カーロックの渡し

概要

カテゴリー地名
スペルFord of Carrock

解説

指輪物語』において、グローインが言及しているアンドゥインの渡し場。ビヨルン一党によって防衛されている。

名称からしてカーロックの浅瀬のことと思われるが、『ホビットの冒険』ではこの浅瀬は川の東岸と川のただ中に聳える岩山とをつなぐものでしかなく、カーロックでアンドゥインを渡河するのはビヨルン以外には不可能であるとされている。

終わらざりし物語』の索引でクリストファー・トールキンは、グローインの言及した「カーロックの渡し」とは古森街道渡り場のことであろうとしている。しかし同書収録の「指輪狩り」では、ゴクリを捕らえたアラゴルン二世と、その報せを受けたガンダルフが、どちらもカーロックアンドゥインを渡ったと述べられている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 作中で明言はされてませんが、名称からしてカーロックの西半分にも石で浅瀬を作って両岸を繋ぐ浅瀬にしたと考えた方が自然なような。古森街道(Old Forest Road)に繋がる渡り場(Old Ford)のことを指すという根拠はどこでしょうか? -- 2015-05-20 (水) 01:02:20
  • 「ビヨルン一党の助けを借りて~」は、指輪本編のグローインのセリフにもあるようにここが同一党によって防衛されている関所だからその協力で通行した、という意味でしょう。クマの姿になれる彼らの手助けがないと渡れない、なんて解釈は不自然極まる。グローインのセリフからしてもここは交易路なんですから、いちいちクマの姿になって担いで渡ってたら交易にならないでしょう。考察が浅いし記事の体裁も整ってないし、主張しない方がよろしいかと。 -- 2020-10-27 (火) 18:30:34
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: