ギレルモ・デル・トロ

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
スペルGuillermo del Toro Gómez
異訳ギジェルモ・デル・トーロ

解説

メキシコ出身の映画監督。映画『ホビット』の監督就任を予定していたが、制作開始の遅延のためスケジュールが合わなくなり降板した。共同脚本者としてはそのままクレジットされている。

大学卒業後アメリカに渡り、特殊メイクアーティストのディック・スミスに師事。29歳から本格的に映画製作に乗り出す。
主な作品に『ミミック』、『デビルズ・バックボーン』、『ブレイド2』、『ヘルボーイ』シリーズ、『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』、『シェイプ・オブ・ウォーター』。
『パンズ・ラビリンス』ではアカデミー脚本賞としてノミネートされた。
『シェイプ・オブ・ウォーター』で第90回アカデミー賞監督賞を受賞。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ガラ様とケレボルンの場合、やはり金髪の女房が仕切りまくるのですね。 -- 2013-08-22 (木) 10:32:08
  • グロールフィンデルが乗るはずだった機体はアルウェンが勝手に乗って出撃しちゃいました。グロールフィンデルの出番を返せ。 -- 2013-08-26 (月) 20:28:41
  • 神経接続てエルフの技術っぽいですね。設ドワーフとの共同制作でしょうか -- 2013-08-26 (月) 21:17:18
    • ノルドールの技術力でしょうかね。パワフル志向の上古のエルフっぽい。 -- 2013-08-27 (火) 06:29:34
  • 第2部でも脚本でクレジットされるようですね。第一部では脚本と、何とかアドバイザーで、2回エンディングには名前が出ていました。ギレルモ色はそこはかとなくでも残っていたのでしょうかね。 -- 2013-10-20 (日) 14:22:57
    • プロジェクト・コンサルタントと、第1部でも第2部でもEDに小さくクレジットされてましたよ。 -- 2014-03-19 (水) 00:05:40
  • ビルボとスマウグの対面場面に拘り、また能動的に生きる女性キャラクターを創りだすことを主張したのもデル・トロ監督だったそうです。 -- 2014-03-19 (水) 22:21:15
  • パンズ・ラビリンスは良かった、久々に見ごたえのある映画だった。 -- 2014-03-20 (木) 23:10:27
  • この人もアカデミー賞受賞してるし、この人のメキシコ人朋友の皆さんがジャカスカとアカデミー賞受賞しまくっているのですね -- 2016-03-06 (日) 13:35:38
    • パシフィックリムにもキュアロンやイニャリトゥのアドバイスがあったそうですが、もしギレルモのホビットが実現していたらキュアロンやイニャリトゥのアドバイス付きホビットになっていたのかな? -- 2016-03-15 (火) 06:16:18
  • みんなパシフィック・リム書いてるから、イェーガーの肩に乗ったガラドリエルが「薙ぎ払えっ」と叫ぶシーンが脳裏に浮かんでしょうがない。(違 -- 2016-03-18 (金) 18:29:30
    • 奥方はご自身の御手で薙ぎ払えるから…(震え声) -- 2016-03-18 (金) 19:12:57
  • この監督でパンズラビリンスみたいなホビット観たかったですね -- 2016-06-21 (火) 09:33:24
  • シェイプ・オブ・ウォーターでのアカデミー作品賞と監督賞 受賞おめでとうございます。デル・トロ監督によるホビットはどんな世界になっていたのでしょうね・・÷ -- 2018-03-05 (月) 14:10:16
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: