キリオンとエオルの年代記

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルChronicle of Cirion and Eorl
その他の呼び名キリオンとエオルの物語(Tale of Cirion and Eorl)

解説

終わらざりし物語』で言及されている歴史書。ケレブラントの野の戦い終結後のゴンドール執政キリオンと、エオセオドの君主にしてローハンの初代国王エオルの歴史を扱っているとされる(ケレブラントの野の戦い以前の歴史は扱っていない)。
クリストファー・トールキンによると、この名を題した文章は存在しないが、同書の「第三部 II キリオンとエオル」の「(ハ) キリオンとエオル」の物語がその一部であることは間違いないという。

また同書の「第三部 I あやめ野の凶事」の著者註では、古い歴史書に書かれたが、今はほとんど失われている「キリオンとエオルの物語」という言及がある。

コメント

コメントはありません。 Comments/キリオンとエオルの年代記

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: