オロカルニ

概要

カテゴリー地名
スペルOrocarni
その他の呼び名東の山脈(Mountains of the East)

解説

クウェンヤで「赤の山脈(Red Mountains)」の意。中つ国の東の奥地にある山脈。この山脈の西にクイヴィエーネンがあった。
物語の舞台となる中つ国北西部から遠く離れているため、地図上に存在が記されている事以外、トールキンによる詳しい情報はほとんど無い。

Iron Crown Enterprisesによる設定

シンダール語でエレド・ケレン(Ered Ceren)とも呼ばれる。ドワーフ七氏族を構成するドルインの一族とバルインの一族の根拠地。
山脈の東側は遠リューンであり、第二位のナズグールであるハムールが王だった国ウォマワス・ドラスや、第三位のナズグールであるドワルの出身地ワウの島と彼の征服した国ロカス=ドラスがある。

画像

Orocarni.jpg

ゲーム『シャドウ・オブ・モルドール』における設定

ドワーフの狩人トルビンとその兄ゴルビンの出身地として言及されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヒマラヤ山脈!? -- ホビット 2008-09-28 (日) 14:38:36
  • エルダールと殆ど無縁の土地なのにシンダール語ではなくクウェンヤの名前が付けられてるのが不思議。 -- 2019-07-09 (火) 20:13:42
    • シンダール語はクウェンヤから派生した言語なのですよ。もともと全てのエルフはクウェンヤ(の祖語)を話していたのです。この山脈にクウェンヤの名があるのは、おそらくエルダールの伝承でずっと存在が伝えられていたのでしょう。 -- 2019-07-10 (水) 17:55:55
  • この山脈の東側なら、サウロンの息が掛かってない自由の民の避難場所が指輪戦争時点でも残ってる可能性も -- 2021-08-03 (火) 01:25:24
  • ナズグルの出身地があるのできついかも。 -- 2021-08-03 (火) 08:34:29
  • リューンの項でも書いたけど、これがヒマラヤやウラル山脈の原型なら、地図上でオロカルニの東側にある土地だけだと現代のシベリアや東アジアには足りないんだな。どこかのタイミングで陸地が広がったのか、それは何時なのか..... -- 2021-08-31 (火) 02:01:16
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileschermata-2013-12-12-a-17-42-04.png 389件 [詳細] fileOrocarni.jpg 931件 [詳細]
Last-modified: