エレド・ウェスリン

概要

カテゴリー地名
スペルEred Wethrin
その他の呼び名影の山脈

解説

シンダール語で「影の山脈」の意。ヒスルムの南、東、北を囲む山脈。天然の要害であり、セレヒの沼沢地からネヴラストまでの間では、ドル=ローミン南東のアモン・ダルシアの肩を越えて、グリスイ川をその水源から下るのが、ベレリアンドへ通じる唯一の道であった。南麓にナログ川の水源であるエイセル・イヴリン、東麓にシリオン川の水源であるエイセル・シリオンなどがある。

コメント

コメントはありません。 Comments/エレド・ウェスリン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: