エロスティリオン

概要

カテゴリー地名
スペルElostirion

解説

エミン・ベライド(塔山丘陵)の三つの白の塔の中で最も高く、最も西側にある塔。
この塔には「エレンディルの石」とも呼ばれるパランティーアが置かれていた。かつてエレンディルはここのパランティーアを使ってヌーメノールを偲び、トル・エレッセアアヴァルローネの塔を見ることさえあったという。このパランティーアはキーアダンリンドンエルフによって管理されており、中つ国に残っていた上のエルフも、時折この石を使ってアマンを見たという。
第三紀3021年(第三紀最後の年)、灰色港からアマンへ渡る三つの指輪の守護者指輪所持者の船に、エロスティリオンのパランティーアも乗せられた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この塔、第四紀は髪吉家が管理してたのかな?第四紀はもはやエルフが使う事も無くなっていくだろうから、ホビットが住み着いてたりしてね。 -- 2011-12-16 (金) 22:15:51
    • ホビットが好んで高いところで生活するとは思えないので、中に入らず放置されていたか、入っても上階には行かなかったのではないでしょか -- 2011-12-17 (土) 00:24:29
  • やはりエレンディルでさえ、故郷が恋しかったのだろうか… -- 2015-02-05 (木) 21:53:55
  • エロス… -- 2017-02-08 (水) 23:59:43
    • いい響きですな -- 2017-02-13 (月) 00:32:40
お名前:
Last-modified: