ガラドリエルの(かがみ)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルMirror of Galadriel

解説

カラス・ガラゾンの南斜面にある、庭に設けられた水鏡。ガラドリエルが命じることによって、過去・現在・未来のさまざまな光景を映し出すことができる。

窪地の底には枝を広げた木の形に彫った低い台座の上に大きくて浅い銀の水盤がのっていました。そしてその横には銀の水差しが置かれていました。
流れの水を汲んで、ガラドリエルは水盤をなみなみとみたし、それから水面に息を吹きかけました。水がすっかり静まると、奥方は初めて口を利きました。「ここにあるのはガラドリエルの鏡です。そなたたちをここに連れて来たのは、もしその気があれば、これを覗いてみられるとよいと思ったからです。」*1

フロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーはガラドリエルに誘われてこの鏡を覗き込み、さまざまな幻影を目にした。
サムワイズはホビット庄の木々が切り倒され、袋枝路が掘り返される光景を目にしていきり立ったが、ガラドリエルの諌めによって庄に引き返すことはせず、あらためてフロドと旅を続ける決意を固めた。
フロドはゴンドールの前史らしき光景を目にした後、火にふち取られたサウロンの目を見て、それが自分たち指輪所持者を探していることを感じ取った。

ガラドリエルによると鏡は行動の指針としては危険なものであり、賢者であっても生じた幻影が何であるかを正確に言い当てることは難しく、ものによっては幻影を防ごうとして行動することがかえって幻影の実現につながってしまうこともあるという。

画像

アラン・リー作画によるガラドリエルの鏡 寺島龍一作画によるガラドリエルの鏡とそのヴィジョン

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

鏡がある場所にはサムは来ておらず、鏡を見るのもフロドのみ。この時フロドは、サウロンの勢力が跋扈し、ホビット庄が荒らされてホビットが奴隷とされるという、一つの指輪がサウロンの手に戻ったときの未来を見ている。

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるガラドリエルの鏡

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

冒険者が鏡を見て、ドゥリンの橋から転落したガンダルフに何が起こったかなどを知る場面が描かれている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるガラドリエルの庭 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるガラドリエルの鏡

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 夏侯惇が覗いたら -- 2019-07-29 (月) 21:56:52
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-2019-07-29-11h18m46s739.jpg 247件 [詳細] fileScreenShot_2019-07-29_100225_0.jpg 204件 [詳細] fileScreenShot_2019-07-29_100152_0.jpg 191件 [詳細]
Last-modified: