オーク

概要

カテゴリー種族
スペルOrc(単) / Orcs(複)*1
その他の呼び名ゴブリン、イルフ(yrch)*2、グラムホス(Glamhoth)*3、ゴルグン(gorgûn)

解説

星々の時代メルコール(モルゴス)が自らの奴隷とするために、捕らえたエルフを堕落させて作った存在であるとも、エルフや人間を真似て作り上げた存在であるとも言われる種族*4
以来オークはイルーヴァタールの子らの醜いまがい、冥王の主だった下僕として、自由の民のもっとも忌まわしい敵となった。

(『追補編』によると)オークという言葉はローハン語に由来し、そのまま西方語の言葉として使われるようになった。シンダール語ではイルフ、またはグラムホスと呼ばれ、野人にはゴルグンと呼ばれた。暗黒語ではウルクと呼ばれるが、この語は主に第三紀に現れた大型の兵隊オークを指す。

オークに相当する英語はゴブリンだが、その語は『ホビットの冒険』に多用されているのみで、『指輪物語』などではあまり使われていない。

特徴

外見

醜く恐ろしい風貌をしている*5。肌の色は浅黒や黒または土気色。吊り目で、牙や鉤爪を持つ。体格は概して人間エルフに比べて劣っているが、人間やエルフと遜色のない大柄な者もいる(ウルク=ハイ)。血は赤くなく黒い。

能力

暗闇を見通す目と、犬のように利く鼻を持つ。大股で独特の走り方をし、大柄な者でも狭い洞窟内部を屈んだ姿勢のまま素早く走れる。体格は他種族に劣るが、力の強さや足の速さは侮れない。
普通の生物と同じように繁殖して数を増やすことができる。寿命の有無は不明瞭だが、暴力的な生涯のために全うすることは滅多にない。
太陽の光を忌み嫌い、その下では疲弊する。
知識は高くなくても知能は決して低くなく、奸智が働き、悪意でもってはかりごとを行う。しかし意志の力は弱いため、不利な状況や相手の覇気に気圧されると恐慌状態に陥ることが多い。ただし執念深さも併せ持っており、敵に対しては執拗に追撃を行って復讐を遂げようとする。

文明・文化

好戦的で、しょっちゅう争いに身を置いている。農耕や狩猟より略奪を好み、捕らえた捕虜や奴隷に労働を行わせる。機械仕掛けの類を好み、戦争のための兵器や、労働を軽減する装置を編み出すことができる。しかし基本的には独自の文化を持つというより、他種族の文化をオーク流に捻じ曲げて用いることが多い。
オーク特有の武器として弓なりに湾曲した三日月刀と黒い羽根の矢が挙げられる。オークの刃や矢には毒が塗られている場合が多い。強行軍に役立つ強壮酒や、効能の素早い傷薬など彼らなりに優れた技術も持つが、それらは不快であったり傷跡が残ったりと忌まわしいものである。
オークのみでは大きな国家というものは作らず、部族単位で力によって支配された集団を作るが、冥王の意志に隷属しているため、その下では統制された大集団を作る。ただしその中でも小規模な内紛は日常茶飯事のようである。

住居

洞窟を自分達で拡張した地下都市や、他種族から奪った砦などに住む。ドワーフの住居を奪うこともある。掘削の技能は高く、洞窟に彼らなりの改良を施す。

歴史

星々の時代、目覚めたエルフの存在を察知したメルコール(モルゴス)が、ウトゥムノの地下牢深くで生み出した種族だと言われている。
オークの存在がエルフ達に初めて知られたのは星々の時代も末期になってからで、主人が帰還する気配に呼応するように中つ国の東方に出没して自由の民を恐れさせた。太陽第一紀にモルゴスが中つ国に帰還してからは、アングバンドに君臨するモルゴスの主要な手勢としてベレリアンドのエルフの諸侯や人間(エダイン)の諸族と戦った。怒りの戦いでは、ヴァリノールの軍勢にほとんどが滅ぼされたが、少数が遁れて生き残った。
第二紀以降は、モルゴスの跡を継いだサウロンに支配され、その下で再び数を増やしたが、サウロンが最後の同盟に敗北すると小さな集団ごとにばらばらになる。だが第三紀にサウロンが蘇ると、再び彼の意志の下で働くようになった。
モルドールより送り込まれたオーク達は、廃墟となっていたモリアを占拠し、また霧ふり山脈の山道沿いにいくつも拠点を設けて、ロヴァニオンエリアドールの通行を妨げた。それらの拠点は2793年から97年にかけてのドワーフとの戦争によってほとんどが滅ぼされた。さらに2941年の五軍の合戦によって、北方に残っていたオークの大部分も殲滅される。
しかし指輪戦争の頃には、モルドールに戻ったサウロンの支配の下で勢いを盛り返しつつあった。一部はサルマンに取り込まれ、アイゼンガルドの手勢としても働いた。

氏族

ウルク=ハイ第三紀モルドールアイゼンガルドより現れた戦闘用のオークであり、通常のオークよりも大柄で、太陽の光に耐性があった。小型のオークは特にウルクよりスナガ(奴隷)と呼ばれた。
ウルク=ハイのような大柄の兵隊オークがいる一方で、小柄な種族には匂いの追跡に特化した鼻を持つ者がいるなど、役割によっても外見や身体能力が異なるようである。

言語

オーク語は他種族の言葉をオークが借用して捻じ曲げたものであり、方言が数多く、部族が違えばほとんど通じなかった。そのため第三紀には、オークは部族間の意思疎通のために崩れた西方語を用いた。
暗黒語サウロンがオークをはじめとした配下らの共通語となるように考案したものだが、結局は成功せず、語彙などがオーク語に取り込まれるに留まった。ただしバラド=ドゥーアのオークには崩れた暗黒語を話せる者もいた。

偏見

エルフを憎み、極度に恐れる。他の種族の全て(あるいは自分の種族も)を憎み、蔑んでいる。主人である冥王も憎んでいるが、その力に抗うことができないため、恐れながら付き従う。アイゼンガルドのオークはサルマンに従属している。
とは利害が一致した場合は協力して行動することがある。

登場するオークの名(ウルクも含む)

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モリアのオーク、アイゼンガルドのオーク、モルドールのオークはそれぞれ異なるコンセプトの元に、姿が異なるようデザインされている。
モリアでのマザルブルの間のように、知能が低いトロルをオークが利用しているようすも描かれている。

なお、オークの声は子供のゾウアザラシの声を加工している。

登場するオーク(ウルクも含む)

映画オリジナルのオークは太字で示す。

グッズ

映画『ホビット』における設定

原作ではゴブリンの呼称が使われていたが、映画ではグンダバド出身のオークとしてアゾグとその配下などがオークの名で登場。ゴブリン町のゴブリンとは、デザインなどでも差別化が図られている。
五軍の合戦では投石機を運ばせたり、スタンピーなどのように直接操って暴れさせたりするなど、オークがトロルを使役している様子が『ロード・オブ・ザ・リング』よりもさらに描かれている。

一部のシーンを除き、会話には一貫してオーク語を使っている。

登場するオーク(ゴブリンも含む)

映画オリジナルのオークは太字で示す。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 教授の言うように知能か低い訳ではないが愚かだからに尽きる。つまり建設的な思考回路を持たないゲェジ種族
    故に部族や集落レベル止まりで国家や文化を独自に持つことが無かった。徹頭徹尾 本質は使われる為に産み出された種族でしかない -- 2021-08-17 (火) 10:39:37
    • オーク達が独自に文明を築き繁栄出来るようだとモルゴスやサウロンに反旗を翻す可能性も十分にありますしね。
      モルゴスは失敗作だと嘆きましたが、オークにはエルやヴァラールに歯向かったヌーメノール人のような人種やフェアノールのような良くも悪くも野心のためにとんでもない事をしてしまう突出した「個人」は生まれなさそうなイメージがあります。恐怖で統率出来る指導者にはこんなに使いやすい兵隊も居ないでしょうね。 -- 2021-08-17 (火) 11:39:41
  • オークって俺たちは一括りにしてるけど、エルフドワーフ人間と比べて同種族とは言い難いくらいオークって千差万別だからなぁ…。
    同じ種族としてシンパシー感じるのは難しいのでは。
    共有できる歴史や文化がないしね。
    それに上にも書いてあるように、ほとんどのオークって自分の出自に帰属心持ってないと思うのでまとまりようがないと思うんだよなぁ。
    ただ、それは彼らをそのように生んで歪めたモルゴスやサウロンの責任だろうね。
    彼ら自身は人間やエルフ、ドワーフをその美しさや正しさ健やかさから憎んだろうが、それ以上に自分たちの呪われた運命や、その様に自分達を作った創造主を憎んでいたような気がする。 -- 2021-08-17 (火) 11:11:20
    • 他の単語のページで『人間、エルフ、オークは同じ肉体であり魂で容姿や能力が変わる』という仮説を見ましたが、
      もしオークがエルフ(人間)を堕落させ魂を捻じ曲げて作られた生物なら彼らを妬み自分自身をも嫌う理由はよく分かりますね…。
      エルフと人間、オークと人間が交配可能なのも同じ肉体を使っている同種だからという事で妙に説得力があるんですよね。
      オークは他の種族と比べても「~の息子、~の父」という記述がアゾグ親子を除いて殆どありませんし、ひょっとすると家族愛も殆ど無いのかもしれません。
      同じオークという種族でも共通語以外では会話出来ない事もそうですが、数が多くても仲間意識を持てない事が戦争の際には致命的なんでしょうね。 -- 2021-08-17 (火) 11:31:39
  • 「オークは元々エルフと同じ種族だった」という説が事実なら、元々エルフだった彼らの繁殖力がエルフと違い極めて高いのは何故なのでしょう?エルフがオークへ堕落させられた際生殖能力は極めて高くなるように改造を加えられたのでしょうか。これまで明確に「女性」と断定されたオークが登場していない事もあって、気になります…。 -- 2021-08-21 (土) 10:09:35
  • 繁殖鉱って所に女子供と一緒に押し込めてるみたいよ ヤリ部屋? -- 2021-08-21 (土) 19:35:57
    • ゴブスレみたい -- 2021-09-02 (木) 23:37:25
  • この世界のオークたちは他とは違って「クソっ、殺せ!」と言えば願い通り殺してくれるから優しいよね。ん、ケレブリアン?誰だっけ(棒) -- 2021-09-09 (木) 23:07:56
    • しかしもしかしたら描かれていないだけで他種族の女性を嬲り物にしているオークも居るかもしれませんね…人間とオークの混血がそれなりに居る所が、オークには人型の他種族を辱める事も可能という証明になりますし。 -- 2021-09-10 (金) 05:29:38
      • エルフはともかく人間とのハーフは確実にいるって教授も書いてるしね -- 2021-09-10 (金) 09:19:22
    • しかし疑問なんだが、よく聞く設定の「人間やエルフを凌辱するオークやゴブリン」って本当にオークやゴブリンは俺たちでいう美人に興奮すんのかね。
      美的感覚や異性に求める要素とか絶対違うはずだよな。
      憎たらしい相手を辱めたい、って意味以外では人間もエルフもオークより繁殖力に劣るし繁殖相手としては落第だよね。 -- 2021-09-10 (金) 09:53:26
      • ある種専門の神官や術師がいて、薬とか呪文でトランス状態を作り出してるんじゃないかな。異種間の交雑は自発的なものじゃなくて儀式的・機械的な行為なのかも -- 2021-09-10 (金) 18:19:55
      • 人間側は冥王を信奉するカルト教団が随所にいて、信徒の女が身を差し出してたり..... -- 2021-09-10 (金) 18:22:15
      • 女だけとは限らないか.....(・・;) -- 2021-09-10 (金) 18:23:42
      • 映画二作目に登場したウルク=ハイは一種のトランス状態になっているという話なので人間を交配する時だけトランス状態になるオークは居るかもしれませんね。彼らは人肉も食しますが、ゾンビのような怪物ではなく案外「人間臭い」面も原作小説などで描かれていますし。 -- 2021-09-11 (土) 02:28:10
      • 上で描写されてる様なめんどくさい事は実際にはないでしょうね。
        コストがかかりすぎる。
        半オークやウルク=ハイが性交による混血で生まれたかは定かではありませんが、普通に買値がつかない様な醜い奴隷を買ってきて、オーク達にはオーク酒飲ませて終わりでしょうね。
        すごい嫌な言い方で気分悪くなりますが、妊娠するオナホくらいの勢いでしょう。
        まあ俺は性交によるウルク製造は効率悪すぎるので否定派ですが。 -- 2021-09-11 (土) 09:43:02
      • 数百年スパンの計画を実行する闇陣営だから、それと人間一世代の長さを比較すれば言うほどコスト高でもないぞ。
        50人もいれば氏族として成立するから100年もあれば呪術的な手法でそれぐらいの数は揃えられるだろう。後は血が薄れてきた頃合いを見計らって不定期に交配させればいい。
        ちなみにこれは半オークの事ね。ウルクとは別の種族という前提での話 -- 2021-09-14 (火) 20:18:01
      • そこまでして生産するほどか?半オーク。
        言うほどコスト高ではない、って言ってもコスト高にしか見えん。
        リターンがないもん。
        計画的ではなくて試験的や偶発的に生まれた存在でしょ。 -- 2021-09-14 (火) 20:22:32
      • モルゴス時代の奴らは等しく奴隷な人間とオークの距離が近かった故だろうしサルマンの方はウルク=ハイ研究過程での単なる副産物だろうね -- 2021-09-14 (火) 21:35:20
      • >計画的ではなくて試験的や偶発的に
        そのつもりで論じたんだけど.....半オーク。始まりはそういう事なんじゃって -- 2021-09-15 (水) 00:33:03
      • すまん、どこらへんでそう語ってる?
        少なくとも俺にはそう読み取れる部分なかった。 -- 2021-09-15 (水) 03:13:51
      • 分からんならいい。がっかりだよ -- 2021-09-15 (水) 23:49:02
      • 意固地になりすぎ。 -- 2021-09-16 (木) 00:32:58
      • HOME 10巻 モルゴスリングにおける記述じゃねーの? -- 2021-09-16 (木) 10:15:39

      • どれに対してのコメント? -- 2021-09-16 (木) 12:46:55
  • エルフ達に対する憎しみに美しさへの嫉妬のようなものがあるので案外美醜の感覚はそう離れていなのかね
    ⭕️トールキンのオーク族のモデルになった『お姫様とゴブリン』って作中のゴブリン(元人間達、何気にやんわりと進化論にも振れてる作品)の王子に見初められた王女アイリーンを少年が守る物語だし -- 2021-09-10 (金) 20:56:13
    • あなたその話題好きだなぁ。 -- 2021-09-10 (金) 22:06:16
      • 『ベイオウルフ』と『王女とゴブリン』はトールキンに影響与えた作品として欠かせないだろ 作中の怪物が既存の生物を弄くり回してできたとかもここがネタ元だし -- 2021-09-10 (金) 22:40:39
  • 昔は『(別にレイシスト的な意味でも反ユーロパ的な意味でもなく)白人的価値の美は等しく普遍的なもの』という価値観が当たり前だったんだろうね。
    キング=コングとかもそーだしさ。冷静に考えたら人種や造形が全く異なるゴブリンやゴリラが白人の美女に興奮するっておかしいけど、まあそこまで想像が至らないのは仕方ないかと。 -- 2021-09-14 (火) 22:08:47
    • だからな元人間あるいはエルフじゃねーか
      今のRPG的なゴブリン(オーク)の元になった古典のゴブリン -- 2021-09-16 (木) 10:14:38
      • →だからな元人間あるいはエルフじゃねーか
         今のRPG的なゴブリン(オーク)の元になった古典のゴブリン
        だからな?
        主語は何?
        古典のゴブリンがどうしたって?
        これって何が言いたくて書いた文なのかわからない。
        誰か通訳希望。 -- 2021-09-16 (木) 10:59:04
      • 別に本来の美醜感覚はエルフや人間のものでもおかしくはないだろ -- 2021-09-16 (木) 12:36:12
      • 別に本来の美醜感覚はエルフや人間のものでもおかしくはないだろ -- 2021-09-16 (木) 12:36:26
      • 言う程、別種族でもない -- 2021-09-16 (木) 12:39:50
      • 横からだが少しは落ち着いて書いたらどうかな。別にディベートやってんじゃないんだからさ。
        一度コメント欄編集して直したら? -- 2021-09-16 (木) 12:51:01
  • 話ズレるけど例えば日本人の今の美醜感覚がマジで白人由来だとか思ってる人達がいるが 幕末の色男と言われる人間の写真やら当時の美形の復元図は今と大して変わらんのよな 。美醜の感覚は少なくともユーラシア単位ではそう大きな大差ないんだわ だったらモンゴル人やら古トルコ人のモンゴロイド族がコーカソイド地域で混血もしていかんよ(北アフリカもそうかな) -- 2021-09-16 (木) 10:19:52
    • というか現代日本で美形美人とされる人ですら、例えばアメリカで考える美とは大きくかけ離れた物だったりする。
      その逆もまたしかり。(少し前にネットでポカホンタスとか揶揄された現象あったが、あれは長期の留学経験や若年時代の駐在経験ある人ならみんな頷くと思う)
      美醜で言うと美よりも醜さの方が普遍性はあると言えるのかな。 -- 2021-09-16 (木) 12:55:06
  • オークの寿命ってどれくらいだったんだろうか -- 2021-09-28 (火) 17:30:23
    • 寿命って概念がなさそうだよね。
      元はエルフだから長いのか、繁殖力と引き換えに長寿を失ったのかは分からんが、いずれにしろ運良く長生きした個体も加老で体の動きが鈍った時点で他のオークから殺されそうだし。 -- 2021-09-28 (火) 17:55:24
      • 元がエルフなら加齢による老化も無さそうですがどうなんでしょうね。 -- 2021-09-28 (火) 20:53:11
      • 教授も言ってるが本来の寿命はかなり長大だが
        暴力的な性質ゆえに殆どがその寿命を全うしないだぞ -- 2021-09-29 (水) 11:51:04
  • オーク女が一匹も出てこないのが残念
    出てきてもオーク男と区別は付かないだろうが -- 2021-11-18 (木) 20:10:17
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: