オーク

概要

カテゴリー種族
スペルOrc(単) / Orcs(複)*1
その他の呼び名ゴブリン、イルフ(yrch)*2、グラムホス(Glamhoth)*3、ゴルグン(gorgûn)

解説

星々の時代メルコール(モルゴス)が自らの奴隷とするために、捕らえたエルフを堕落させて作った存在であるとも、エルフや人間を真似て作り上げた存在であるとも言われる種族*4
以来オークはイルーヴァタールの子らの醜いまがい、冥王の主だった下僕として、自由の民のもっとも忌まわしい敵となった。

(『追補編』によると)オークという言葉はローハン語に由来し、そのまま西方語の言葉として使われるようになった。シンダール語ではイルフ、またはグラムホスと呼ばれ、野人にはゴルグンと呼ばれた。暗黒語ではウルクと呼ばれるが、この語は主に第三紀に現れた大型の兵隊オークを指す。

オークに相当する英語はゴブリンだが、その語は『ホビットの冒険』に多用されているのみで、『指輪物語』などではあまり使われていない。

特徴

外見

醜く恐ろしい風貌をしている*5。肌の色は浅黒や黒または土気色。吊り目で、牙や鉤爪を持つ。体格は概して人間エルフに比べて劣っているが、人間やエルフと遜色のない大柄な者もいる(ウルク=ハイ)。血は赤くなく黒い。

能力

暗闇を見通す目と、犬のように利く鼻を持つ。大股で独特の走り方をし、大柄な者でも狭い洞窟内部を屈んだ姿勢のまま素早く走れる。体格は他種族に劣るが、力の強さや足の速さは侮れない。
普通の生物と同じように繁殖して数を増やすことができる。寿命の有無は不明瞭だが、暴力的な生涯のために全うすることは滅多にない。
太陽の光を忌み嫌い、その下では疲弊する。
知識は高くなくても知能は決して低くなく、奸智が働き、悪意でもってはかりごとを行う。しかし意志の力は弱いため、不利な状況や相手の覇気に気圧されると恐慌状態に陥ることが多い。ただし執念深さも併せ持っており、敵に対しては執拗に追撃を行って復讐を遂げようとする。

文明・文化

好戦的で、しょっちゅう争いに身を置いている。農耕や狩猟より略奪を好み、捕らえた捕虜や奴隷に労働を行わせる。機械仕掛けの類を好み、戦争のための兵器や、労働を軽減する装置を編み出すことができる。しかし基本的には独自の文化を持つというより、他種族の文化をオーク流に捻じ曲げて用いることが多い。
オーク特有の武器として弓なりに湾曲した三日月刀と黒い羽根の矢が挙げられる。オークの刃や矢には毒が塗られている場合が多い。強行軍に役立つ強壮酒や、効能の素早い傷薬など彼らなりに優れた技術も持つが、それらは不快であったり傷跡が残ったりと忌まわしいものである。
オークのみでは大きな国家というものは作らず、部族単位で力によって支配された集団を作るが、冥王の意志に隷属しているため、その下では統制された大集団を作る。ただしその中でも小規模な内紛は日常茶飯事のようである。

住居

洞窟を自分達で拡張した地下都市や、他種族から奪った砦などに住む。ドワーフの住居を奪うこともある。掘削の技能は高く、洞窟に彼らなりの改良を施す。

歴史

星々の時代、目覚めたエルフの存在を察知したメルコール(モルゴス)が、ウトゥムノの地下牢深くで生み出した種族だと言われている。
オークの存在がエルフ達に初めて知られたのは星々の時代も末期になってからで、主人が帰還する気配に呼応するように中つ国の東方に出没して自由の民を恐れさせた。太陽第一紀にモルゴスが中つ国に帰還してからは、アングバンドに君臨するモルゴスの主要な手勢としてベレリアンドのエルフの諸侯や人間(エダイン)の諸族と戦った。怒りの戦いでは、ヴァリノールの軍勢にほとんどが滅ぼされたが、少数が遁れて生き残った。
第二紀以降は、モルゴスの跡を継いだサウロンに支配され、その下で再び数を増やしたが、サウロンが最後の同盟に敗北すると小さな集団ごとにばらばらになる。だが第三紀にサウロンが蘇ると、再び彼の意志の下で働くようになった。
モルドールより送り込まれたオーク達は、廃墟となっていたモリアを占拠し、また霧ふり山脈の山道沿いにいくつも拠点を設けて、ロヴァニオンエリアドールの通行を妨げた。それらの拠点は2793年から97年にかけてのドワーフとの戦争によってほとんどが滅ぼされた。さらに2941年の五軍の合戦によって、北方に残っていたオークの大部分も殲滅される。
しかし指輪戦争の頃には、モルドールに戻ったサウロンの支配の下で勢いを盛り返しつつあった。一部はサルマンに取り込まれ、アイゼンガルドの手勢としても働いた。

氏族

ウルク=ハイ第三紀モルドールアイゼンガルドより現れた戦闘用のオークであり、通常のオークよりも大柄で、太陽の光に耐性があった。小型のオークは特にウルクよりスナガ(奴隷)と呼ばれた。
ウルク=ハイのような大柄の兵隊オークがいる一方で、小柄な種族には匂いの追跡に特化した鼻を持つ者がいるなど、役割によっても外見や身体能力が異なるようである。

言語

オーク語は他種族の言葉をオークが借用して捻じ曲げたものであり、方言が数多く、部族が違えばほとんど通じなかった。そのため第三紀には、オークは部族間の意思疎通のために崩れた西方語を用いた。
暗黒語サウロンがオークをはじめとした配下らの共通語となるように考案したものだが、結局は成功せず、語彙などがオーク語に取り込まれるに留まった。ただしバラド=ドゥーアのオークには崩れた暗黒語を話せる者もいた。

偏見

エルフを憎み、極度に恐れる。他の種族の全て(あるいは自分の種族も)を憎み、蔑んでいる。主人である冥王も憎んでいるが、その力に抗うことができないため、恐れながら付き従う。アイゼンガルドのオークはサルマンに従属している。
とは利害が一致した場合は協力して行動することがある。

登場するオークの名(ウルクも含む)

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モリアのオーク、アイゼンガルドのオーク、モルドールのオークはそれぞれ異なるコンセプトの元に、姿が異なるようデザインされている。
モリアでのマザルブルの間のように、知能が低いトロルをオークが利用しているようすも描かれている。

登場するオーク(ウルクも含む)

映画オリジナルのオークは太字で示す。

グッズ

映画『ホビット』における設定

原作ではゴブリンの呼称が使われていたが、映画ではグンダバド出身のオークとしてアゾグとその配下などがオークの名で登場。ゴブリン町のゴブリンとは、デザインなどでも差別化が図られている。
五軍の合戦では投石機を運ばせたり、スタンピーなどのように直接操って暴れさせたりするなど、オークがトロルを使役している様子が『ロード・オブ・ザ・リング』よりもさらに描かれている。

一部のシーンを除き、会話には一貫してオーク語を使っている。

登場するオーク(ゴブリンも含む)

映画オリジナルのオークは太字で示す。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 星々の時代にメルコール(モルゴス)が自らの奴隷とするために、捕らえたエルフを堕落させて作った存在であるとも、エルフや人間を真似て作り上げた存在であるとも言われる種族*4。←イラストで耳がエルフと同じく木の葉耳になってるパターンが元エルフとして書いてると思うけどね 映画とかシャドウオブウォーのアーカイブじゃ元エルフは断定扱いしてた -- 2019-12-04 (水) 11:39:23
  • 太陽の光を忌み嫌い、その下では疲弊する←コレ ハラド地域では致命的ではないかな ウルクに改良する前は夜間しか野外活動できないじゃん -- 2019-12-04 (水) 11:41:14
    • だからわざわざ現地の人間を味方につけようとしたんでしょ -- 2019-12-04 (水) 17:38:48
      • モルドール軍では人間とオークが顔を合わせる機会が結構あるはずだけど、オークが人間をつまみ食いするような事態は起きなかったのかね? それか違う種族の部隊が一堂に会するのはミナスティリス攻めのような例外の時だけで、普段は配属先やシフトが昼番夜番に分かれているtoka -- 2020-08-08 (土) 12:09:33
  • *1 'Orc'はトールキンの造語で、『ベーオウルフ』に登場する「怪物、魔物」を意味する古英語のorc-nass、orc=pyrsから取られた。トールキンは'Ork'とも表記している←オークが豚鼻獣人となるのは 、卓上ゲームでオークとゴブリンを種族として分離した際にOrk表記の方とPorkのダジャレから産まれた豚鼻ホブゴブリンもといウルク=ハイの外見が伝言ゲーム式に獣人になったようです -- 2019-12-04 (水) 11:46:05
    • 作者は想定してないだろうけど、とにかく醜悪な顔のわけだから中つ国にも個体によっては豚っぽい顔のもいたかもしれない -- 2020-03-27 (金) 22:48:04
      • 実写のゴスモグとか -- 2020-03-29 (日) 15:18:00
    • 原作でもウグルクが、他のオーク連中を豚野郎と罵ったり、オークの鳴き声がキィキィと豚みたいな鳴き声をあげますから、オーク=豚は満更、間違いではないかと🐷 -- 斎藤チロン 2020-03-28 (土) 03:29:03
  • 今や女騎士やエルフを※※するのに欠かせない存在になったオークだけど、原作の描写からして中つ国のオークはむしろ粗○ンだよね。ウルクはデカそうだけど -- undefined 2020-04-16 (木) 23:57:13
    • そもそもD&D的なオークってウルク=ハイ  ゴブリンがオーク -- 2020-04-17 (金) 08:44:56
  • 映画版のオークどもアゾク抜きにしてもデカ過ぎやろ オーク=ウルク=ハイみたいなのは映画的な見栄えのつもりかね 原作と違って ボルグの親衛隊みたいな切り札が映えない -- 2020-05-05 (火) 12:17:55
  • ホビットの冒険映画に出てくるオーク共は日中に出てるしウルク=ハイだと思う -- 2020-05-05 (火) 16:43:23
  • 今更ですが 作中のオーク(ゴブリン)が地下深くで歪められたエルフであるという設定は ジョージ•マクナルドの 星を知らないアイリーン おひめさまとゴブリンの物語 の作中のゴブリン実は...から影響受けて出来た設定なんですね 新世界よりの化けネズミみたいな設定だな -- 2020-06-20 (土) 22:26:26
    • 成る程、フロドが醜く歪められるとスクィーラになるのですね。 -- ? 2020-07-29 (水) 13:00:46
      • 夜狐丸じゃね? -- 。 2020-12-14 (月) 13:04:29
  • 映画「トールキン」を途中まで見てて思ったけど、オーク(ウルク=ハイら亜種も含めて)って、特定の人種がモデルだったり神話や伝承を題材にしたのでなく、トールキン青年が西部戦線の地獄絵図で味わった「あらゆる人間性の否定」としての死と殺戮をキャラクター化したものだと解釈した方が良いんじゃないか。 -- 2020-08-11 (火) 11:57:54
    • おもっくそジョージ・マクドナルドの お姫様とゴブリン王国 のゴブリンに影響受けてるぞ -- 2020-08-15 (土) 09:43:12
      • wikipediaの「ゴブリン」の節にも、トールキンが同作品を少年期に好んでたと書いてるしね。ただ、↑↑の人の書いてるのはオークの生態ではなく、トールキンがオークのオリジンとして採用した「かつては清く正しかった生き物(エルフ)が悪しき意思で歪められ、人間性を奪われた結果生まれた存在」というのが戦争体験による発想では、と言いたいのではないでしょうか。俺はそう捉えましたが、検討違いであればすみません。 -- 2020-08-15 (土) 10:51:46
      • ↑そうそう、そんな感じのことを言いたかったんです。ご理解いただけてありがたい。敵兵だけでなく自軍の兵士も「オーク」になってしまった、そんな光景をトールキンは見ていそうなんですよね。 -- 2020-08-15 (土) 14:07:27
      • 映画LotRの映像特典では「トールキンは、敵(ドイツ軍)の残虐行為も味方(イギリス軍)の残虐行為も見ているはず」と言われていますね。戦争はどんな人種、どんな国の生まれであろうと人間性を奪う -- 2020-12-16 (水) 22:51:12
  • モルゴスが中つ国にいた頃はオークは末端とはいえ、軍団に広く使われているね。 それだけ、モルゴスはオークのできばえに満足していたのだろう。 現にその頃には特にオークの改良が行われていたとの記述はないし。

    上の方のコメントだけど

してないしてない
モルゴスは無様な失敗作であるオークを内心で心底嫌悪していてアルダの制圧が成功すれば粛清して皆殺しにする気だったとトールキン本人が明かしてる

トロール含めて改良せず放置してたのも龍とか別に成功例にご熱心だったのとどうせ人間の大半が支配下の走狗で特段オークなんぞ改良する必要も無かったから -- 2021-06-05 (土) 10:02:11

  • 第四期にはもはや狩りの対象になってそう -- 2021-07-01 (木) 19:47:35
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: