ガルドール

概要

カテゴリー人名
スペルGaldor
種族エルフ
性別
生没年

解説

灰色港エルフエルロンドの会議キーアダンの使いとして出席した。
会議においては、出席していないサルマンの動向を尋ねている。また一つの指輪の処遇について、へ送るのは至難事であろうとの意見を出している。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

The Lord of the Rings Trading Card Game』ではエルロンドの会議レゴラスの隣に座っていたエルフがガルドールとされている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ゴンドリンにもガルドールっていますよね? -- 2014-06-07 (土) 17:15:59
  • キアダンの使者に選ばれる信任厚さや、サルマンの働きやサウロンとの戦いについてある程度深くまで承知しているらしい言動からすると、おそらく以前にも白の会議に出席した経験があるのではないかと思われる。 -- 2014-06-07 (土) 18:34:39
  • 無理があるのは承知の上ですが、ゴンドリンのガルドールは確か生存していましたよね…?同一人物説ってあるのかな…?(個人的にグロールフィンデルのことも気になる) -- 2019-09-30 (月) 22:54:45
    • 残念ながら同名の別人のようです。ただし後にトールキンが廃棄した案の一つとしてゴンドリンのガルドールとこのガルドールは同一人物であり、アマンへの帰還を拒み堕落しつつあるか、或いはアマンから例外的な帰還を果たした人物であるという案自体はあります。なおグロールフィンデルは一度死んでそれこそ特例的にアマンから中つ国に派遣されたエルフという線が強いようです -- 2019-09-30 (月) 23:42:29
      • 堕落? -- 2019-10-01 (火) 01:22:20
      • ご返信ありがとうございます。倦み疲れ衰える他界ではなく、堕落って表現が気になりますね。案としてはあったということですね。ご丁寧にありがとうございました。 -- 2019-10-01 (火) 18:21:05
      • 参照元ではthus had fallenとなっているため訳を間違った可能性があります…エルフの項目でも使われているためどうも倦み疲れたというニュアンスの方が正しそうです -- 2019-10-01 (火) 22:56:38
お名前:

添付ファイル: fileThe_Lord_of_the_Rings_Trading_Card_Game_-_Gildor_Inglorion,_of_the_House_of_Finrod.jpg 30件 [詳細]
Last-modified: