クリストファー・トールキン

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
スペルChristopher John Reuel Tolkien
生没年1924年11月21日~2020年1月16日(享年95)

解説

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンの三男。フルネームはクリストファー・ジョン・ロウエル・トールキン。
1963年から1975年まで英語学講師*1として、父と同じオックスフォード大学に在籍。専門は古~中期英語およびノルド語であった。しかし75年に父の遺稿を整理するために退任している。インクリングズの一員でもあった。

父の諸作品の主要かつ最も身近な聞き手の一人であり、作品についての意見交換や、『指輪物語』『シルマリルの物語』で使われている地図の作画といった面で執筆にも関わっている。
生前からの父の要望もあり、彼の死後はその遺稿を整理・編集して『シルマリルの物語』を出版。その他『終わらざりし物語』『The History of Middle-earth』等の遺稿集を編集し出版しており、版権管理会社Tolkien Estateの代表も務めた。
トールキンの筆跡は独特でしばしば判読困難であり、また膨大な原稿同士の対応関係は錯綜を極め、そこに系統的な関係を確立することは容易な作業ではなかった。遺稿集の編集・出版は、父の著作と思考に長年に渡って関わってきたクリストファーだからこそ成し得た作業と言え、それらは後に続くトールキン研究に欠くことのできない基礎となっている。

父の作品の映像化には一貫して反対しており、自身が権利を持つ『シルマリルの物語』の映像化は一切許可していない。
父が生前に映像化の権利をすでに手放していた『指輪物語』の映像化についても反対の立場を取っていて、『ロード・オブ・ザ・リング』公開時も否定的なコメントを出しており、映画本編も一度も見ていないと言われる。
さらに、自身の息子(つまりJ.R.R.トールキンの孫)サイモン・トールキンが映画化に理解を示したこと、姪の息子(J.R.R.トールキンの曾孫で、次男マイケルの孫)のロイド・トールキンが『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』にカメオ出演したことなどが原因で、トールキン一族の間に亀裂が入っているとも伝えられた*2。だが後に和解したとされる*3
2008年、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の利益が正当に分配されていないとして訴訟を起こし、『ホビットの冒険』映画化の差し止めを求めていた。だが2009年9月に和解に達し、『ホビットの冒険』映画公開の障害は消えたことになる。和解内容の詳細は発表されていない。

2020年1月16日に95歳で死去*4

著作

日本語訳されている主な著作・編著

日本語訳されていない主な著作・編著

動画

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 後4年で100歳か -- 2019-08-17 (土) 01:09:40
  • ただ単に偏屈で映像化を認めんとか言ってるんじゃなくて映画のイメージに自分の脳内のイメージが引っ張られたり植え付けられたりするのが嫌なんで反対してるんじゃないかなぁと想像する -- 2019-08-21 (水) 21:36:46
    • 自身のイメージよりは世間一般のイメージを気にされてるんだと思いますよ。あと単純に映像化の質。 -- 2019-08-21 (水) 23:01:41
  • ディズニーとか言う怪物が動き始めるか -- undefined 2019-12-31 (火) 17:37:35
  • 亡くなられたのか…… -- 2020-01-17 (金) 20:43:45
  • 色々言われることも多かったけど、教授の頭の中にしかなかった世界の広がりを我々ファンに形あるものとして見せてくれた偉大な人だった。伝承の大家の称号はまさにこの人にこそふさわしい。 -- 2020-01-19 (日) 01:50:44
  • 彼は第二の作者とも言うべき人だった。ご冥福をお祈りします。 -- 2020-01-19 (日) 20:00:56
  • 今亡くなられた事を知った。当たり前だが、酷くご高齢だったことも。この人がいなければシルマリルリオンは読めず、心踊らせた幾つかの地図も目に入れることは出来なかった。この人は後継者としてやれることをやってくれたと思う。いわば徳川秀忠か...。しかし、なんとも寂しい...。 -- 2020-01-19 (日) 23:02:39
  • PJも追悼する気持ちはあるだろうけど「原作を汚した癖に」とか言われるんだろうな -- undefined 2020-01-20 (月) 00:24:42
  • ああ 亡くなられたのか・・・ 今頃はこの世の圏外にてお父上と再会されているのだろうか・・・ どうか安らかにお眠りください -- 2020-01-21 (火) 20:52:21
  • 亡くなったからこれでシノマリルって映画化出来るのかな ディズニーパワーでなんとかして欲しい -- Abc 2020-02-05 (水) 01:32:10
    • トールキンがディズニー嫌いだって事知らないの? -- undefined 2020-02-05 (水) 12:14:15
    • Wikipediaには将来的に一切の関与を禁じた...なんて書かれているから鵜呑みにすれば多分ないんじゃないか。ディズニーがやるとしてSWの展開を見るに不安な感じしかしないけど -- 2020-02-05 (水) 12:31:27
    • 作者が死んでもその遺志が死ぬわけじゃない。遺族が亡くなったからといって作品を好き勝手に消費しようとする制作・ファンは腐肉漁りの烏どもよ。 -- 2020-02-05 (水) 19:18:43
    • ディズニーにはファンタジー映画制作での長年の実績があるし資金も莫大だろうけど、作風がトールキンの描こうとした世界とは全く合わない。合わないって事は、その部分は改変するって事だから、そんな事は誰も望んでないだろう -- undefined 2020-02-05 (水) 23:39:59
      • トールキンの世界って、ディズニーの描いてきたようなキラキラした、所謂夢の国って感じじゃないんだよね。もっと泥臭くて、血と埃にまみれてるというか -- undefined 2020-02-05 (水) 23:50:08
      • といっても、パイレーツ・オブ・カリビアンもナルニア国物語も別にキラキラした夢の国ではなかったよ。『カスピアン王子のつのぶえ』なんてガチガチに泥臭い決戦だった気がするが -- 2020-02-06 (木) 07:20:23
      • ウィルとエリザベスの運命については「代償は払ったけど結ばれたんだし結果オーライだよね」と言えるかもしれないけど、ベレンとルシエンの辿った道はそれでは済ませられないような釈然としない何かがある。綺麗に割り切れないんだよね。他の英雄たちについても同じ -- 2020-03-07 (土) 23:27:22
お名前:
Last-modified: