エルリーン

概要

カテゴリー人名
スペルElurín
種族半エルフ
性別
生没年~†第一紀(507)
ディオル(父)、ニムロス(母)
兄弟エルレード(兄)、エルウィング(妹)
配偶者なし
なし

解説

ディオルニムロスの次男。名はシンダール語で「エルの形見(Remembrance of Elu)」の意味。
ランシア・ラマスに家族と共に住んでいたが、ドリアスの王シンゴルが殺害されてディオルがその跡を継ぐことになると、一家でドリアスの地下宮殿メネグロスに移り住んだ。
メネグロスがフェアノールの息子たちの襲撃を受けた時にディオルとニムロスは殺され、エルリーンは兄のエルレードと共にケレゴルムの召使たちに捕らえられ、ドリアスの森に置き去りにされた。このことを悔いたマイズロスによってエルリーンとエルレードは捜索されたが、結局見出されなかった。

コメント

コメントはありません。 Comments/エルリーン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: