カルハロス

概要

カテゴリー人名
スペルCarcharoth
その他の呼び名アンファウグリア(Anfauglir)、アングバンドの狼(Wolf of Angband)
種族巨狼
性別
生没年?~†第一紀(466)
ドラウグルインの血を引く

解説

名はシンダール語で「赤(あご)(Red Maw)」の意。「渇く(あぎと)(Jaws of Thirst)」の意であるアンファウグリアとも呼ばれた。アングバンドの門番であった、史上最強の

ヴァリノールの猟犬フアンに課せられた「天が下にかつて存在したこともない強大な狼と戦うまでは死なない」という運命を知ったモルゴスは、ドラウグルインの血筋の中から仔狼を選び出し、手ずから生き餌で育てた。その結果、モルゴスの火と苦悶と飢えがその中に入り込み、世界にまたとない恐ろしい怪物となった。モルゴスは来るべきフアンとの戦いに備え、カルハロスをアングバンドの眠らぬ門番として置いた。

ベレンルーシエンシルマリル探索の旅でアングバンドの城門まで辿り着いた時、二人はドラウグルインスリングウェシルの皮で変装していたが、カルハロスはこれを怪しみ、止まるよう命じて中に入れようとしなかった。だがマイアの血筋の力を発揮したルーシエンによって眠らされてしまい、二人の侵入を許してしまう。
二人がモルゴスの鉄の王冠からシルマリルの一つを奪取して地上へ逃げ戻る時にはカルハロスは目覚めており、怒りに燃えて再び二人の前に立ち塞がった。ベレンは聖なる光が怪物を怯ませることを期待してシルマリルをその眼前に突き出したが、逆にカルハロスは貪欲さに駆られてベレンの右手ごと食いちぎってシルマリルを飲み込んでしまった。

するとシルマリルはカルハロスの体内を焼き、カルハロスは苦痛に猛り狂ってベレリアンドを襲った。シルマリルの力がひそんだカルハロスの狂乱はアングバンドの滅亡以前にベレリアンドを襲ったあらゆる出来事の中でも最も恐ろしいものであったという。
カルハロスは魔法帯を突破してドリアスに入り込み、これを駆り立てるため狼狩りが組織された。狩りにはシンゴル王自身と、ベレグマブルング、旅から帰還したベレン、そして猟犬のフアンが参加し、一行はエスガルドゥインの川辺でカルハロスを発見した。
ここで運命に定められていた通り、フアンとカルハロスの決闘が行われた。

狼と猟犬の闘いでいまだかつてこれに比し得るものはない。フアンの吠え声にはオロメの角笛と、ヴァラールの憤怒の声が聞かれ、カルハロスの咆哮にはモルゴスの憎しみと、鋼鉄の歯よりも(むご)い悪意がこめられていたからである。その騒ぎに岩は裂けて高みから崩れ落ち、エスガルドゥインの滝を埋めた。*1

カルハロスは毒牙によってフアンと、シンゴルを庇ったベレンに致命傷を与えたが、最後はフアンとの闘いに敗れて倒された。マブルングはカルハロスの腹を裂き、ほとんど焼き尽くされた腸の中から、無傷のベレンの手に包まれたシルマリルを回収した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • よくベレンは手だけですんだと思う。こいつと対等に渡り合ったフアンも相当でかかったのか? -- エグゼクター
    • 下手すれば、シルマリルごと丸呑み。 -- けつ 2010-12-28 (火) 18:55:22
    • 反対に(シルマリルを飲み込む前は)ベレンの手を飲み込めるぐらいの大きさしかなかったのかもしれない(その後はわからないが) -- 2014-04-03 (木) 14:46:44
      • だとするとアングバンドって考えられている程の大きさではないってことになるね -- 2014-04-03 (木) 16:28:52
  • フェンリル? -- 2010-06-03 (木) 22:53:11
    • なるほど。フェンリルもテュールの腕食いちぎってますからね(理由は違えど -- 2010-12-29 (水) 15:31:38
  • フアンは多分『怒りに膨れ上がる』ことができたんだと思う。ビヨルンみたいに五、六倍以上に -- 2013-07-30 (火) 02:10:27
    • ふえるフアンちゃん -- 2013-07-30 (火) 23:55:24
      • フアンは猟犬でなくてワカメだったのか…… -- 2013-07-31 (水) 16:41:06
  • ふぁーーーーーーー -- 2013-08-01 (木) 07:33:02
  • モルゴス「ほーらたーんとお食べ」 -- 2015-03-07 (土) 23:03:29
  • 語感的にケルベロスを連想する -- 2015-03-10 (火) 02:38:04
    • ていうかまんまやろ -- 2020-03-13 (金) 06:19:40
  • 狼の強さは、シルマリルを飲んだカルハロス>巨狼サウロン>普通のカルハロス>ドラウグルイン>その他の巨狼 ですかね。 -- 2015-03-11 (水) 21:21:01
    • そうですねえ。HoME3のThe Lays of Beleriandに、『(狼狩りの)一行は、運命またはシルマリルの力でドリアスに乱入した、カルハロスの猛襲に行き遭った』という一文があるのでシルマリルを飲んだカルハロス>普通のカルハロスの可能性は高いです。また普通のカルハロスがサウロンより強いのなら、フアンを斃すために巨狼に変じたサウロンは、アングバンドの門番をしているカルハロスの存在を知らなかったという事になります。モルゴスの副官たる彼がカルハロスを知らないとはちょっと考え難いです。トル・イン・ガウアホスの一件以降に産まれて成長したのなら、サウロンがカルハロスを知らないという解釈も成り立ちますが、ベレンとルーシエンがそれ程長期間にわたって二人だけの時を過ごしていたとは考えられませんし。その辺考えるとだいたいその順番で合ってるんじゃないですかね。 -- 2015-05-18 (月) 23:48:42
    • ただ海外サイトのトールキニストの中には別の解釈をされる方もいます。フアンの「最大の狼の前に斃れる」という予言ですが、これは種族的に本物の狼のこと(原文だとtrue wolfだとかpure wolfだとか書いてました)なのではないか、サウロンはあくまで狼に変じただけのマイアだから敗北したのでは?と言った内容でした。実際、メリアンはエルフの姿を取っていましたが、彼女はエルフか?と問われればマイアでしょう。ですが、彼女の娘は(マイアの血が入っていますが)エルフになります。ドラウグルインとカルハロスも似たようなものでしょう。この意見が正しいとするならば、サウロンはモルゴス配下の中で最強のものという設定が、カルハロスとフアンの件で矛盾が生ずるのを上手く解消できることになります。 -- 2015-05-19 (火) 00:03:26
      • 普通の状態でも巨狼サウロンよりは強かっただろ。あの人第一紀は知将(笑)指輪で強くなった後も冥王(笑)で親しまれるくらいだし。案外、並のマイアに匹敵したのかもしれない -- 2015-05-18 (月) 22:50:27
      • 普通の状態でも巨狼サウロンより強かったと取れる箇所は文中にないでしょう。確実に言えるのはシルマリル飲み込んだカルハロスによってフアンは斃れたのだから、シルマリルを飲んだカルハロス>巨狼サウロンだけです。 -- 2015-05-18 (月) 23:00:12
      • そう思ってるのはキミだけかもしれないよ>あの人第一紀は知将(笑)指輪で強くなった後も冥王(笑)で親しまれるくらい -- 2015-05-18 (月) 23:03:26
      • ↑↑↑カルハロスって普通の状態だと半マイアの血を発揮したルーシエンに眠らされる程度だぞ。 -- 2017-02-20 (月) 17:17:06
      • (笑)かどうかは兎も角、巨狼サウロンより平常カルハロスのが上だと思う。サウロンは武闘派じゃなく知略キャラなのを抜きにしても、アングバンドの門番を任せるくらいの強さがカルハロスにはあったという事だし -- 2020-08-25 (火) 17:40:06
      • ↑じゃあ狼に変身してフアンに挑んだサウロンバカじゃん、カルハロスのほうが強いのなら勝ち目ないんだから。 -- 2020-08-25 (火) 18:42:20
      • 全然バカじゃないでしょ。サウロンの事だから当然ご主人の愛犬ならぬ愛狼カルハロスの存在は知っていたでしょうが、例え予言通りカルハロスの牙でフアンが倒れたとしても、アングバンドの門前までベレン一行を通してしまった時点で、彼の領土管理責任がモルゴスに問われても仕方ないと思われます。それを防ぐために自ら予言を成就させようとするサウロンにはご主人への忠誠心や功名心、後にはあまり見られなくなるおふざけじみたノリも感じますが。 -- 2020-08-25 (火) 18:59:53
      • じゃあサウロンがモルゴス配下で最強のものとされているシルマリルの文はどうなるんだ? -- 2020-08-25 (火) 19:08:13
      • サウロンは間違いなくモルゴス陣営で最強の者でしょうが、その「最強」というのは戦闘における全てが他の同胞たちに抜きんでている、というドラクエのようなわかりやすい強さではないでしょう。彼はモルゴスの偉大な副官であって、剣や牙や暴力だけが彼の武器なのではありません。 -- 2020-08-25 (火) 22:01:06
      • 言いたいことはまあわかったけど俺には2015-05-18 (月) 23:48:42や2015-05-19 (火) 00:03:26の方が説得力あるように思えるね -- 2020-08-25 (火) 23:13:08
      • ↑すげえ悲しいレスだな -- 2020-08-26 (水) 00:12:34
      • サウロンは”フアンの予言を自分で成就させることを思いついた”のに、平常時カルハロスのほうがサウロンより強大だったらおかしいだろ。 -- 2021-02-15 (月) 20:23:16
      • そういや巨狼になった時のサウロンって魔術使えんのかな。攻撃力と俊敏性が上昇するかわりに魔術使えなくなるとかならサウロンぱねえよ。(術とかなきゃならんから、完全に巨狼にはなりきらないんだろうが) -- 2021-02-15 (月) 20:46:13
  • スケールが違いますな。やはり第一紀の時代も映像化してもらいたい・・・。 -- 2016-06-03 (金) 23:23:45
    • PJ以外にね -- 2016-06-04 (土) 02:41:37
      • そしてもっとひどくなる、かも。 -- 2017-02-21 (火) 02:35:38
  • しかし、カルハロスがアングバンドのあらゆる穴に入れなくなるまで大きくなった事、奴の使命は門番である事、モルゴスが手ずから生き餌で育てた事。 これらの事実から、①カルハロスはモルゴスの玉座やアングバンド最奥部で育ち、大きくなると外に連れて行かれた ②モルゴスが毎日えっちらおっちら入り口まで自ら餌を運んだ どちらかの形でアングバンドの門番となったはず。 うーん、どちらもなんか間抜けだなぁ。「カルちゃん、そろそろ大っきしたからお外に出ようねぇ」「ワン!」or「(おい、カルハロスの奴いい歳してまだモルゴス様に飯運んでもらってるよ...)」「(ヒキニートかよ笑)」みたいなやり取りを想像してしまった。 -- 2020-03-13 (金) 18:57:50
  • 生き餌ってやっぱオーク?言う事聞いた時のご褒美が人間やエルフ?うーん考えたくないなあ。 -- 2021-02-15 (月) 07:52:57
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: