱惑の魔力を込めた叫び声を挙げて、そっちを向いちゃう姿が容易に想像できる。
        無理やりに魔王が魔術とかでグラウルングの方を向かない様に体の動きを制御すると、それこそ墜落しそう。 -- 2021-09-28 (火) 19:32:49
      • >グラウルングが服従や蠱惑の魔力を込めた叫び声
        作中そういったものはグラウルングは使ってませんからなんとも言えませんね。逆に知能があるからトゥーリンはグラウルングの術中に嵌ったとも言えますし。 -- 2021-09-28 (火) 19:40:03
    • さらには指輪が直接炎攻撃を食らった場合も危うい。1つの指輪はアンカラゴンの炎でも破壊できないが、7つの指輪はもう少し脆く龍の炎で焼かれて消滅した物もある。恐らく9つの指輪の耐久力も7つの指輪と同等かそれ以下と考えられる。9つの指輪はサウロンが所持している説とナズグル本人が各々所持している説があるが、仮に後者の場合グラウルングの炎を浴びれば実体を持たない魔王が無傷だったとしても物質である指輪はまず無事では済むまい。指輪が破壊されれば魔王も消滅か相当弱体化するのではないか? -- 2021-09-28 (火) 21:12:04
      • 『古き火を持つ』龍が七つの指輪の幾つかを消失させたのは確かなので、グラウルングが力の指輪を破壊できる公算は強そう。
        と言うかなんとなく、龍の炎が力の指輪を破壊できるかどうかって、単純な高温だけじゃなく魔力や呪力によるものも大きい気がする。
        アンカラゴンあたりだと単純に物理面でLOSTさせちゃうのかもしれんが。 -- 2021-09-28 (火) 21:50:24
  • どうでもいいけど、フェルビーストに搭乗する時点でグラウルングvs魔王って構図とはちょっと違くない?
    魔王擁護したい余り、ご主人連れてきたり乗り物用意するとか、ちょっと贔屓が過ぎるのでは?
    “そうでないと勝てない”っていうならその時点で決着ついてるようなものかと…。 -- 2021-09-28 (火) 19:49:38
    • そもそもフェルビーストって魔王自らの力で生んだり従えてる存在じゃないもんな。
      サウロンから与えられただけ。
      それを戦力として認めるなら、グラウルングにもモルゴスからバルログやオークを貸し与えるのを認めるわけ? -- 2021-09-28 (火) 19:59:54
      • オークくらいなら貸し与えてもいいぞ
        空飛んでる魔王には無力なのは同じだし -- 2021-09-28 (火) 20:09:15
    • ナズグールとフェルビーストってロヒリムにとっての馬みたいなもんでしょ -- 2021-09-28 (火) 20:07:44
  • 魔王勝利派がなりふり構わなくなってて草。
    →オークならいい
    →ロヒアリムにとっての馬だからいい
    理屈より要は魔王を勝たせたくて勝たせたくて仕方ないんだな。
    これも人望ってやつなのかねぇ。 -- 2021-09-28 (火) 20:37:40
    • だが分かる気もする。あまりシビアに「自分だけの能力で」とか言うとトゥーリンなんかもグラウルングやモルゴスと対戦する際グアサングを使わずに素手でグラップルする羽目になるからほどほどにした方がいいかも知れないぞ。(複文を少し改変した) -- 2021-09-28 (火) 20:56:19
      • トゥーリンのグアサングと、魔王にとってのサウロンやフェルビーストとはまた違くね?
        その理屈でもせいぜい認められても、モルグルの刃や黒い矛や炎を上げる剣とかだろう。
        『武器を巧みに扱う力』だって個人の能力なわけだし、そこには誰も違和感は無いでしょ。 -- 2021-09-28 (火) 21:10:11
      • ほどほどにした方がいいのは魔王擁護派だろw
        別にグラウルング派は魔王に裸一貫で殴り合えなんて言ってないしな。
        元々、モルゴスの最高傑作の一つであるグラウルングと魔王がガチンコでは戦えるわけないんだよ。
        グラウルングは戦闘力がお化けじみた上のエルフの軍勢を突破するためにモルゴスが拵えたものなのに対して、サウロンが魔王に求めてるのは単純な武力じゃなくて腹心としての総合的な有能さ。
        もちろんイスタリとか上のエルフ相手に引けを取らない武力は求められるだろうが、それより大軍の統率とか戦略性や狡猾さが魔王の武器だからね。
        求められてるものが全然違う。 -- 2021-09-28 (火) 21:33:13
  • グラウルングと魔王の対決が『自分の意のままになる国家や軍事力の創設も含めた何でもありバトル』だったらもしかしたら魔王にワンチャンあるかもしれないけど、
    グラウルングもそれなりに指揮できるからなあ…。
    単純な武力の対決では、そりゃグラウルングが勝つよ。
    別にだから魔王が弱い、無能ってわけじゃなくて純粋な戦略兵器として作られた龍の中でもエリートのグラウルングと魔王を武力で争わせようと言うのが魔王には酷な話。 -- 2021-09-28 (火) 21:38:43
    • アングマールの魔王は着ている服や持っている剣や乗っている馬からしてサウロンないしモルドール国からの借り物である上に一番の肩書が「サウロン第一の召使」であるのに対し、グラウルングはモルゴスからもらった肩書が全てなくなっても「大きくてずるがしこい元祖ドラゴン」というアイデンティティは残るから個の対決ではグラウルングが強いだろうなぁ。だが腹心としての有能さや組織人としての資質を評価するなら評価は変わると思う。 -- 2021-09-29 (水) 19:22:37
      • 元々のお題が「対決したらどちらが勝つ?」だからねぇ。
        アングマールの魔王好きすぎる俺だけど、そのお題ならグラウルングに決まってるよね。
        「どちらが有能?」とかならいい勝負するだろうけど。 -- 2021-09-29 (水) 19:43:47
  • 「指揮や魔術もできる戦略兵器」に対して「戦闘も戦略も堪能な魔術師」を武力で争わせてなんとか勝たせようとする発想自体が間違ってる。 -- 2021-09-29 (水) 19:49:32
  • そもそもなぜ魔王が勝てると思ったのだろうか。
    グラウルングなんて恐らくサウロン本人でも討伐するとしたら相当苦労するよ。 -- 2021-09-30 (木) 21:55:23
  • 流れ見ると魔王愛されてんなあ。ただ間違った愛し方だった。 -- 2021-10-13 (水) 07:55:45
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileglorundbytolkien.jpg 4517件 [詳細]
Last-modified: