カイア・アンドロス

概要

カテゴリー地名
スペルCair Andros

解説

シンダール語で「長き水沫(みなわ)の船(ship of long-foam)」の意。ミナス・ティリスの北東、アンドゥインの流れの中に横たわる、南北に細長い島。島の形状が大きな船に似て、高い船首のような尖った北側の岩角にアンドゥインが水沫となって砕けることからこの名が付いた。
島の対岸(東のイシリアン側)にコルマルレンの野がある。

オスギリアスと同様にアンドゥインの渡河点であり、戦略上の要衝としてゴンドールの駐屯部隊が置かれていた。

指輪戦争でのカイア・アンドロス

第三紀3019年3月10日に、カイア・アンドロスは黒門から出撃したオーク東夷の大軍によって奪われた。彼らはそのままアノリアンへ侵入し、ローハン軍を遮断すべくドルーアダンの森周辺の西街道に展開した。そのためローハン軍はドルーエダインの協力で石車谷を抜けてペレンノール野へ進軍した。
ペレンノール野の合戦の後、アノリアンにいたオークと東夷の軍勢はペレンノール野へ向かってきたが、西街道でエルフヘルム率いる3000騎のローハン軍主力に迎撃され、カイア・アンドロスへ撤退した。

3月23日に黒門へ向かう西軍が北イシリアンを抜けてモランノンの荒廃地に入った際、アラゴルン二世モルドール軍との戦いに気後れしている者を軍勢から去らせ、代わりにカイア・アンドロスの奪取と死守を命じた。島がいつ攻略されたは不明だが、サウロン消滅後に早馬の使者が島からミナス・ティリスに来た。その後コルマルレンの野で栄誉礼を執り行うための物資がオスギリアスからアンドゥインを船で遡り、カイア・アンドロスへ運ばれた(メリアドク・ブランディバックはこれに同行したが、エオウィンは兄エオメルの求めに応じず、療病院に留まった)。

4月8日に島の対岸のコルマルレンの野で栄誉礼が行われた。その後、一行は5月1日のエレスサール王の戴冠式のために、カイア・アンドロスから船でアンドゥインを下り、オスギリアスからペレンノール野へ向かった。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるカイア・アンドロス(アンドゥイン川上側) 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるカイア・アンドロス(北側から見た風景で、右手はペレンノール、左手はイシリアン)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画で見てみたかった場所のひとつ。 -- 2015-11-25 (水) 11:26:43
  • モルドールが怖くて軍勢から去った者達も、ちゃんとこちらで役目を果たしていたんだな。 -- 2017-10-18 (水) 07:23:55
お名前:

添付ファイル: fileScreenShot00570.jpg 514件 [詳細] fileScreenShot00573.jpg 414件 [詳細]
Last-modified: