グアサング

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルGurthang
その他の呼び名アングラヘル(Anglachel)、黒の剣(Black Sword)、ブレシルの黒き棘(Black Thorn of Brethil)

解説

シンダール語で「死の鉄剣(Iron of Death)」の意。
隕鉄から作られた黒く輝く刀身を持つ剣で、地から掘られた鉄ならば何でも切り裂くことができた。大なるも小なるも、ひとたびこの剣に噛まれて生きていられる者は誰もいないと言われたという。
この剣には邪念が宿っており、トゥーリンの非業の運命に一役買い、最後にはその命を奪った。

アングラヘルの名で

元々この剣はアングラヘルという名であり、エオルが鍛えた、アングイレルと対になった剣だった。エオルはナン・エルモスに住む許しを得る引き換えとして、この剣をシンゴルに贈った。

ベレグトゥーリンを捜しに旅立つ時、シンゴルは餞別として何なりと望みの品を与えることを約束し、ベレグはアングラヘルを賜るよう希望したため、シンゴルはこれに応えた。だがこの時メリアンは、この剣には邪気があります。刀を作った鍛冶の黒い心が、今もこの剣にひそんでいるのです。これは使い手を愛さず、また、そなたの手に長くは留まらぬでしょうと、アングラヘルの呪われた運命を予言した。

はたしてその後、オークに捕らえられたトゥーリンは、自分を救出に来たベレグを誤って敵だと思い込み、その手からアングラヘルを奪って彼を殺してしまった。

グアサングの名で

ベレグの死後、アングラヘルは土の中に無益に置かれているよりはモルゴスの召使いに怨みを晴らすがよいとして、ベレグに同行していたグウィンドールによってトゥーリンに手渡される。アングラヘルはベレグの死を悼んだために刃が鈍っていたが、ナルゴスロンドにて鍛え直され、グアサングという新たな名を与えられた。
グアサングの黒い刀身のため、トゥーリン自身もナルゴスロンドでは「黒の剣」の意であるモルメギルと呼ばれ、その武勇は他国にも広く知れ渡った。

グアサングによってトゥーリンは宿敵グラウルングを仕留めた。
だがそれにより、グラウルングの呪いが解けたニエノールは自分が実の兄トゥーリンと結婚して子を成したことを悟ったため、カベド=エン=アラスの崖から身を投げた。トゥーリンはその真実を認められず逆上し、事の次第を告げた罪なきブランディアをもグアサングの刃にかけてしまう。
絶望したトゥーリンがグアサングに対し自らの命を奪うよう問いかけると、グアサングはそれに答えて声を発した。

「やあやあグアサング! 汝は汝を揮う手のほかはいかなる主も持たず、忠誠心も知らぬ。汝はいかなる血にも(ひる)まぬであろう。それ故、汝、トゥーリン・トゥランバールを受けるや。速やかにわが命を奪うや」
剣の刀身から冷たい声が響いて答えた。「(しか)り、喜んで汝の血を呑もうぞ。わが主人ベレグの血と、不当に(しい)せられたブランディアの血を忘れるためだ。いかにも汝の命を速やかに奪ってやろう」*1

この答えを聞いたトゥーリンは地面に立てたグアサングの刃に身を投げて自害した。グアサングはこの時に砕け、破片はマブルングらによって、トゥーリンの亡骸の傍らに埋められた(不運なる者たちの墓石)。

The History of Middle-earth』によると、ダゴール・ダゴラスでは、この剣でもってトゥーリンモルゴスに止めを刺すとされている。

後の作品への影響

グアサングの「邪悪な意思を持つ黒い剣」というアイデアは独創的であり、後続のファンタジー作品における「魔剣」のモデルとなった。代表的なものに『エルリック・サーガ』のストームブリンガー(Wikipedia:ストームブリンガー)がある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ダゴールダゴラスのとき、誰が鍛えなおすのだろう? -- 2013-12-07 (土) 01:28:29
    • そこはやっぱり製作者エオル氏の出番でしょう。 -- 2013-12-07 (土) 13:35:20
      • 粉々ですもんねw -- 2013-12-07 (土) 23:37:04
  • ツタンカーメンの鉄の短剣は隕石製なんだと -- 2016-06-03 (金) 03:14:13
  • 恐ろしい剣… -- 2017-08-20 (日) 00:08:12
  • 隕石って天上の星が流れ星になって墜落した物?上古のアルダにおいて星が落っこちるなんてあり得るのか? -- 2018-04-07 (土) 16:38:58
    • 上古のアルダにもメネル(天)はあるのですから、星が落ちてくることもあるでしょう。 -- 2018-04-07 (土) 16:43:45
    • 天地創造の頃のメルコールなら天空の星々にも手が届いたかもしれないから彼の仕業だろう。 モルゴスに深い因縁が有るようだし。 -- 2018-04-09 (月) 15:30:26
    • 二つの灯火を、星を墜として破壊したんじゃなかったっけ? -- 2019-06-26 (水) 21:04:34
  • 魔剣の勇者の剣ってのがね しかも手に入れ方が .... -- 2020-04-30 (木) 08:25:18
  • ころしてもうた、うばいとる -- 2020-10-19 (月) 21:25:48
  • グアサングとストームブリンガー世に出たのはストームブリンガーが先って情報を見たのですが実際どうなんでしょ -- 2020-10-20 (火) 16:44:18
    • Elric of Melniboné が1972年発刊、シルマリルの物語が1977年発刊ですから世に出たのはストームブリンガーのほうが先ですね。無論シルマリルは1914年から書かれているのでグアサングのほうが古いだろうとは思いますが。 -- 2020-10-20 (火) 18:52:02
      • ベリアロクに心躍らせるちびっ子が、いつの日かここに辿り着く時が来るのだろうか…と考えると胸熱 -- 2020-10-21 (水) 22:27:14
    • なるほど、ありがとうございます -- 2020-10-20 (火) 20:19:48
    • ムアコックがエンデと違いトールキンを忌避するのは、自分だけのネダだと思ってたらそれを考えついてた先人がいたからなんですかね。 -- 2020-10-29 (木) 19:08:57
  • グアサングってダゴダゴ大戦で再びトゥーリンの手で振るわれる、って設定だけど、正直こやつ全然トゥーリンになついてない気がするんだが...。トゥーリン自死の際にも、トゥーリンは汝呼ばわりで所々に悪意じみた厳格さすら感じる。手を離れて久しいベレグは「わが主人」と呼ばれてるしブランディアも同情を寄せられてるのに...。それとも自らの血で罪を購ったからこそ、新たな主として認められたのだろうか。 -- 2020-10-20 (火) 22:43:59
    • ベレグやブランディアに対しては他人行儀で、実戦を共に戦った戦友であるトゥーリンに対しては文句を言ってやれるだけの信頼関係があるのかも分からぬ。グアサングは生真面目で厳格だが、トゥーリンが死んだら折れるあたり、トゥーリンは軽視されていないと思われる。 -- 2020-10-21 (水) 18:45:57
      • グアサングにとってべレグは主でありトゥーリンは戦友、か。確かにグアサングにとって、大いなる勲と呪われた血で我が身を飾り汚しただけでなく、地上で最も自らを見事に振るったトゥーリンには愛憎共に並ならぬ思いがありそう。そういう複雑な感情を表すのに『戦友』って言葉はぴったりですね、見事です。 -- 2020-10-21 (水) 19:49:53
  • 呪われて血を吸わないと収まらないor持ち主に必ず不幸を与える魔剣としては北欧神話にティルヴィングとダインスレイヴがあるから、それは違うんじゃないか。北欧神話は厨二界でも大御所も大御所だし、二人とも魔剣の元ネタや着想はそこからでしょう。 -- 2020-10-29 (木) 20:05:15
  • トゥーリンのお話はフィンランドの神話カレワラの英雄クレルヴォの話から着想を得ている、厳密には北欧神話ではない。いずれにせよトールキンに限っては着想はやはりここからでしょう -- 2021-01-21 (木) 00:15:26
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: