オオカミ広場(ひろば)

概要

カテゴリー地名
スペルwolf-glade

解説

霧ふり山脈の東側の山腹にある松林の中の空地。ワーグの集会場所だった。

ホビットの冒険』において、ゴブリン町から脱出したトーリンとその仲間がここで親分オオカミ率いるワーグの群れに包囲された*1。一行は木の上に避難し、ガンダルフが魔法の火を点けた松かさを投げてワーグを攻撃したが、ゴブリン町から一行を追跡してきたゴブリンの軍勢に逆に火を焚き付けられて窮地に陥った。さしものガンダルフも覚悟を決めた時、ワシの王率いる大鷲達が救出に現れ、一行はワシの巣へ運ばれた。

映画『ホビット』における設定

トーリンの一行アゾグ率いるオークワーグたちに襲われ、断崖の際に生えたの木の上に追い詰められる。ガンダルフが杖で火を点けた松かさ*2を全員で投げつけてワーグを撃退するが、木が崖から倒れかけ、危機に陥る。トーリンとアゾグの対決や、ワーグ乗りとの戦闘を経て、ガンダルフが蛾で呼んだ大鷲たちが一行を救出する。

コメント

コメントはありません。 Comments/オオカミ広場

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: