カスタミア

概要

カテゴリー人名
スペルCastamir
その他の呼び名(さん)(だつ)者カスタミア(Castamir the Usurper)
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1259)~†1447年(享年188)
不明(祖父はカリメフタール
不明(曾孫にアンガマイテサンガヒャンド

解説

ゴンドールの王
第21代
エルダカール
1432~1437
第22代
簒奪者カスタミア
第三紀1437~1447年(10年間)
第21代(復位)
エルダカール
1447~1490

カリメフタールの孫。ゴンドール同族の争いにおける反エルダカール派の指導者。

王位に最も近い人物であり、ゴンドール海軍の総指揮官として沿岸地方とペラルギアおよびウンバールに多数の支持者を擁していた。そのため北国人を母に持つエルダカールが1432年にゴンドールの王位を継ぐと、これに反発する勢力の最有力者となり、1437年にオスギリアスを包囲攻撃してエルダカールを放逐、王位を簒奪した(22代目の王)。
だがそれに前後して残虐な本性をあらわにし、捕らえたエルダカールの息子オルネンディルを処刑したことをはじめオスギリアスで不必要な殺戮と破壊を行う。さらに陸の国土よりも艦隊のことに興味を持っていたようで、王都をオスギリアスからペラルギアに移そうとした。
こうした行状から内陸部のドゥーネダインの支持を失い、ロヴァニオンに亡命したエルダカールが蜂起すると多数の民がエルダカールの許に馳せ参じる結果となる。王位簒奪から10年後の1447年、レベンニンエルイの渡しで行われた大合戦において、カスタミアはエルダカールによって討ち取られた(同族の争い)。

しかしカスタミアの息子達は海軍力を掌握していたためにペラルギアで持ちこたえ、やがて叛徒を糾合するとウンバールに逃げ込んで王権に対抗する勢力を打ち立てた。以後ウンバールはゴンドールに敵対する勢力の拠点となり、長らくゴンドールの沿岸を悩ました。
1634年にはカスタミアの曾孫アンガマイテサンガヒャンドミナルディルを殺害した。だが1810年にテルメフタールウンバールを奪取した時に、カスタミアの子孫は死に絶えた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 権力を持った人間の私欲の行いが後々まで禍根を残す典型的な例。 -- 2011-03-25 (金) 06:25:26
  • 前のヌーメノールでもこのような血を流す簒奪行為は、最後まで行われなかったのに。 最後の堕落しきったヌーメノール人よりもはるかに性質が悪い。 サウロンが知ったら仲間同士、殺しあっていると喜ぶ以上にあきれる事だろう。 -- 2011-03-27 (日) 08:54:47
    • 忠実なるエレンディルの子孫にこんな外道が産まれたのか不思議に思う。 それだけ、人間は堕落し易いのだろう。 -- 2012-02-15 (水) 03:58:32
    • 最後の黄金王の簒奪行為もあったがこんな殺戮行為は無かったな。 -- 2018-02-23 (金) 09:19:13
  • オスギリアスの都を廃墟にしてくれた御仁。 おかげで指輪物語の時代では、モルドールとの争奪戦を繰り広げる羽目に。 後世にまで禍根を残してありがとさんよ!! -- けつ 2011-04-24 (日) 17:00:43
  • 名前からしてカス -- 2013-10-09 (水) 06:12:37
    • 某ゲームの味方の司令官が、この名前だった。ある意味ネタバレ -- 2017-10-16 (月) 14:20:18
    • もっと、まともな名前が無かったのか? -- 2018-02-23 (金) 08:52:46
  • この簒奪、ゲスすぎてサウロンの手引きを疑いたくなる。 -- 2018-04-06 (金) 22:32:25
    • むしろサウロンすら予想できないでしょうね、あまりに愚劣すぎて。 -- 2021-02-01 (月) 12:34:05
    • 簒奪時や後の行動で大きな禍根を残したのは間違いなく事実ですが、簒奪の挙そのものは史上ありがちな経緯で、とりたててどうこう言うほどのものではないと思います。血筋の正統性や海軍総指揮官としてのキャリアからくる求心力は確かにあったでしょうし、一応は王を称するとは言えドゥーネダインでない異民族の血が混じっていることは、君主の正統性を傷つける大きなマイナス点になりえます(現代世界の君主家ですら「貴賤結婚」は(場合によっては貴族相手でも相手の格が低ければ)継承権を失うことがあります。イギリスでは数年前までカトリックと結婚すると王位継承権を失いましたし、いまだにカトリックには王位継承権がありません)。こと、ドゥーネダインは寿命という極めて重要な点で他と違う民族になっていますから尚更です。 -- 2021-02-01 (月) 15:33:02
      • 仰るように、簒奪そのものはさして問題視されてないと思うよ。原書でもここでも。善政なら禅譲、悪政なら簒奪とされるのが歴史の常さ(笑)。カスタミアは歴史や現実世界にもちょくちょくいる、一族や部下でいるうちは有能な人物でいられたけど一国の主になるととたんにその器ではない事が露呈する(利害調整が出来なかったり人格的欠如が露骨だったり、人に使われてナンボの才能しかなかったりな)パターンだよね。 -- 2021-02-01 (月) 15:57:03
  • 少し離れた話になるが、キリオンがエオルの援助に感謝しローハンに深い信頼を持ったのには、ヌーメノール内にもこういった男がいたからなのかなと思う -- 2018-10-27 (土) 22:27:27
  • 王都をオスギリアスからペラルギアに移そうとした、には初見時にかなり吹いた。お前何がしたいんだ。 -- 2021-02-01 (月) 08:15:36
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: