キリス・ソロナス

概要

カテゴリー地名
スペルCirith Thoronath

解説

シンダール語で「大鷲たちの峡谷(Eagles' Cleft)」の意。環状山脈の北部にある、シリオンの谷間へ下る山道。山々の山腹に刻まれた狭い道で、片側は絶壁がそそり立ち、もう片側は深い谷底へと落ち込む断崖になっている。

ゴンドリンの陥落時にトゥオルに率いられたゴンドリンドリムの生存者たちがここを通って脱出した。その道中、一行はオークたちと一頭のバルログの待ち伏せを受け、折よく救援に来たソロンドール大鷲たちによってオークは倒されたが、グロールフィンデルは岩の峰の上でバルログと戦い、ともに谷底へ落ちた。グロールフィンデルの遺体はソロンドールによって回収され、一行は山道のそばに石の塚を作って彼を葬った。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: