キリス・ウンゴル

概要

カテゴリー地名
スペルCirith Ungol
その他の呼び名蜘蛛峠(Spider's Pass)、キリス・ドゥーアス(Cirith Duath)

解説

シンダール語で「蜘蛛峠(Spider's Cleft)」の意。『終わらざりし物語』によると、かつては「影の割け目(Shadow Cleft)」の意であるキリス・ドゥーアスと呼ばれていた。
モルグル峠とは別にエフェル・ドゥーアスを越える峠。峠越えにはモルグル谷の北側から続く山道や長い階段、シェロブの棲処であるトレヒ・ウンゴルの洞窟を経なくてはならない。また峠の東にはキリス・ウンゴルの塔がある。

画像

初期の草稿にトールキンが描いた「シェロブの棲処」

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • サウロンもバラド・ドゥーアを作る労力と時間があれば、そこを貫く大規模なトンネルを穿てば、ゴンドール攻めは、はるかに容易だったのでは、ないでしょうか? -- 2012-01-09 (月) 22:42:26
    • 攻めるのが容易ということは攻められるのも容易ということですよ -- 2012-01-10 (火) 18:39:00
  • ファラミアもガンダルフもキリス・ウンゴル忌み嫌ってるけど、モルドールに入国できる可能性のある唯一の経路じゃないのかな(鷲に掴まって山を飛び越えるとかは別にして)。 -- 2015-11-14 (土) 16:17:36
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileshelobslair_bytolkien.jpg 624件 [詳細]
Last-modified: