オッシリアンド

概要

カテゴリー地名
スペルOssiriand*1
異訳オシリアンド、オスシリアンド
その他の呼び名七つの川の国、七つの川の地、七つの川の流れる地方(Land of Seven Rivers)
リンドン(Lindon)
オスシアの七河(Seven Rivers of Ossir)

解説

シンダール語で「七つの川の国」の意。この七つの川とは、ベレリアンドで最も長いゲリオン川と、エレド・ルインから流れ出るその支流(北からアスカール川、サロス川、レゴリン川、ブリルソール川、ドゥイルウェン川、アドゥラント川)を指す。
東ベレリアンドの、ゲリオン川とエレド・ルインに挟まれた地域のうち、アスカール川からアドゥラント川の間の地がオッシリアンドと呼ばれる。「楽の音の国」の意であるリンドンと呼ばれることもあった(名の由来は該当項目を参照)。アスカール川を挟んで北はサルゲリオン

オッシリアンドは緑のエルフの住む土地だったが、後に戦乱でベレリアンドが荒廃すると、シンダールノルドールも逃れてくるようになった。
第一紀末、怒りの戦いによってエレド・ルインの連山が裂け、南に陥没してこの地域に海水が流れ込み、ルーン湾が形成された。七つの川も失われ、地上に残った地域を指す名としてリンドンの呼び名だけが残った。

木の鬚の歌ではオスシアとも呼ばれ、木の鬚が夏にオッシリアンドのの森を歩いたことが述べられている。

コメント

コメントはありません。 Comments/オッシリアンド

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: