オルクリスト

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルOrcrist
その他の呼び名ゴブリン退治(Goblin-cleaver)、かみつき丸(Biter)

解説

シンダール語ゴブリン退治の意*1。『ホビットの冒険』においてトーリン二世が手に入れたエルフの名剣。
上古ゴンドリンで鍛えられた剣であり、オークゴブリン)が近くにいると刃が青白く輝いて警告を発する。柄には宝石があしらわれ、鞘も美しい作りになっている。ガンダルフグラムドリングと対になっている。

エレボールへの遠征途上、トーリンとその仲間トロルの森トロルの岩屋を調べた際、貯蔵品の中からグラムドリングつらぬき丸と共に発見された。そこでトーリンが自らの剣として選び出し、身に帯びるようになった。
裂け谷で剣を鑑定したエルロンドは、ルーン文字で刻まれていたオルクリストの名を「ゴブリン退治」と訳した。
ゴブリン町ゴブリンには、かつてのゴブリン戦争で大勢のゴブリンを屠った剣として知られていた。彼らはこの剣をかみつき丸と呼び、その所持者を含めて強く憎んでいた。

トーリンが闇の森の王国で虜囚となった時、この剣は取り上げられたが、五軍の合戦の後、エルフ王(スランドゥイル)によってトーリンの墓所に安置された。それ以降、オークが近づくと剣が警告を発するため、山の下の王国は敵に奇襲されることがなくなったという。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

裂け谷ビルボが執筆している赤表紙本に、オルクリストとグラムドリングのイラストが描かれている。

映画『ホビット』における設定

『思いがけない冒険』で原作と同様、入手の経緯が描かれている。
映画におけるグラムドリングの設定と同じく、オークが近くにいても光らない。

ゴンドリンにおいて、エクセリオンが使っていた剣という設定でデザインされている*2。柄はの牙が使われているという設定もあり、その由来に合わせたシンダール語の銘がアンゲアサス・ダイロンで鍔と刀身と鞘に彫られている。

orkhrist
nagol elyg
hyrn o gorw ithluig / ui ni madweg a suig

『竜に奪われた王国』では、闇の森にてトーリンからレゴラスが取り上げた後、レゴラスがエスガロスボルグと戦うときに使っているのが確認できる。
『決戦のゆくえ』でも、ボルグと戦うのにレゴラスが使っていたが、トーリンを襲おうとしていたオークに対し、レゴラスはオルクリストを投げつけて助ける。短剣以外の武器を失っていたトーリンは、このオルクリストを手にとってアゾグと戦っている。

画像

オルクリスト

グッズ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 真・女神転生というゲームで、オルクリストという表記が見受けられて驚いた。他のファンタジー系ゲームでも結構あるのかしら。やっぱりロード・オブ・ザ・リングは偉大ですなぁ。 -- 2016-04-25 (月) 22:18:49
    • 恐れ多くもマンウェの名を冠したヴァルマンウェという剣も某PSゲームであります。なおQちゃんという敵が落とします -- 2016-04-26 (火) 06:57:51
      • >>なおQちゃんという敵が落とします
          ('A`) -- 2016-04-26 (火) 12:41:23
    • 古いですが、セガのシャイニングフォースも、やはり指輪物語の影響を受けているのでしょうかね?「2」の主人公ビルボとか -- 2016-05-15 (日) 11:55:26
  • ナズグルに対する力を帯びていた塚山出土の剣は魔王にダメージを与え得たけれど、ノルドールの手になるこの剣は効くのだろうか? -- 2016-05-17 (火) 21:45:51
  • ホビット·ロード·オブ·ザ·リングの中で1番この剣が好きだな〜 -- 2017-06-07 (水) 23:12:31
  • メタな話になるんですけれど、初期の『ホビットの冒険』にはオルクリストの名前の説明あったんでしょうか? 確かオークの名前が使われるようになったのは『指輪物語』でホビットの冒険では全部ゴブリンだったような説明を聞いたことがあるのですが。 -- 2017-07-15 (土) 13:01:21
    • ホビットの冒険では殆どゴブリンですが、一部にオークの名も登場しています。「北の荒地にはたちの悪いオークがいる」と言及されています。 -- 2017-07-15 (土) 16:44:10
  • 竜に奪われた王国ではレゴラスが自分たちの先祖が作った的なことを言っていたけどゴンドリンはノルドール系だから違うだろ。 -- 2017-07-30 (日) 23:21:38
    • だな -- 2017-07-30 (日) 23:57:02
    • そこのセリフはシンダール語だが、ちゃんと"magannen nan Gelydh(ゴンドリンのノルドールたちに鍛えられた)"って言ってる。字幕のは一見の視聴者に分かりやすいようにわざとああ書いたんだろ。 -- 2017-07-31 (月) 15:48:35
      • 誤訳ということになりますね。わかりやすさなら「古のエルフが作った」とでもすればよかった。 -- 2017-07-31 (月) 16:47:36
      • それはその直前の"Echannen i vegil hen vin Gondolin"の訳で「これは古のエルフに作られた剣だ」っていってるからダメだ。 -- 2017-07-31 (月) 23:06:49
    • 正確にはシンダール語では「この剣はゴンドリンで作られたものだ。そこのノルドールたちに鍛えられた」と言ってるのを、英字幕では「これは古のエルフの剣だ。私の親族に鍛えられた」と言い換えてるか。シンダール語が分かるような人に対しては諸々の説明は不要だから正確な台詞を用意しておいて、英訳はそうじゃない人に対して意図的に情報を制限したのは明らかだろ。誤訳とか氏族差についてツッコミいれたりするほど悪い演出じゃないと思うぞ? -- 2017-08-01 (火) 06:50:54
      • ? ? ? ? ? -- 2017-08-01 (火) 21:13:49
      • わかりやすさ優先で字幕を改変するのはどこの国も同じか… -- 2017-12-06 (水) 11:22:11
      • いいんじゃない。 別に -- 2018-05-04 (金) 09:05:23
  • オルグボルグ -- 2019-02-16 (土) 14:30:06
    • ゴブリンスレイヤーの渾名の元ネタ 確かオルクリストの別名の西方語はゴブリンスマイサーかゴブリンマッシャーだった筈 -- 2019-12-02 (月) 21:32:45
      • ゴブリンクレイバーだった失礼 -- 2019-12-02 (月) 21:33:15
      • ゴブリンクリーヴァーだよ 正確には -- 2020-10-30 (金) 00:07:31
  • 映画だとウルク=ハイの事をオーク オークのことをゴブリンと呼んでるからちょっと変な感じにってるよな オルクリスト=ゴブリン殺し -- 2020-05-06 (水) 10:43:56
  • ゴブリン(鬼)を退治するってある意味、今話題のあの漫画のタイトルの元祖だよね -- 2020-08-07 (金) 12:42:09
    • やる夫シリーズに連載してた時点でオルクリストの名前使ってたんだよ。商業デヴューが決まったからオルクボルグに名前変えただけ。 -- 2020-08-11 (火) 21:06:20
      • いや、ジャンプで連載してたアレの事を言ったの。鬼を殺す和風ファンタジーなアレだよ -- 2020-08-11 (火) 21:58:06
      • ああ、鬼殺の剣ね -- 2020-08-12 (水) 09:48:57
      • ボケてるのか素で言ってるのか判断に困るな........→鬼殺 -- 2020-08-16 (日) 22:26:34
  • 長身のエルフにしても長剣として扱われるオルクリストってドワーフのトーリンにはさらに長すぎはしなかったかと思わなくはないけど、完全に両手剣と割り切って使えばドワーフの剛力と合わせて腰の据わった剛剣が繰り出せそう。 -- 2020-08-12 (水) 11:19:34
    • 中世末期からルネサンスにかけて活躍したドイツの傭兵部隊ランツクネヒトも、身の丈に迫るような大剣(トゥハンデッドソード)を愛用していたらしいしね。
      攻撃あるのみという姿勢は一部のドワーフからは熱狂的な支持を集めそうだし、両手剣の技量も一部では盛んだったのかも。 -- 2021-05-07 (金) 08:01:06
  • ゴブリン町のゴブリンが鞘から抜き出しただけでビビってたのが印象的だった。 -- 2020-11-05 (木) 18:34:15
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00038.jpg 1302件 [詳細]
Last-modified: