エントとエント女の歌

概要

カテゴリー詩・歌
スペルThe Ent and the Entwife

解説

木の鬚エント女についてメリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックに話した時に言及した歌。エントとエント女の別離と再会の望みを掛け合いの形で歌ったもの。
木の鬚によると元々はエルフの歌らしく、エルフ語で歌われる。木の鬚は二人のために歌詞を西方語に訳してみせた。

邦訳

エント  春がの若葉を開き、枝々に樹液みなぎる時、
    原始の森の流れに、光きらめき、山の端に風おこる時、
    歩み大きく、息深く、山気身に沁みる時、
    わがもとに帰り来よ! わがもとに戻りて、わが地美しと、いい給えかし!
エント女 春が庭に野にきたり、麦の葉()い育つ時、
    果樹園にかがやく雪かと花ひらく時、
    大地に注ぐ雨と日とが、かぐわしの香りを大気にみたす時、
    われはこの地に留らん。わが地美しきゆえ、かしこに行かじ。
エント  夏が世にありて、黄金色の真昼、
    眠る木の葉の屋根の下に、木々の夢ひらく時、
    森の広間は、青々と涼しく、風が西におこる時、
    わがもとに帰り来よ! わがもとに戻りて、わが地に()くところなしと、いい給えかし!
エント女 夏がたわわの果実をぬくめ、木の実を茶色に()らす時、
    麦藁は黄金に、麦の穂白く、刈りいれのいたる時、
    蜜はこぼれ、(りん)()ふくらみ、風が西におこる時、
    われはこの日の下に留らん、わが地こそこよなければ!
エント  冬が荒々しく、かの丘、かの森の生命(いのち)を奪う時、
    木々たおれ、星なき夜が日なき昼をむさぼる時、
    風がこごしき東に変わり、無情の雨を添うる時、
    われは(いまし)を探し()め、汝にかくは呼びかけん、「われ、また、(いまし)のもとにおもむかん」と。
エント女 冬きたりて、歌のやむ時、ついには闇のこむる時、
    裸の枝折れ、光と労苦の終わる時、
    われは(いまし)を探し()め、汝を待たん、われらのふたたび会う日まで。
    無情の雨の下に、同じ道をともに辿(たど)らん!
両者(ともに) 西の地にいたる道を、ともに辿らん。
    遠きかなたに、われらの心の(いこ)う地をともに見いださん!*1

原文

ENT.     When Spring unfolds the beechen leaf and sap is in the bough;
       When light is on the wild-wood stream, and wind is on the brow;
       When stride is long, and breath is deep, and keen the mountain-air,
       Come back to me! Come back to me, and say my land is fair!
ENTWIFE.  When Spring is come to garth and field, and corn is in the blade;
       When blossom like a shining snow is on the orchard laid;
       When shower and Sun upon the Earth with fragrance fill the air,
       I'll linger here, and will not come, because my land is fair.
ENT.     When Summer lies upon the world, and in a noon of gold
       Beneath the roof of sleeping leaves the dreams of trees unfold;
       When woodland halls are green and cool, and wind is in the West,
       Come back to me! Come back to me, and say my land is best!
ENTWIFE.  When Summer warms the hanging fruit and burns the berry brown;
       When straw is gold, and ear is white, and harvest comes to town;
       When honey spills, and apple swells, though wind be in the West,
       I'll linger here beneath the Sun, because my land is best!
ENT.     When Winter comes, the winter wild that hill and wood shall slay;
       When trees shall fall and starless night devour the sunless day;
       When wind is in the deadly East, then in the bitter rain
       I'll look for thee, and call to thee; I'll come to thee again!
ENTWIFE.  When Winter comes, and singing ends; when darkness falls at last;
       When broken is the barren bough, and light and labour past;
       I'll look for thee, and wait for thee, until we meet again:
       Together we will take the road beneath the bitter rain!
BOTH.    Together we will take the road that leads into the West,
       And far away will find a land where both our hearts may rest.

コメント

コメントはありません。 Comments/エントとエント女の歌

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: